[本編まとめ]第5話 弱キャラ友崎くん[感想・考察]

[本編まとめ]第5話 弱キャラ友崎くん[感想・考察]

タイトル

難関イベント攻略後に仲間になるキャラはだいたい能力値高い

アバン

進歩

葵との映画鑑賞は彼女からの厳しい講義で一日は終了しました。

そのおかげで文也も前に進みつつあります。

これからは葵に頼るだけでなく、自分から行動することも決心。

…するも、そう簡単には行かずに反省の連続なのでした。

Aパート

4人でお出かけ

ある日、文也はリア充組の1人である「水沢孝弘」に話しかけられます。

彼はエリカに物申した文也の言葉に好感を抱いていたのです。

そんな彼からの提案で、葵ともう1人の女子を誘ってご飯へ行くことに。

文也はそのもう1人の女子として優鈴を誘うことに決めました。

きっかけとして修二の誕生日プレゼントを一緒に選んであげるため。

ですが、相変わらず周りの空気を読む優鈴はその提案には遠慮がち。

そこで「自分も仲直りしたいから」と文也は提案。

その提案には優鈴も乗り気で、食事前に買い物に行くことが決まったのでした。

その後のこと。

文也が優鈴を誘ったと知り、孝弘が声を掛けてきます。

彼は近頃葵とも仲よさげな文也を不審がっていたのです。

「さては… 脱ヲタの本でも読んだな?」

帰宅後。

葵たちから出かける4人のグループの招待をされました。

…が、文也はすぐに参加する踏ん切りがなかなか付きません。

そんな人間関係の面倒臭さには妹も賛同してくれるほど。

しょうもない葛藤をした結果、参加することを決心。

するとそのまま流れるように予定が決まっていったのでした。

Bパート

4人で出かける当日。

この日も葵から文也には「課題」を課していました。

その内容は「自分の提案を2回以上通す」こと。

これはつまり、集団行動において全員を巻き込んだ選択を下すこと。

ひいては「集団で主導権を握る練習」なのです。

集団の空気を一時的に操る練習をすれば、より大きな集団も操作できる。

その力を身につければ、リア充にまた一歩近づけるというわけ。

ですが、根っからのリア充である孝弘を前には口を挟むことすら出来ません。

文也が優鈴とプレゼントを選ぶ一方、葵と孝弘が仲よさげに話していました。

そんな2人を見て優鈴は文也に耳打ちをします。

「葵と孝弘が付き合っているという噂がある」と。

課題難航

未だ文也と優鈴はプレゼント選びに頭を悩ませていました。

それでも文也は積極的に話しかけ、プレゼントの候補を探り出します。

その結果「ワックス」を買うことが決定。

孝弘に文也の髪を使って考えてもらい、おかげでプレゼントが買えました。

買い物が終わった後、文也は鏡に写った自分の姿を目にします。

そのリア充らしく変わりゆく自分の姿に自信が付き始めるのでした。

文也もプレゼントを買い終わった後、昼食を食べに行くことに。

未だ課題をこなせていない文也はここぞとばかりに前に出ようとします。

…が、それよりも先に孝弘が候補を選んでいました。

そのお店はたっぷりチーズの乗ったピザがあるところ。

チーズには目がない葵はそこに即決。

彼は葵のチーズ好きを知っていたからか、その店を選んでいたのです。

葵と孝弘が仲良さそうに喋るのを横目に文也は家路につきます。

途中にも気になってしまうのは「葵と孝弘の噂」について。

優鈴曰く、「みんな言ってる」とのことですが…

提案を通す方法

後日。

先日の課題が未達成に終わったことにはおかんむりな葵。

そんな彼女には孝弘との噂について聞く暇もありません。

今回、文也は自分の見た目が向上していると実感しました。

目に見える変化はモチベーションや積極性に影響するのです。

一方、孝弘の提案が優れていると実感させられました。

とはいえ、提案を通すことにおいて最も大事なのは「相手の興味を引く」こと。

そこには実際の結果が正しいかどうかは関係ないのです。

つまり提案のコツは「正しくなくても聞こえのいい言葉で騙す」こと。

正しいことよりも「納得させた方の提案」のほうが優先されるのです。

それはまるでオーディエンスを納得させて目的を果たす交渉ゲームのよう。

相手の意識を変えるには、自分の正しさに拘っていてはいけません。

とはいえ、自分の提案が正しいと確信するなら、それを通す方法はあります。

それは「間違ったルールを利用する」こと。

上辺だけ取り繕っても、納得するような意見にカモフラージュする。

本質的な正しさを変えずに意見を通すことが正しい戦い方というわけ。

その言葉には文也も納得させられてしまうのでした。

その後。

生徒会選挙の立候補者が募集されることに。

それに葵が、続いてみなみが名乗り上げたのでした。

Advertisement

さいご

進歩

相変わらず負けず嫌いな葵はかわいい。

これが出来るからリア充になれたんやなって。

学校では葵が文也に教え、家では文也が葵をアタファミで鍛えているんですね。


4人でお出かけ

葵を一人目に選ぶ辺り、孝弘は葵が好きなんでしょうね。

文也と遊ぶことを口実に葵と遊びたかっただけの可能性が?

それだけに葵と仲良くしてる文也を少なくとも警戒していそう。

文也も優鈴の扱い方が分かってきた感じですね?

優鈴と一緒にいる時はとても安心できるようになってきました。

ボディーランゲージ多めで話しているところも成長を感じます。

妹ちゃんが話しかけてくるのもさりげない日常の変化でいいな…


優鈴は本当に天然かわいい。

彼女は修二と付き合っていく展開になっていくんでしょうか。

普段の葵を見る感じ、孝弘と付き合っている感じではないですよね。

まあ葵がその様子を見せていないだけかもしれませんが。


課題難航

文也は結局何を買ったんでしょうか?

電気屋ってことはアタファミ関係の何かでしょうか。

孝弘はいい人っぽいですが、何を考えているかはわかりにくいタイプですね。

少なくとも葵には気がありそうな予感。


提案を通す方法

今回も葵にめちゃくちゃ納得させられてしまった…

リア充になるために誰もが頑張っているわけですね。

いや、本当のリア充にはそんなものは通常装備なのかもしれない。

少なくとも葵は頑張っているわけで…やはり葵は頑張れるいい子。


http://tomozaki-koushiki.com/

©屋久ユウキ・小学館/「弱キャラ友崎くん」製作委員会

『弱キャラ友崎くん』見るなら『dアニメストア』

5話絶賛配信中!

(毎週金曜日 22:00〜 最新話地上波先行配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

弱キャラ友崎くんカテゴリの最新記事