[ストーリー要約] ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか III

[ストーリー要約] ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか III

異端児との出会い

迷宮の中で冒険者に追われる竜種「ヴィーヴル」を救ったベル。

彼女は言葉を話すことが出来る異端児「ゼノス」だった。

同様に同じ種類である武装して戦うゼノスがダンジョンに出没。

さらには異端児での商売を狙う「イケロス・ファミリア」も暗躍。

「ウラノス」は異端児の行く末をベルに託すことを決心する。

人間と魔物の共生

ヴィーヴルを「リューネ」と名付けて面倒を見始めるベルたち。

そんな中、地上の人間にリューネの存在がバレてしまう自体が発生。

それが原因で大混乱となり、魔物が地上で暮らすのが困難だと知らしめられる。

イケロス・ファミリアの襲撃

ウラノスのミッションにより、ベルたちは他の異端児たちと出会う。

彼らと心を通じ合わせることができ、リューネを託すことを決心する。

…が、棲家を移す最中、リューネたちはイケロス・ファミリアの襲撃に遭遇。

そのせいで多くの異端児が命を落とし、リューネも捕縛されてしまう。

その事件が起因となって、異端児の人間への報復が開始。

18階層にあるリヴィラも壊滅に追い込まれてしまう。

討伐隊が送られる一方、ベルもそれに同行して異端児たちとの合流を狙う。

波乱勃発

「フェルズ」の力を借り、イケロス・ファミリアの拠点に潜入したベル。

マスター「ディックス」「カース」によって苦戦を強いられてしまう。

…が、リューネとの絆の強さによってそれを打破。

しかし、狂乱化したリューネは地上へと逃げ出してしまう。

人々の前に姿を現し、地上が混乱する中、ベルは彼女を救うために言葉を吐く。

「このヴィーヴルは僕の獲物だ!」

リューネの死

ベルは逃げるリューネを追うが、他の異端児たちも地上に現れて大混乱に。

ロキ・ファミリアの面々が戦う中、現れた異端児は最強の「アステリオス」

アイズをもってしても右腕を落とすことしか出来なかった。

そんな中、ヘルメス・ファミリアの力によって、異端児は身を隠すことに成功。

…が、リューネは冒険者たちの策略に嵌り、命を落としてしまう。

彼女の死に悲しむベル。

そんな彼らを救ったのはフェルズだった。

彼女の「蘇生魔法」により、リューネは復活したのだった。

異端児包囲網

異端児との関係に頭を悩ませるベル。

異端児を助けたい気持ちはあっても、仲間に迷惑がかかってしまうから。

多くの人の支えを受け、彼らを迷宮へと帰す助けをすることを決心する。

そんな中、ベルとリューネの前に立ちはだかったのはアイズだった。

ベルはリューネを先に逃がそうとするが、敗北に追い込まれてしまう。

リューネはベルへの恩返しに、アイズの前に立ちはだかることを決心する。

自ら爪と羽根をもぎ取り、決して人間を襲う意思がないことを表現。

その姿にはアイズも見逃さざるを得なかった。

おかげで異端児たちは迷宮へと帰ることができた。

…かと思いきや、そんな彼らの前に立ちはだかったのはヘルメスだった。

「死んでくれ、異端の怪物たち。」

好敵手との再戦

ヘルメスはベルの名誉を取り戻すため、異端児に敵役となることを頼んだ。

異端児はその意に沿うが、ベルは彼らを傷つけようとはしなかった。

ヘルメスが強引な手を使おうとするが、そこに現れたのはアステリオス。

実は彼は、以前ベルが倒したミノタウロスの生まれ変わりだったのだ。

アステリオスはベルとの再戦を願い、ベルも全力でそれに応じる。

2人の戦いの決着はベルの敗北。

異端児は無事迷宮に戻れた一方、ベルは決意を固くしてアイズの元を訪れた。

「アイズさん、僕、強くなりたいです。」


http://danmachi.com/danmachi3/

©大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち3製作委員会

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』見るなら『dアニメストア』

全話絶賛配信中!

初めての登録なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかカテゴリの最新記事