[感想など]第1話 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか II[ネタバレあり]

[感想など]第1話 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか II[ネタバレあり]

あらすじ

第1話「神の宴(パーティー)」

18階層にて黒い階層主、ゴライアスを撃破し、

無事に生還した【ヘスティア・ファミリア】所属のベル・クラネル。

ダンジョン探索の合間に開かれたささやかな酒宴。

その席でベルは、他の冒険者から、あからさまな挑発を受け、

乱闘騒ぎを起こしてしまう。

乱闘騒ぎの相手は【アポロン・ファミリア】。

その団長であるLv.3の冒険者、ヒュアキントスを相手に、

ベルは完膚なきまでに叩きのめされる。

そして後日、ベルとヘスティアのもとに一通の書状が。

それは、アポロンが主催する神の宴への招待状だった──

http://danmachi.com/danmachi2/story/ より引用

ダンジョンにて戦闘中のベルくん一同。

今までとは違い、命さんも同行してますね。

心強い。

その甲斐もあって、敵は全滅。楽勝です。

どうやらこの冒険は命が同行をお願いしたとか。

以前の中層は敵なすりつけ事件でボロボロの瀕死状態でしたが、
今ではこんなに立派な姿に。

ベルがアイズさんに追いつくのもそう遠くはないのかもしれません。


命を除く一同は冒険の打ち上げ。

ベルフもレベルが上がり鍛冶スキルもアップ。

以前ベルフは鍛冶スキルアップのためにとベルとダンジョンに潜り、
結果はこの通り。

リリはベルフのパーティ脱退を残念がりますが、
ベルフは熱い男。まだまだ一緒に来てくれるんですって。やったね。

と一同に向けられる嫌な視線。

近づいてきて声をかけられます。

なんだかんだとイチャモンを付け始めます。

みんな我慢。

しかしベルはヘスティア様を侮辱され、激昂。

さすがに感情は抑えきれません。

それでも続く侮辱にベルが動こうとしたその時。

ベルフからのおごりの一杯。

感謝してほしいもんだね!

案の定乱闘になります。

雑魚を蹴散らすと椅子から立ち上がるのは強キャラっぽい男。

素早い動きでベルフもベルも一捻りにしてしまいます。

曰く、『アポロン・ファミリア』の「ヒュアキントス・クリオ」
LV.3のツワモノです。

仲間の敵といい、ベルの首にかかった指に力が入ります。

と背後から物音。

彼は『ロキ・ファミリア』「ベート」くん。

1期ではベルのことを「トマト野郎」と散々罵っていましたが、
ベルの活躍を間近で見続けていた男でもあります。

こんなところで助けられることになるとは…

ベートの一言でヒュアキントスは興が削がれたといい、去っていきます。

ベートもまたベルに、調子にのるな、と言い残し去っていきました。


ところ変わって「ヘスティア・ファミリア」のおうち。

おっぱいが喋っている…

ヘスティアは喧嘩をして帰ってきたベルの姿にちょっと嬉しそう。

リリ曰く、ベルフの悪影響でベルが最近乱暴な性格になっているとか。

ベルは手を出した原因を話します。

ヘスティアは自分のために怒ってくれるのは嬉しいが、
そのためにベルが危険な目に遭うのは悲しいと言います。

ヘスティアはベルを諌め、今後はしないように約束です。

ここでリリが喧嘩相手が『アポロン・ファミリア』であることを伝えると、
ヘスティアは驚愕。

アドバイザーの「エイナ」さんもこれにはおこ。

『アポロン・ファミリア』はやばいとこっぽいですね…

ファミリア同士で街が戦場になることもあるとか。

エイナと会話を終え、部屋を出たベル。

そこで声をかけられます。

彼女たちは『アポロン・ファミリア』。

赤髪が「ダフネ」、青髪が「カサンドラ」です。

ヘスティアにアポロンからの宴の招待状だとか。

ダフネはご愁傷様、と言い残しその場を去ります。

内容は話通りの神の宴、神同士のパーティですが、
今回はちょっと志向が違うらしいです。

ヘスティアは決意。

他の神を誘って皆で参加しようとベルくんに言い伝え。

みんなで、です。


一張羅に袖を通したベル。

神の宴なのにベルがいる理由。

それが今回の宴の異なる志向。

必ずファミリアの子を一人同伴させろということらしいです。

ヘスティアはしめしめ顔で嬉しそう。

彼らは『ミアハ・ファミリア』

左が神「ミアハ」「ナァーザ」ちゃん。

装いと馬車はヘスティアが用意したんですって。

そんなお金は何処から。

中に入ると、ヘルメスタケミカヅチが近づいてきます。

後ろにいるのが「アスフィ」「命」

アスフィさんは相変わらずのメガネ美人。

ヘルメスが自慢するのもわかります。

そこに現れたのは主催である「アポロン」

お付きにはヒュアキントス、ダフネ、カサンドラの姿が。

そんなアポロンの言葉で宴は開始。

ヘルメス曰く、アポロンは色恋沙汰の話題が尽きない

また執念深いと言います。

この宴の開催理由…どきどき…

そうこうしてる場に現れたのは美の神、「フレイヤ」

ベルはフレイヤと会うのは初めてでしたか。

子どもたちが美の神を見るとたちまち魅了されてしまうんですって。

女の子でも例にも漏れずなのでしょう。

はかどる。たすかる。

そんなヘスティアとベルの姿にフレイヤは目を遣り、
近づいてきます。

ベルにフレイヤからの夜のお誘い。

ヘスティアが即断却下。

顔を赤らめているベルにヘスティアもおこです。

ヘスティア様というものがありながら…

フレイヤが去ったところに現れたのは『ロキ・ファミリア』

念願の「アイズ」さんの姿もそこに。

ヘスティアとロキが喧嘩しているのを尻目に、
見つめ合うベルとアイズ。

この一連の動作。

アイズさんはかわいいです。かわいい。

ベルはロキとヘスティアの仲の悪さからファミリアの距離を感じます。

アイズさんともっと近づきたいベルくん。

ベルの姿を見るために振り返るアイズさん。

そんな光景に注目するヘルメス。


ベルはバルコニーでぼっち生活。

泣くなよ。

と、庭を見るとヒュアキントスと謎の眼鏡の男が話し合う姿が。

どんなサプライズを用意してくれるんでしょうか。

バルコニーで佇んでいるベルの元にヘルメスが近寄り、お話タイム。

冒険者になった経緯を尋ねます。

簡単に言えば、
おじいちゃんが、ダンジョンに出会いを求めろ、って言ったんですよね。

子どもがかっこいい冒険者に憧れるのは当然かも知れません。

ヘルメスは出会いを求めるならダンスでも踊れと言いますが、
それにはベルは後ろ向き。

そんなベルは放っておいてヘルメスは某女性にダンスのお誘い。

急にダンスを誘われたアイズは困ってます。

頼みのロキも近くにはおらず助けを求められません。

戦闘以外のことはさっぱりなアイズさん。

困惑するアイズさん。

アイズが声を出そうとした瞬間、ヘルメスは急用を思い出したと言い、
代わりにベルにアイズと踊るよう言います。

これがアイズのヘルメスを見る目とベルを見る目の違いです。

よく覚えていてください。

ヘルメスもなかなかやりおる。

その場を去ったヘルメスですが、
ベルは踊りの誘い方も知らずおどおど。

そこに近づいてきたのはミアハとナァーザ。

誘い方をさりげなく実演。

ベルくんには味方が多すぎる!

ベルのお誘いにアイズは快諾。

もうはやく結婚すればいいよ。

誘ったはいいものの、踊り方もろくに知らない二人。

そこに近づくのはタケミカヅチと命。

ベルにアドバイスを託します。

ええ人ばっかりや…

ミコトちゃんかわいい。

冒険者なら互いの目を見るだけで踊れちゃう。

駆け引きもいらない、朝飯前です。

二人の楽しそうな姿にヘスティアもロキも激おこ。

フレイヤもまた、
その姿を見てここにミノタウロスを連れてくるよう言い始める始末。

人に好かれるのも大変だなあ(棒)

踊っている二人のもとに現れたのはアポロン。

ゲスい顔。

ヘスティアが割って入ります。

アポロンは先日のいざこざの代償を要求したいと言います。

なんかぼろぼろになってるちっちゃい子。

ベルフがお酒をプレゼントした子です。

ベルから喧嘩を仕掛けたという証人もいると。

完全に嵌められております。

それでも引き下がらないヘスティア。

そんな姿にアポロン・ファミリアは、
「ウォーゲーム」を申し込むと声高々に宣言。

アポロンは勝ったら、ベルを貰い受けると言い放ちます。

ベルくんが人に好かれすぎるのが悪い。

相手はアポロン・ファミリア。

こちらはベルくんただひとりのヘスティア・ファミリア。

この勝負は一体どうなってしまうのでしょう。


というわけでダンまちII1話でした。

ベルくんの人望の厚さがひしひしと感じられた1話でしたね…

ベルくんのハートを射止めるのは一体誰なんだ…


1期、OVAと続き今回2期の放送と相成りましたが、
今回もわくわくしますね!

1期はダンジョンでひたすら敵を倒し、最後には強大な敵を
力を合わせて討伐しました。

2期は相手はモンスターではなく、
冒険者同士の戦いが多くなったりするんでしょうか。

1話で新しい登場人物が多くて面食らいましたので、
またいろいろ勉強しないと…


総登場人物もかなりの人数になりましたが、
私はリリルカ・アーデ派です。


ということでそれでは。



© 大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2製作委員会

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかカテゴリの最新記事