[本編まとめ]第10話 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか III[感想・考察]

[本編まとめ]第10話 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか III[感想・考察]

タイトル

強行突破-インビジブル-

アバン

エイナの不満

他の職員を寄せ付けないほどの雰囲気で仕事をしていたエイナ。

不満の矛先はベルでした。

彼に手を上げて以来、いまだ会うことは叶ってはいません。

我慢できずにベルに会うためにギルドを飛び出してしまいます。

その途中にヘルメスとばったり。

事情を説明すると、ベルの居場所を教える代わりに頼み事があるとのこと。

一方、ベルは1人ダイダロス通りを彷徨い歩きます。

異端児を探す冒険者の視線が彼に集中します。

今はそれに怯えず、異端児をクノッソスへ逃がさなくてはならないのです。

Aパート

アイズの疑問

ロキ・ファミリア。

団長フィンは団員をまとめ上げ、異端児包囲網を張っていました。

ベルは陽動だと考えつつも、裏を読まれている可能性もあります。

そこで立ち上がったのはアイズでした。

ヘスティア・ファミリア。

ヘスティアと春姫は作戦遂行中のベルたちに指示を送ります。

このためにフェルズからあらゆるマジックアイテムをもらっていたのです。

ベルの役目はロキ・ファミリアや冒険者をより多く引きつけること。

ですが、アイズの監視が付くことは想定外でした。

頭を悩ませるベル。

そんな彼を救ってくれたのは「ナァーザ」でした。

彼女はミァハからの指示を受け、助けに来てくれたのです。

ベルは彼女にあるものを渡して別れます。

次に現れたのは「アイシャ」「リュー」

彼女たちはアイシャから事情を聞き、ベルを助けに来てくれていました。

ベルは2人にもある指示を送ります。

またまた次に現れたのは「エイナ」

久々にベルの顔を見れたエイナの鬱憤は爆発し、不満をぶちまけます。

そんな女性とばかり話すベルを、アイズは「不良」と考え始めるのでした。

ヴェルフと命は地下に隠れた異端児との合流に成功します。

そしてリドが地上に飛び出して咆哮。

それに呼応するように街の至るところから同じように声が上がり始めます。

おかげで同じ場所にいない仲間の無事を確認。

しかし、アステリオスの声は聞こえることはありませんでした。

彼は地下奥深くで息を潜めていたのです。

Bパート

扉を目指して

フレイヤ・ファミリア。

フレイヤは側近のオットルにある指示を送ります。

一方、ダイダロス通りでは冒険者たちが異端児を探し回っていました。

そんな中で震えながらもリリは行動を開始。

異端児の1人アルルに変身し、冒険者たちの前に姿を現します。

もちろん、彼らはその後を必死に追い始めます。

リリはその途中で変身を解き、彼らを誰もいない方へと誘導するのでした。

周囲が慌ただしくなる中、ベルもエイナを振り切って行動を開始。

途方に暮れるエイナですが、ヘルメスの頼み事は果たせぬまま。

それは託されたブレスレッドをベルに渡すことでした。

…が、そもそもエイナの手から取れなくなっていたのです。

ベルは囮に励みますが、アイズがいると失敗に繋がってしまいます。

その危機を救ってくれたのはナァーザ。

彼女はベルが託したマジックアイテムを使ってくれたのです。

冒険者たちはベルを見失うものの、アイズを巻くことには成功。

さらに再度ベルを探そうとする彼女の前にリューが立ちはだかったのです。

とはいえ、さすがのリューもアイズには敵いません。

そこで春姫がリューにレベルブーストを施しているのでした。

アイズを巻くことが出来たベルは再び陽動に専念。

しかし、一向にロキ・ファミリアの陣形が崩れることがありません。

フィンはマジックアイテムの使用にすら気付いてもいたのです。

一方、1つの見張り塔に姿を現したのは団長のフィン本人。

見張りに対し、魔物の大群が現れたと中央に行くように指示を与えます。

そして彼らから見張っている扉の位置とその見張り役を確認するのでした。

実はそのフィンは偽物で、リリが変身した姿。

彼女はスパイとして活動していたのです。

おかげで手薄なクノッソスへの扉の場所が判明。

ロキ・ファミリアの陣形も崩れ、異端児たちも地上から扉へと直進。

ヴェルフの魔剣を使いながら順調に進み始めていました。

そんな彼らの前に立ちはだかったのはガレスでした。

彼の足止めにはヴェルフと命が請け負います。

…が、ここで問題が発生。

ガレスの攻撃で地面が割れたせいでウィーネが地下に落ちていたのです。

更に悪いことに、目標の扉とは別の方向へと歩き出してしまいます。

これを危機に感じた春姫は彼女の元へ直行。

その報せをヘスティアはベルにも伝達します。

しかしそんな2人よりも早く、ティオナがウィーネを見つけてしまうのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、ダンまち10話でした。


エイナの不満

ここに来てエイナさんがいい味出してきてますね。

こういう不憫ポジである方が映える人なのかもしれない…


アイズの疑問

ベルくんはすぐに女性を侍らせるからなあ。

それに不良だって感想を抱くアイズさんがピュアでかわいいですね…

こう思うということは恋の色は全く無いってことでしょうが、ベルくん頑張れ。

この仲間が次々に駆けつけてくれる展開は爽快でいいですね。

実際、今回の展開は久々にそういう感情を抱くことが出来た気がします。

これまではほとんどがつらい展開でしたからね…

今までの鬱憤を晴らすようで私はとても嬉しい…


扉を目指して

リリが大活躍じゃないですか、嬉しい。

泣きべそかくところも彼女っぽくて好きです。

とはいえ、次回はまたピンチから始まりそうですね?

面と向かっては戦えないですし…どうやって切り抜けるんでしょう。

やっぱりマジックアイテムが鍵になるんでしょうか。

エイナさんのアレか、もしくはアイシャの登場もあるかもですね。

とにかく無事丸く収まればいいなって…


http://danmachi.com/danmachi3/

©大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち3製作委員会

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』見るなら『dアニメストア』

最新話は12月6日(日)24:00より配信開始!

(毎週日曜日 24:00〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア 17巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)
大森藤ノ(GA文庫/SBクリエイティブ刊)(著), 矢樹貴(著), はいむらきよたか/ヤスダスズヒト(著)
5つ星のうち4.6
¥660

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかカテゴリの最新記事