[本編まとめ]第5話 戦翼のシグルドリーヴァ[感想・考察]

[本編まとめ]第5話 戦翼のシグルドリーヴァ[感想・考察]

タイトル

館山基地合流遊撃隊!

アバン

着任

助っ人ワルキューレに「姉御」と大喜びで飛びつく宮古。

そんな彼女の名前は「天塚・弥生」

彼女は3人のシールド隊員共々館山基地への着任が決定しました。

そして彼らと、元からいるシールド隊の間で火花が迸るのでした。

Aパート

大反攻作戦

お風呂で疲れを取るクラウたち。

さすがの泳げないアズズも湯船では溺れることはありません。

話に上がるのは「弥生」について。

彼女は宮古とアズズが以前いた基地で一緒に飛んだワルキューレ。

様々な基地へ派遣され、彼女の行く先はいつも「激戦区」なのです。

そんな話をしていると、当の本人である弥生が姿を見せます。

体調が優れない園香を除き、3人は「弥生が来た理由」を聞くことに。

それは「大反攻作戦」のため。

目標は「富士プライマリーピラー」

何も対策がなければ大敗は免れることはできません。

しかし今回、「オーディン」の協力を得ることができたのです。

彼を全く信じていないアズズは怒りを露わに直談判することを決心。

彼女にクラウがついて出ていった後、宮古は弥生に尋ねます。

「園香と何かあったか」と。

そんな彼女の鋭さには弥生も脱帽なのでした。

知恵者

オーディンへの直談判に向かったアズズ。

ですが、彼女にはオーディンと会う方法がありません。

頼れるのはクラウだけ。

…と、突然オーディンの居室の扉が現れたのです。

早速、アズズは反攻作戦について尋ねます。

「上層部をどうやってだまくらかしたのか」と。

オーディンはそれをアズズにゲームを付き合わせながら話します。

彼が言うには、上層部には「協力」しているだけ。

実はピラーには定期的な「休眠期」が存在しています。

そして今回、目標のピラーの休眠期を特定することができたのです。

その発見には「駒込理論」の成果も含まれていました。

スキを突くことはできますが、目を覚ましたピラーとの激戦は必至。

対策として国内戦力だけでなく、各国エースも作戦には参加予定というわけ。

一方、ゲームの方はアズズは大敗。

彼女にオーディンは「頭が良すぎるのが敗因だ」と評します。

戦闘で被弾が多いのも、選択肢が多すぎて判断が遅れるせい。

彼女の適正は「ワルキューレ」よりも「知恵者」

「適正に合ったところにいた方が幸せだ」と残酷な現実を突きつけます。

とはいえ、その現実はアズズは百も承知の上。

それでも彼女はこの場所を自ら選択しているのです。

涙を流すほど打ちのめされはしたものの、アズズは評価を受け止めることに。

最後にクラウは尋ねます。

「今回の作戦とクラウ自身の異動の関係性」について。

プライマリーピラーを相手にするには、ネームドの力は必須となります。

しかし日本においてはネームドであったオルトリンデが戦死してしまった。

そんな彼女に代わる戦力として、クラウが派遣されてきたというわけ。

「アスガルドの福音あれ。」

「お前にはいつもヴァルハラの門戸は開かれている。」

意味深な言葉を呟いてオーディンは2人を外に送り出すのでした。

陰険なオーディンの馴れ馴れしい姿はアズズにとっては初見。

そして打ちのめされたアズズにクラウはフォローします。

選択肢が多いことは短所にもなりますが、長所にもなることができます。

たとえアズズの被弾が多くとも、それを補うのがチームなのだから。

宮古の影響を受けつつあるクラウに文句を零すアズズ。

しかし素直になりきれない彼女は言いにくそうに感謝を告げるのでした。

一方、里見。

彼は机に飾る写真立てを伏せ、1人物思いに耽るのでした。

Bパート

園香の思い

今回は日本全戦力でピラーの寝込みを襲う一大反攻作戦。

そのために、宮古は「姉御と一緒に作戦頑張ろう会」を開くことに。

弥生は宮古とアズズを交え、昔話に花を咲かせます。

弥生がいた基地から2人がいなくなったのは飛ばされたため。

しかしアズズの立場からすれば、それを拒絶することも出来ました。

「降りる」ことだって可能でした。

その話を語る弥生に園香は感じ悪そうに口を挟みます。

「それは天塚さんも同じでしょ。」

その選択をできなかった同士、弥生はアズズと「似た者同士」と言います。

園香は彼女に反論しようとしますが、それを止めたのはアズズ。

「ウチのためなら言わなくていいが、自分のためなら止めないぞ。」

呆気にとられた園香はそれ以上口は開きませんでした。

本題の「反攻作戦」について。

弥生にとって、オーディンには感謝はすれど信用はできない存在。

上層部の本気度が見える以上、懸念は彼の情報の信憑性なのです。

クラウから見れば、今回のオーディンの本気度は高さは本物。

上層部もオーディンもお互いピラーを滅ぼしたいという思いは共通。

そのため、クラウはオーディンの言葉は信憑性があると信じているのです。

宮古たちが歓談を続ける一方、園香はご飯にも手を付けず帰っていきます。

その姿に落胆しているのは宮古。

今回の会は園香と弥生の仲の改善を目論んだものでした。

2人は前の部隊で一緒でしたが、複雑な関係でもあるのです。

「今更なんでなの、お姉ちゃん…」

園香が司令官室にある写真を見ながら呟いていると、里見が帰ってきます。

彼は「弥生について相談しなかった」ことについて謝罪。

そして「子どもに全てを押し付ける罪悪感」を抱いてもいました。

それについて園香は今になっても里見を許してはいないのです。

「またいつでもおいで。」「もう来ないし。」

2人のいつものやり取りを終えて園香は部屋を去っていきます。

「許してもらえないことに救われるってのは本当ダメな大人だ…」

里見は幼少期の園香や弥生たちが写る写真を眺めて呟くのでした。

作戦当日。

ピラーの休眠時間まで残り120秒に迫っていました。

出撃準備は万端ですが、情報の信憑性には不安が付きまといます。

いまだ園香は本調子ではない様子。

そんな彼女に優しく寄り添ったのはクラウでした。

おかげでようやく園香は笑顔を見せたのです。

その様子をじっと見つめる弥生。

園香に「この基地に馴染んだ」と言われ、動揺ではなく喜んだクラウ。

その姿に園香は決心し、口を開こうとします。

…が、もう休眠予定時間に。

すると、プライマリーピラーが情報通りに休眠期に入ったのです。

その様子をオーディンは胸を弾ませながら眺めるのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、シグルリ5話でした。


着任

キャラの濃いシールド隊が増殖した…

フレーム外での熾烈なバトルを期待したいですね!


大反攻作戦

前回の水着回に続き、今回は待望のお風呂シーン。

園香がいなかったのは、まだ本気を後に残しているというわけですよね…?

弥生が入ってくる前の宮古から弥生までの本気度がすごい。

あそこは動きがヌルヌルでぽよんぽよんしていましたね…すごい。

宮古の気配を感じ取る能力凄いですね。

あれは相手が弥生だからできたことだったんでしょうか。

彼女が弥生に好意を抱いているのは言うまでもないことでしょうが。

宮古が弥生と仲よさげに話すのに嫉妬するアズズもかわいい。

いろんないいものを見せてもらいました、ありがとうシグルリ。


知恵者

プライマリーってのはセカンダリーの上に当たる強さなんでしょうね。

その上も存在することはあるんでしょうか…

今回の作戦において、オーディンが何もなしで協力するとは思えませんが。

一体、何が目的なんでしょうかね。

そしてアズズの涙はつらい…

知恵者へのコンバートは「降りる」って話にも繋がっているんでしょうね。

降りない理由はやはり宮古の存在が大きいのでしょうか?

残酷な結末はイヤですが、やはり飛んでいる姿を見ていたいものです。


園香の思い

園香はめちゃくちゃ尖ってますね。

それほどまでに弥生との間に何かあったんでしょうけど。

幼少期は仲の悪さはなかった。

やはり、園香の姉と弥生が何か関係しているんでしょうね。

弥生の決断が園香姉の死を招いてしまったみたいな。

そのせいで降りる選択肢もあったけど、それを選ばなかったみたいな。

…いや、弥生自体が姉である可能性もあるのか。

あんなにかわいい園香も大きな闇を抱えていたんですね。

それを取り払ってくれるのはクラウなのかもしれませんね。

クラウに笑顔を見せるのを見て物悲しそうにする弥生は…

弥生は園香のお姉ちゃんにはなれないのでしょうか…

スカートを直すところとバカって呟く園香かわいかったです。

食いしん坊キャラが確定したクラウもとてもいい。

もう館山基地のワルキューレ以外の何物でもないですね。


というわけで、また次回。


https://sigururi.com/

©戦翼倶楽部/909整備補給隊

『戦翼のシグルドリーヴァ』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週土曜日 23:30〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

プリンセスコネクト! Re:Dive 4 [Blu-ray]
ペコリーヌ:M・A・O(出演), コッコロ:伊藤美来(出演), キャル:立花理香(出演), ユウキ:阿部敦(出演), 金崎貴臣(監督)
Happinet (2020-11-06T00:00:01Z)
5つ星のうち3.4
¥9,326

戦翼のシグルドリーヴァカテゴリの最新記事