[本編まとめ]第8話 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました[感想・考察]

[本編まとめ]第8話 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました[感想・考察]

タイトル

英雄になろうとした男

事件の真相

アルに剣を渡した犯人を探るため、あえて囮を買って出るリット。

しかしそれこそ罠であり、リットが不在の間にアルが誘拐されてしまう。

リットが連れてこられた場所にいたのは、盗賊ギルドの幹部「ビッグホーク」だった。

「お前にはサウスマーシュ地区の英雄になってもらう。」

ビッグホークは別の国からゾルタンに流れ着いたが、この町のぬるさを憂いていた。

そこで彼が決心したのは「町を変えるために長になる」こと。

そのために最初にやったのが「麻薬を蔓延させた」ことだった。

麻薬はアックスデーモン50体の心臓から作られており、中には悪魔の加護が含まれている。

その効果は「もう一つの加護を得る」こと。

人々に新しい人生を歩む権利を与えることにより、行動を促そうとしたのだ。

そしてビッグホークがアルに行わせようとしているのは「革命の開始を告げる」こと。

蜂起した民の前でアデミに報復することにより、火蓋を切って落とさせようというわけなのだ。

甘言で惑わせてアルを惑わせようとするビッグホーク。

しかしアルの中にはレッドから教えられた確固たる意思があったのだ。

「僕の剣はアデミを斬ることは望んでいない!」

きっぱりと否定したアルだったが、ビッグホークは麻薬を使ってアデミをけしかけようとした。

そんな二人のもとに救いの手が差し伸べられる。

その正体は「レッド」

実はリットを出し抜いたと思わせた裏で、レッドはスキを伺って行動していたのだった。

協力者のビュウイにアルとアデミを託し、レッドは追手と相対する。

その先頭に立っていたのは「アルベール」だった。

今回の事件の元凶はビッグホーク…の身体の中にいる「コントラクトデーモン」だった。

コントラクトデーモンはビッグホークの望みを叶えるために身体を乗っ取っていたのだ。

しかし彼も怠惰の町とも言われるゾルタンで長になるのは容易なことではなかった。

そこで目をつけたのはアルベール。

英雄の加護の一種を持つアルベールは何よりも英雄になりたかった。

しかし怠惰が蔓延したゾルタンで英雄を気取っていることに情けなさを覚えていた。

そこでどんな犠牲を払ってでも、英雄となるためにコントラクトデーモンと契約したのだ。

「ゾルタンが一丸となって魔王軍との戦いに参加するために。」

アルベールは同じ英雄を加護を持つレッドにも同じ道を歩むことを促す。

しかしレッドはそれを望まないどころか、今回の事の収束までも衛兵に任せようとした。

「俺はリットと一緒に小さな薬屋をやれていればそれでいい。」

追い詰められたアルベールは猪突猛進でレッドに立ち向かう。

「薄汚い犯罪者として終わるのではなく、せめて英雄に倒される敵として人生に意味を持たせたい。」

しかし簡単にいなされてしまった挙げ句、右腕を落とされてしまうのだった。

レッドはずっとアルベールのことを信じていた。

「誰よりも英雄であろうとするお前にこそゾルタンの危機を救ってほしかった。」

欠点があろうとも、レッドにとっては誰よりもアルベールがゾルタンの英雄だったのだ。

本心

アルが蜂起した民を諭し、事件も収束の兆しを見せていた。

しかしリットには一抹の不安があった。

「勇者パーティーに復帰できるチャンスがあったのに」と。

そんな憂いを抱えるリットにレッドは告白するのだった。

「俺はリットが好きだ。」

異端者

「やあ、べリエル。」

事情聴取を受けるコントラクトデーモンの前に現れたのはビュウイ。

なぜか彼はコントラクトデーモンの本名や、麻薬の詳細まで知り尽くしていた。

「あれは神から禁じられていた人間の中に眠る本当の力を解放する薬だ。」

動機を問われたコントラクトデーモンは怒りを露わにする。

「お前たち異端者を滅ぼすためだ!」

コントラクトデーモンはビッグホークとの契約を破棄して牢獄を脱出。

そして心の折れたアルベールを強引に連れ出し、勇者パーティーの元に向かったのだった。

子ども

アルは新たにできた仲間とともに冒険の旅へ出発。

レッドとリットはひと時の子育て体験を振り返り、未来に思いを馳せるのだった。

「子どもか、悪くないな。」「悪くないよね。」

Advertisement

感想・考察

事件の真相

ビッグホークもアルベールもそうですが、動機は意外に立派だったんですね。

ただ私欲のためだけに動いているのかと思いましたが。

結局はゾルタンが全身ぬるま湯に浸かっていたからなんだなって。

もっとクズな感じだと思っていたので、ちょっと好感度が上がってしまいました。

レッドがアルベールに期待していた気持ちも少しわかりました。

とはいえ、自分本意で他人を顧みない行動であるのは確かですけど。

アルくんもめちゃくちゃ強くなりましたよね、とても感慨深かったです。

加護の力だけではなく、人間としてもかなり成長したんでしょうね。


本心

シリアスな回だと思っていましたが、今までで一番イチャイチャが多かったのでは?

つまりこれが吊り橋効果ってやつですね?

際どいシーンが多くて助かりました、ありがとうございます。


異端者

またまた次に繋がるワードが出てきましたね?

ビュウイの真の姿はダナンも知っているんでしょうか。

…というか、ダナンは今回活躍していないような。

アニメで描かれなかっただけで頑張っていたと信じたいです。

ルーティと接触したのはビックリでした。

ここからのアルベールの大逆転劇はあるのでしょうかね?

アレスくんよりは望みがありそうですが、はたして。


子ども

ダブルベッドにお風呂…これは完全にフラグが立ちましたね。

もう次回には子どもがいる可能性があるのでは?

事件も一段落しましたし、次回は全編イチャイチャかもしれない。


https://shinnonakama.com/

©ざっぽん・やすも/KADOKAWA/真の仲間製作委員会

『真の仲間』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週水曜日 23:00〜 最新話地上波先行配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしましたカテゴリの最新記事