[本編まとめ]第3話 戦翼のシグルドリーヴァ[感想・考察]

[本編まとめ]第3話 戦翼のシグルドリーヴァ[感想・考察]

タイトル

激戦地回復調査任務!

アバン

呼び出し

早朝。

クラウが道場へ向かうと宮古が先に掃除をしていました。

声をかけて入ろうとすると、そこは道場ではなくオーディンの元でした。

Aパート

今度こそ

相変わらず「娘」と呼ばれて不満げなクラウ。

今回、オーディンがクラウを呼んだのは「退屈」だから。

彼は今「臆病な人間のために隔離されてやっている」のです。

オーディンは近ごろのクラウの活躍ぶりに目を見張っていました。

オルトリンデが亡くなった一方で。

好調をラグナロクの日まで続けておく必要があるのです。

とはいえ、それはクラウだけではなく、宮古たちのおかげでもあります。

クラウは反論すると、オーディンは言うのでした。

「今度こそあの子達を殺さないようにな、死神クラウディア。」

女子力

館山基地へと戻り、再び道場へと足を踏み入れようとした時。

宮古はクラウのためにお茶を用意して待ち受けていました。

彼女はクラウがオーディンの元へ行ったことを察していたのです。

クラウが彼のお気に入りの一方、宮古は声が大きいせいか好かれてはいません。

宮古がここにいたのは「掃除と朝稽古」のため。

実家で続けていたルーティーンを基地でも行っているというわけ。

太陽が登り始めると、宮古は足早に食堂へ向かおうとします。

目的は朝食を食べるためではなく「作る」ため。

それを宮古はクラウにも誘うのでした。

というわけで、調理場へ連れてこられたクラウ。

宮古は鮮やかな手付きであっという間に数々の料理を完成させていきます。

好きこそものの上手なれ、宮古は料理をするのが大好きなのです。

宮古の手伝いでバテバテなクラウ。

そんな彼女を「クーちゃん」と呼び、園香は元気づけます。

宮古が料理も家事も得意なのは、実家の母親が厳しかったから。

彼女はお嬢様であり、箸の使い方も美しいのです。

対してクラウも日本好きの父親から躾けられたおかげで上手。

…ですが、朝食に並ぶ刺身に眉をひそめてしまいます。

生魚を食べたことないため、なかなか手が伸びません。

宮古は「好き嫌いをしたら背が伸びない」と咎めるのでした。

今日の任務

アズズも起床し、4人のもとに里見が姿を現します。

しかし里見を始め、他の隊員もどこか眠そうにあくびをしていました。

曰く、理由がいろいろあるとのことですが…

アズズには予定があるものの、今日の戦術機隊に予定はありません。

そこで里見は先日ピラーの被害に遭った海ほたるの「回復調査」を指示。

変化を感じ取れるのは、オーディンの加護を受けたワルキューレだけなのです。

…が、宮古はどこか躊躇いが見えていました。

アズズは何かあれば連絡すると言い、クラウを引率として出発するのでした。

Bパート

回復調査

シールド隊の車で海ほたるへとやってきたクラウたち。

既にそこは盛況で人が溢れていました。

調査であるにも関わらず、買い物や遊びを堪能する宮古と園香。

不審を覚えるクラウですが、そこの人からは感謝の言葉が送られていました。

あまりの遊びっぷりに「公私混同だ」と咎めるクラウ。

しかし、それこそが真の回復調査の姿。

暮らしている人が元気かどうか、確かめることが一番の目的なのです。

宮古は大声で声をかけ、改めて人々が元気であることを確かめたのでした。

問題児

回復調査任務を終え、帰りも遊びを堪能。

その途中にクラウは2人に「館山基地へ来た経緯」について尋ねます。

園香は里見から指示を受けただけ。

一方、宮古はアズズとともに前の部隊で命令を無視して飛ばされたから。

2人は訓練学校時代からの腐れ縁なのです。

そんな3人との出会いはクラウにも安心を覚えさせていました。

…が、オーディンの言葉を思い出し、会えて良かったとは言えなかったのでした。

そこにアズズからの連絡。

宮古は切羽詰まった表情でいち早く基地へと戻るのでした。

最期

クラウは帰りに園香とシールド隊から事情説明を受けることに。

「ワルキューレに看取られる人は英雄になれる。

そして、いつか新しい場所で大切な人たちと再会できる。」

話を終えたクラウがある一室へ入ると、奥には宮古の姿が。

そして味方を庇って重傷を負った偵察隊の1人がいました。

昨日の夜から危篤が続き、意識が戻ったのは奇跡とも言える状況。

それこそ、里見たちの夜ふかしの理由でした。

彼は既に大切な人を亡くしていました。

だからこそ、たとえ迷信だとしても、宮古は見送り続けるのです。

最期の時までその人に寄り添って安心させてあげるために。

アズズは宮古と同じようにすることはクラウには勧めません。

…が、クラウは自らの意思で彼の最期に付き合うことを決めます。

彼女もまた「館山基地へ飛ばされた問題児」だから。

クラウは彼のために歌を歌い、宮古は手にキスをして送り出すのでした。

強さ

深夜。

クラウはシールド隊の言葉を反芻していました。

「ワルキューレがいてくれれば、1人で死ぬわけじゃないと信じられる。」

彼らは彼女たちに残酷な役目を任せているのは承知の上。

それでもそのおかげで彼らは救われているのです。

クラウは人々の強さを思い知らされ、自らの弱さを思い知ります。

「死神だと呼ばれていじけていた」と。

翌朝になり、気持ちを断ち切るよう一心不乱に宮古は稽古に汗を流します。

稽古を終えると、外でクラウが待っていました。

宮古がクラウの異変を感じ取っていると、彼女は質問を尋ねました。

「どうしてそんなに強いんだ」と。

宮古本人はその意思は全く感じていませんでした。

…が、その秘訣についてはクラウに教えることが出来ます。

それは「好き嫌いをしないで何でもよく食べる」こと。

今日も先日に続いてクラウに出されたのは生魚。

クラウは意を決して実食。

すると、その美味しさを理解することが出来たのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、シグルリ3話でした。


呼び出し

転移させられるほどの超常的な力は持っているわけですか。

大神もタイミングは見ているでしょうが、めちゃくちゃ迷惑ですね…


今度こそ

吹っ切れかけているクラウを再び思い悩ませるオーディン。

それを乗り越えさせようとしているんでしょうか。

はたまた、虐めているだけなのか。

死神という素質も彼が持たせた可能性はあるんですかね?

気になったのは「隔離されてやってる」ってこと。

これは真偽としたらどうなんでしょう。

簡単に出れそうであはありますけどね。


女子力

宮古いいキャラですよね…

「作るのだー」の「のだー」めっちゃ好き。

言葉の端が優しさに満ちているんですよね、何回でも聞きたい。

女子力も高いし、かわいいし、明るいし…完全無欠なのでは?

「おーじん様」って言う頭の弱さなんか関係ないです。

箸の持ち方で対抗しようとするクラウも好き。

あそこは彼女にとっては譲れないポイントだったんだろうな…

それほどキツく指導を受けたんでしょうね。


今日の任務

片目瞑った敬礼いいですよね。

宮古の敬礼が見られたの嬉しかったです。


回復調査

これは聖地巡礼推奨アニメだな?

実際に面白そうでいいものでした。


問題児

過去エピソードも面白そうですね。

ラノベで発売されているのもあるので、補完には最適です。

戦翼のシグルドリーヴァ Sakura(上) (角川スニーカー文庫)
長月 達平(著), 藤真 拓哉(イラスト), 戦翼倶楽部(原著)
KADOKAWA (2020-10-01T00:00:01Z)
5つ星のうち4.0
¥814

最期

改めてちゃんと見せられると心に来るシーンでしたね…

誰か退場してもおかしくないんだと実感させられました。

宮古は天使ですね?

誰にでも分け隔てなく優しく、最期の時まで看取ってくれる。

辛い感情を抱える覚悟があるからそう出来るんでしょう。

人間として出来すぎている…


強さ

クラウと同じように私も宮古の強さを実感しました。

…が、本人としたらそうではないんですよね。

竹刀を振りながらも涙も流しているわけで。

他の人よりも感情に疎いわけでもない。

だからこそ、宮古という女の子をもっと知りたくさせてくれます。

次回以降も宮古からは目が離せないな!


というわけで、また次回。


https://sigururi.com/

©戦翼倶楽部/909整備補給隊

『戦翼のシグルドリーヴァ』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週土曜日 23:30〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

戦翼のシグルドリーヴァ Rusalka(上) (角川スニーカー文庫)
長月 達平(著), 藤真 拓哉(イラスト), 戦翼倶楽部(原著)
KADOKAWA (2020-05-01T00:00:01Z)
5つ星のうち4.0
¥748

戦翼のシグルドリーヴァカテゴリの最新記事