[本編まとめ]第4話 戦翼のシグルドリーヴァ[感想・考察]

[本編まとめ]第4話 戦翼のシグルドリーヴァ[感想・考察]

タイトル

館山城水着男女回遊戦!

アバン

水着飛行

「お嫁に行けなくなる~!」

水着で英霊機に乗るいろいろ大変な作戦の開始なのでした。

Aパート

苦戦

水着飛行6時間前。

フラウたちは4体の「チンアナゴピラー」との戦闘中。

ピラーは攻撃しても全く倒せる様子はありません。

さらに何かの音が響き、無線を使うことすら困難な状態。

そんなときにアズズは被弾してしまい、道路へと不時着することに。

地上へ通りたアズズは「活動限界まで戦闘を引っ張る」ように指示。

…と、突然周囲の植物が枯れ始め、アズズも倒れてしまうのでした。

アズズが目を覚めると、そこはテントの中。

地上へと降りてきたクラウたちにより助けられていたのです。

ピラーはアズズの提言通り、活動限界まで引っ張って撤退させることに成功。

しかしその再出現までにはやるべきことが多くあります。

最も優先すべきなのは「アズズの体調管理」

本来、加護に守られたワルキューレはピラーの影響では倒れません。

にもかかわらず倒れたのは、彼女の睡眠不足が祟っていたというわけ。

まずは栄養補給。

アズズの前に山盛りのカレーを出しますが、食べようとはしません。

そんな彼女がテントの外で見たのは、炊出しをしている街の住民たちの姿。

アズズはそれを知るやいなや、すぐに食べることを決めるのでした。

リベンジ

カレーで満腹にもなったことで作戦会議へ。

現在、ワルキューレたちの機体は整備中。

そしてピラーは変な音波を出していることが確認されました。

…と、街の子どもたちが何か言いたげにこちらを見ていました。

フラウは視線を合わせて事情を尋ねると、子どもたちが見せたのはスマホ。

彼らは先の戦闘風景を撮影していたのです。

それを見たアズズは宮古の一番好きな「閃いた」顔を見せるのでした。

アズズが閃いたのは「音波の正体がモスキート音」であること。

ピラーは普通の人間には聞こえない超高周波域で合図を送り合っているのです。

それを破壊された時に発し、他の個体が地脈を通じて復活させるというわけ。 

つまり、音が特定できれば妨害できるのです。

しかし1つ問題が。

1体のピラーが基地近くの舘山城付近に再出現しました。

習性として、ピラーは索敵範囲内に敵性存在が入ったら攻撃を開始します。

基地へと戻るにはその索敵範囲内を通らなければなりません。

つまり、英霊機のある基地に行くことができないのです。

それでもピラー再活性化までの90分の間に基地へと帰る必要があります。

ワルキューレの探知方法は個体差があり、地下だと探知されない可能性も…

その話を聞いていたシールド隊は1つの策を提示します。

ワルキューレを基地へと誘ってくれるのは「海」なのです。

Bパート

男たちを乗り越えて

水着飛行80分前。

索敵圏外の海を通り、高周波が届かない地下を使って基地へと向かいます。

ちなみに水着に着替えたのは海だから。

険しく過酷な地下を通り抜け、やってきたのは館山基地のプール。

しかし、クラウのくしゃみの音でピラーに気付かれてしまいます。

その危機を救ったのは1機の英霊機でした。

おかげで3人は英霊機に乗り込んで水着飛行の開始。

作戦は「1度に全てを倒す」こと。

そして4人の一斉攻撃で4体全てを消し飛ばしたのでした。

もう1つの英霊機

アズズの立てた作戦によって、ピラー討伐は大成功に終わりました。

すると、着陸してきたのは先程援護してくれた英霊機。

降りてきた彼女の姿を見て園香は動揺するのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、シグルリ4話でした。


水着飛行

今回は水着回とは、素晴らしい。

でも水着を着るのなら波打ち際で戯れる姿は見たいですね…


苦戦

宮古の勇者砲のYSポーズかわいい。

被弾は今回で初めてですかね?

何にせよ大事に至らなくてよかったです…

クラウもカレーが大好きな館山基地隊員に染まり終わりましたね。

こういう馴染んでいる姿はとてもいいものです。

アズズの街の人のカレーを食べる優しさも好き。

性格は尖っていますけど、彼女の優しさは本物ですよね。


リベンジ

お姉さんクラウはよかったですね。

あの男の子たちは完全に堕ちたな…

本当に宮古は何気ない場面でいいセリフを落としてくるんだから…

この宮古とアズズの絆の深さを表すセリフは最高でした。

それにアズズが照れるところもやはりアズズらしい。

宮古はどんな場面でも活躍できる素晴らしいキャラ。

里見との通信中にに常に下段で見切れているのかわいい。


男たちを乗り越えて

なかなかに男臭いシーンはありましたが…パンパンパン。

4人の水着姿は存分に堪能させてもらいました、ありがとう…

クラウはクールなお姉さま系、強い。

宮古はぺたんこでキュート系、強い。

園香はイメージピッタリのロリスク水、強い。

アズズは下乳が見えそうなセクシー系、強い。

ウォータースライダーは全員の色がよく出ていましたよね。

あそこでアズズがギャグ調なのは、園香のバインバインに取られたからか…

アズズらしいといえばらしい姿でしたけどね。

クラウが前向きに滑ってはしゃいでるのかわいい。

くしゃみもかわいくてかわいい。

つまり今回は神回だったわけですね、なるほど。


もう1つの英霊機

ついに新キャラが登場。

新入りというより、他の基地からの援軍なんですかね?

園香とは何か因縁がありそうな予感がしますが。

自らの姿を顧みず、クラウたちの姿に物申すところは性格が見えるぞ…


というわけで、また次回。


https://sigururi.com/

©戦翼倶楽部/909整備補給隊

『戦翼のシグルドリーヴァ』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週土曜日 23:30〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

戦翼のシグルドリーヴァ Sakura(上) (角川スニーカー文庫)
長月 達平(著), 藤真 拓哉(イラスト), 戦翼倶楽部(原著)
KADOKAWA (2020-10-01T00:00:01Z)
5つ星のうち4.2
¥814

戦翼のシグルドリーヴァカテゴリの最新記事