[本編まとめ]第5話 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました[感想・考察]

[本編まとめ]第5話 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました[感想・考察]

タイトル

琥珀の中の指輪

終身雇用

レッドとリットの店に冒険者ギルドや盗賊ギルドの重鎮たちが現れる。

彼らはリットが冒険者を引退したことに頭を悩ませていたのだ。

しかし二人ともそれを望んでいなかった。

「私はレッドのところに終身雇用契約したんだ!」

この件を機に二人の仲はより深まり、レッドは琥珀のブレスレットをプレゼントするのだった。

リットとヤランドララ

以前からは予想もつかないレッドとの幸せな時間を過ごすリット。

それはある人からの助言があったからだった。

その人物とは、レッドが勇者パーティーにいた頃の仲間「ヤランドララ」だった。

リットが彼女と初めて会ったのは故郷ロガーヴィアが魔王軍に包囲された時。

隣国に助けを求めに行くためには危険な「惑わしの森」を抜ける必要があった。

そのためにレッドが呼んだのが「木の歌い手」の加護を持つ彼女だったのだ。

不器用なリットとは違い、素直にレッドへの行為を示すヤランドララ。

その光景にはリットも戸惑いを隠せなかった。

そんなとき、ヤランドララ本人から話をするために呼び出されたのだ。

彼女は既にリットの中にあるレッドへの好意を知っていた。

「照れ隠しで怒る癖は直し、真っ直ぐに好意を伝えればいいんだ。」

ヤランドララはリットのために助言を与えてくれたのだ。

とはいえ、彼女もまたレッドへの好意がないわけではなかった。

しかし彼女の種族は人間よりも長い寿命を持つ「ハイエルフ」

それゆえに彼と恋人になることではなく、彼が幸せになることを望んでいたのだ。

「本当にレッドが好きな貴方なら、彼が本当につらいときに寄り添ってくれる。」

ルーティの思い

ヤランドララのおかげで森を抜けることができたが、そこには魔王軍の斥候が待ち構えていた。

それに動揺を隠せないのはアレス。

実は彼は傭兵を通じ、魔王軍との交渉に及んでいたのだ。

この窮地の乗り切るため、レッドは殿になることを決心。

援護としてルーティはヤランドララが残ることを指示するのだった。

二人のおかげで援軍の要請を成功させ、強力な魔王軍をルーティが単独で突破。

無事に時間は間に合い、レッドもヤランドララも救うことができた。

それに誰よりも喜んだのはルーティだったのだ。

まだレッドとルーティの間に入るべきではないと考えたリットは一人旅を開始。

そしてゾルタンで勇者パーティーを抜けたレッドとの再会を果たしたのだった。

リットが買い物をしている最中、ある人物が話を持ちかけてくる。

彼はアレスと魔王軍との交渉の仲介を務めた傭兵「ディル」だった。

ディルは盗賊ギルドから依頼を受け、リットをレッドから引き離そうと脅迫してきたのだ。

しかし何を代償にしてでもディルの言葉に屈することはなかった。

彼女が何よりも望むのは「レッドとの平穏な日常」だったのだ。

レッドがいなくなって以来、退屈な夜を過ごすルーティ。

彼女にレッドの勇者パーティーからの脱退を告げたのはアレス。

彼はルーティに好意を抱いており、この機に乗じて関係を深めようと企んでいた。

しかしルーティは彼が本当にやったことに気付いており、つい一度だけアレスを殺してしまう。

それでも感情を押し殺して勇者として旅をすることを決心したルーティ。

…が、彼女にも少しずつ限界が迫っていた。

「私には今、お兄ちゃんが足りない。」

Advertisement

感想・考察

終身雇用

相変わらず微笑ましいほどにイチャイチャしてますね?

まあ冒険者ギルドがリットの引退に憂いているのも分からなくはないですが。

そもそもリットがいなくなってゾルタンの安寧は保たれるんですかね?

どこかでレッドもリットも出ざるを得ない戦いが発生しそうですが、はたして。


リットとヤランドララ

人間に生まれていればヤランドララの生き方も違ったんだろうなって。

そう考えれば寂しさも否めませんが。

それを割り切ってリットを応援する気概はとてもとても立派です。

ヤランドララもリットと同じような幸せな道を歩んでほしい…

同じ家でなくとも、ゾルタンで楽しく暮らしてくれればいいんですけどね。


ルーティの思い

今回は食いしん坊リットを見ることができませんでした、寂しい。

その分だけレッドが好き過ぎる部分を見ることができましたが。

アレスくんはろくなことをしませんが、少しずつ報いは受けているようですね?

普段態度は見せませんが、ルーティにも不満があると分かったのは幸いでした。

そろそろルーティはアレスを切り捨て、単独で魔王軍を壊滅させてしまうかもしれない。

その足でルーティが向かう先はレッドの元なんだろうなって。

勇者でなければ、ルーティも相当なブラコンっぷりを見せていた可能性はありそう。


https://shinnonakama.com/

©ざっぽん・やすも/KADOKAWA/真の仲間製作委員会

『真の仲間』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週水曜日 23:00〜 最新話地上波先行配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしましたカテゴリの最新記事