[本編まとめ]第9話 精霊幻想記[感想・考察]

[本編まとめ]第9話 精霊幻想記[感想・考察]

タイトル

それぞれの決意

リオへの思い

村に戻ったリオは身の上をルリに説明。

おかげで2人の距離は近づき、村の少女たちは嫉妬してしまう。

リオは村を発つ計画を企てていた。

その話を聞いたサヨが受けたショックは計り知れなかった。

そんな彼女のため、シンはリオに頭を下げて「村に残ってほしい」と頼み込むのだった。

出立する日が目前に迫った収穫祭の日。

サヨはリオを呼び出して「リオが好き」と告白した。

「たとえ思いが叶わずとも、せめてそばにいさせてほしい。」

必死に思考を巡らせたサヨは旅に同行するため、日々鍛錬や研鑽を重ねていたのだ。

しかしどれだけ頼んでもリオは拒み続け、サヨの思いは叶わなかった。

泣き崩れる彼女のもとに現れたのはゴウキ。

彼はサヨに尋ねる。

「生まれ育った村を捨てるほどにリオのことが好きなのか。」

一瞬戸惑いながらも、サヨの答えは決して変わることはなかった。

出発当日。

ゴウキの助言を受けたサヨはリオの見送りに姿を現した。

「勇気を出してここに来てよかった。」

2人は最後に再び会うことを誓い合い、握手を交わしてから別れるのだった。

謎の少女

村を発ったリオがやってきたのは「精霊の里」

ラティーファたちとの2年ぶりの再会を喜び合っていた。

しかしリオが里に滞在し始めたある朝に事件が起こった。

リオが目を覚ますと、隣には謎の裸の少女が眠っていたのだ。

Advertisement

感想・考察

リオへの思い

ルリが嬉しそうにしているのはとてもよかったです。

しかしその反面、サヨのつらそうな顔は見ているのもつらかった…

それを見たシンは怒るのではなく、必死に頼み込んだのにはビックリしましたよね。

リオがやってきた当時から成長しているからこその行動だったんでしょう。

告白シーンはつらさ以外はリオが冷たいという印象しかありませんでした。

…まあ復讐が目的のキツイ旅であるからリオはそうしたのかもしれませんが。

そう言いながらも、リオは再び精霊の里に立ち寄ってのんびり過ごしているんですよね…

なんというか、リオはもっとサヨに説明してあげてほしかったです。

ゴウキはどういうアドバイスを送ったんでしょうね?

あの感じからすると、何があってもサヨを付いて行かせようとするんだと思っていました。

もしかすると最後の握手の際にサヨは何らかの精霊術をリオに施していた可能性が…?

とにかくサヨの思いが少しでも報われる展開がどこかで見たいものです。


謎の少女

地方ごとに家族を作って待ってもらっているリオは罪深いな?

個人的にはラティーファが再び見られただけで十分です。

そしてついに次回はリオの中に眠っていた精霊が活躍しそうな予感。

彼女がリオの転生にも深く関わっていたりするんでしょうか、はたして。


http://seireigensouki.com/

©北山結莉・ホビージャパン/『精霊幻想記』製作委員会

『精霊幻想記』見るなら『dアニメストア』

9/5(日)12:00より配信開始!

(毎週日曜日 12:00〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

精霊幻想記カテゴリの最新記事