[本編まとめ]第3話 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました[感想・考察]

[本編まとめ]第3話 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました[感想・考察]

タイトル

2人でスローライフをはじめよう

加護

リットとの共同生活が開始。

リットのベッドを買いに行った帰り道、タンタが喧嘩している現場に直面する。

彼は友達の「アル」を守るため、少年「アデミ」に立ち向かっていたのだ。

アデミは既に「バーブローラー(喧嘩屋)」の加護に触れていた。

それゆえ、アルもタンタも敵う相手ではなかった。

加護は人によって異なる内容の加護が与えられる。

加護のレベルを上げるには、加護を持った相手を殺傷することが必要不可欠である。

また、加護に触れると、その人が元々持っていた人格にも影響が及んでしまう。

そのせいでアデミは喧嘩っ早い性格になってしまったのだ。

同じく既に加護(ウエポンマスター)に触れたアルは自らも変わってしまう可能性に怯えていた。

そんな彼にレッドと「スピリットスカウト」の加護を持つリットは諭すのだった。

「加護の奴隷になるのではなく、自分の一部としてコントロールすれば加護は助けてくれる。」

売れる薬

新しく発売する新薬の承認を得るためにゾルタン議会に赴いたレッドとリット。

しかし議会では一つの問題が浮上していた。

一ヶ月前に承認された薬が「麻薬」として販売されることが目的で町に持ち込まれていたのだ。

リットのおかげで承認は得られたものの、新薬はすぐに売れることはない。

そこで必要なのは「売れる薬」だった。

二人が考えついた策は「レッドの料理の上手さを活かす」こと。

苦い薬を美味しく摂取できるようにクッキーに混ぜて販売したのだ。

おかげで評判は瞬く間に広がり、大盛況のうちに完売御礼となったのだった。

亀裂

勇者パーティーは先代魔王の失くした兵器を見つけることができていなかった。

問題は「砂漠の民の協力を得られなかった」ため。

交渉に失敗したのは調整役のギデオン(レッド)をアレスが解雇したのが原因だった。

武道家「ダナン」はギデオンを探しに行くためにパーティーの離脱を決心。

その意思を勇者「ルーティ」は許可するのだった。

当時、元メンバー「ヤランドララ」はアレスがギデオンを殺したと察してパーティーを離脱した。

彼女はギデオンの力を認めていたのだ。

それだけでなく、ダナンもまたギデオンのことを認めている。

ギデオンがまだ生きていることを信じ、ダナンはギデオンの捜索に向かうのだった。

Advertisement

感想・考察

加護

スローライフとは言いつつ、まだ物騒な話はちらほら見られますね?

返り血を浴びた少女が友達と笑いながら歩いているとか、正直ヤバい。

アニメとしては明るく描かれていますが、この世界はガチの弱肉強食なんだなって。

加護の仕組みだけで考えると、町のそこら中に死体が転がっていてもおかしくないな?

リットが相変わらず食いしん坊でかわいい。


売れる薬

リットがいなかったら、レッドは相当商売に苦労していたでしょう。

ある程度は常連客がいるようなので、店を畳む事態にまでは陥らなかったでしょうが。

リットはもっとレッドに感謝しなければならない。

そのリットはリットでレッドに完全に堕ちているみたいですけど。

冒険者の活動はメインではなく、レッドを探すためにリットは城を出たのかもしれない…


亀裂

こっち側は完全にパーティー崩壊の危機に瀕していますね…

アレスくんの采配ミスはこの世界で永遠に語り継がれることになるのでしょう。

この崩壊寸前のパーティーに加入させられたティセが一番可愛そう。

全然見えはしませんが、ルーティの心境はどうなんですかね?

勝手に兄がいなくなって心穏やか、ってわけではないとは思うんですが…


https://shinnonakama.com/

©ざっぽん・やすも/KADOKAWA/真の仲間製作委員会

『真の仲間』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週水曜日 23:00〜 最新話地上波先行配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしましたカテゴリの最新記事