[本編まとめ]第6話 精霊幻想記[感想・考察]

[本編まとめ]第6話 精霊幻想記[感想・考察]

タイトル

祭りの夜

出立へ

精霊の里に来て1年。

精霊大祭でリオは盟友、ラティーファは里の民として仲間たちに受け入れられることになった。

すっかり里に打ち解けたラティーファを見て、リオは1人で旅立つことを決心する。

しかしラティーファはリオと離れることを拒み、どこかへ走り去ってしまうのだった。

襲撃

レイスは新入団員にあるアーティファクトを飲ませ、1人である場所へと向かった。

向かった先は「先程訪れたばかりのワイバーンの巣」

巣の主たちは全て卵を持っている新入団員を追っていた。

彼を囮に使い、レイスは巣に残っていた卵全てを盗むことが目的だったのだ。

そして囮の役目を終えた新入団員をアーティファクトの力で殺してしまうのだった。

里に張っていた結界に何者かの気配を感知し、様子を窺いに向かったサラたち。

そこにはワイバーンの卵を大事そうに抱える新入団員の姿があった。

彼はサラたちから逃げるためにグリフォンに飛び乗って空を飛び始める。

そんな彼の目の前にはブラックワイバーンを始めとしたワイバーンの群れも迫っていた。

しかしその途中にレイスに殺され、卵もろとも地面に叩きつけられてしまう。

その場所に偶然居合わせてしまったのがラティーファだった。

卵を割られたことに怒り、ブラックワイバーンはラティーファに攻撃を仕掛けてくる。

駆けつけてくれたアルマとともに戦うが、太刀打ちすることができなかった。

絶体絶命の状況に追い込まれたその時、颯爽と駆けつけたのはリオ。

見事に素手でブラックワイバーンを倒してしまうのだった。

別れ

騒動の翌朝。

リオは再びラティーファと話し合った。

ラティーファは既に「リオの妹」としてリオを見送ることを決心していた。

そこで話題に上がったのは「転生前のこと」

2人はお互いに日本で生きていたことを知る。

そしてともにこの世界で強く生き抜くことを心に誓うのだった。

旅立ちの時。

里の民たちはリオの旅に役立つあらゆる武具や道具を選別として用意してくれた。

代わりにリオは「里に危機が及べば盟友として駆けつける」ことを約束。

そして里に妹ラティーファを任せ、ヤグモ地方に向けて旅立つのだった。

Advertisement

感想・考察

出立へ

1年もこの里で暮らしていたんですね。

描かれてはいませんでしたが、リオも精霊術を使えるようになっているんでしょうか?

そしてこの展開はラティーファを置いて出立する以上、避けては通れない道でした。

悲しそうなラティーファを見て私も悲しい…


襲撃

新入団員くんは体よく使われただけでした。

卵から生まれずに無残に命を落とした子どもも…おのれレイス。

今回でレイス側はかなりの戦力増強となるでしょうね。

ワイバーンをどうやって飼いならすのかは知りませんが。

ここまで戦力を増強する理由は一体何なんでしょうか。

サラたちの活躍が見られたのはよかったです。

…が、もっとたくさん登場シーンが見たかったですね。

相手が強敵と知りながらも立ち上がったラティーファ、強くなったな…

守りたいものがあると人は強くなれるんだなって。


別れ

エリス先生もそうですが、ラティーファとも別れちゃうんですね…

別れの多い作品は別れが来る度につらくなってしまいます。

別れがあるからこそ再会で得られる喜びを味わえるわけなんですが。

とはいえラティーファの姿をもっと見たかったです…

Cパートを見た感じ、リオはヤグモ地方に到着したんでしょうか。

両親の故郷を訪れることでどんな展開が待っているんでしょう。

こっちに転生していた美春と出会ったりするのかな…


http://seireigensouki.com/

©北山結莉・ホビージャパン/『精霊幻想記』製作委員会

『精霊幻想記』見るなら『dアニメストア』

8/15(日)12:00より配信開始!

(毎週日曜日 12:00〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

手延素麺 揖保乃糸 上級品 300g 10袋
兵庫県手延素麺協同組合
5つ星のうち4.6
¥3,590 (¥12 / g)

精霊幻想記カテゴリの最新記事