[感想など]第3話 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか II[ネタバレあり]

[感想など]第3話 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか II[ネタバレあり]

あらすじ

第3話「集結(コンバージョン)」

タケミカヅチやミアハの協力を得たことで

【アポロン・ファミリア】の襲撃を切り抜け、

アポロンに宣戦布告を叩きつけたヘスティア。

ベルをアイズとの特訓に向かわせ、

自身はアポロンとの【戦争遊戯】開催に伴う交渉に臨むことに。

一方で団長・ザニスの手により、

半ば強引に【ソーマ・ファミリア】に連れ戻されたリリ。

必死の思いで主神・ソーマに派閥からの脱退を願うものの、

聞き入れらることはなかった。

アポロンとの交渉を終え、

タケミカヅチ、ミアハと共にリリの救出に向かうヘスティア。

ベルとの約束を果たすため、そして大切な仲間を救い出すために──

http://danmachi.com/danmachi2/story/ より引用

ソーマ・ファミリア。

神の酒を飲みたい者たちがファミリアに群がります。

彼が神ソーマ。

酒を作り続ける神です。

ザニスによってファミリアに連れ戻されたリリ。

リリはソーマにファミリアの退団を申し出ますが、
返答はありません。

ザニスはそんな退団には1000万バリスを要求し、
ソーマも彼に任せっきり。

酒を作ること以外には興味はないのです。

これではリリが退団するのは事実上不可能。

リリは投獄されます。

あの襲撃。

ソーマ・ファミリアはアポロン・ファミリアに頼まれて、
手伝っていました。

しかし別の目的、リリが連れ戻すことも目論んでいました。

リリが戻らなければ襲撃を続ける。

そうしてリリはソーマ・ファミリアに戻ったのです。

ザニスはリリの変身魔法を使用し、
ファミリアのため、団長である自分のために
一生を尽くよう言い残し去っていきます。

牢番はそんな彼が気に食わない様子ですが。


一方、ヘスティア一同。

リリの奪還を計画中。

明晩、計画を実行予定です。

そんな計画に桜華が口を挟みます。

他派閥であるリリ一人のためより、
ウォーゲームに勝つ方法を考えるべきではないかと。

言いたいことはわかる。

今、ベルはウォーゲームに向けて特訓中です。

リリを置き去りにしたままでは実力は発揮できない。

彼は一人の弱さを知っている。

彼は仲間の強さを知っている。

そしてリリを助けると、ヘスティア自身が約束したことです。

だからこそ今、ベルが特訓に集中することができているのです。

リリを助けることがベルを助ける力になる。

その話を聞き、全員一致団結。

あとはリリを連れ戻すだけ。


神の会議に現れないヘスティアにおこなアポロン。

ミアハとタケミカヅチ曰く、体調不良です。

それなら仕方ない。

そんな話をしていると、ヘスティアが現れました。

ウォーゲームの取り決め。

アポロン・ファミリアが勝利した場合は、ベルはアポロンのもの。

ヘスティア・ファミリアが勝利した場合は、
アポロンは要求は何でも飲むと言います。

そして勝負の形式。

ヘスティアは代表者同士の一騎打ちを申し出ますが、
アポロンはこれを一蹴。

みんなの提案の中からくじ引きで決めることに。

ヘルメスに選んでもらいましょう。公平。

ヘルメスが引き当てたのは「攻城戦」

絶望しかない…

さすがに一人で守るのは無理なので、ヘスティア側が攻めです。

ここでヘルメスが提案。

あまりにも不利なのでヘスティア側に助っ人を認めるべきと。

しかしアポロンはこれもまた一蹴。

これに口を挟んだのはフレイヤ。

「怖いの、アポロン?」

煽り全一。

煽られたアポロンは黙っていられません。

助っ人は「1人」のみ。

オラリオ以外のファミリアに限ること。

オラリオとはこの迷宮都市の名前です。

ドヤ顔で言うことじゃねえなこれ。

せこい。

1人とは言えど、ベルにかかる負担は格段に変わります。

候補はおり、ヘルメスに交渉を頼んだようですが。

一体誰なのでしょう…


一方、リリ。

ザニスが、リリの変身魔法を使った儲け話を持ってきました。

ザニスは拝金主義者。

金があればソーマの酒、
そしてあらゆる快楽を手にすることが出来る。

このソーマ・ファミリアは、
いくら悪事に手を染めようと咎められない。

ザニスにとっては最高の環境です。

ソーマ自身が子どもたちに興味がないのですね。

そこに鐘の音が鳴り響きます。

何者が侵入、幼い神も一緒だと。

ヘスティア一同がリリの救出に来たのです。

リリはヘスティアに手出ししたら協力しないと言いますが、
ザニスは神の酒を飲ませて無理やりにでもやらせるつもりです。

ザニスは牢番に警備を命じ、外に出ていきます。

神の酒の効果は絶大。

一口飲んだだけでも快楽に溺れてしまう。

それ故、ソーマ・ファミリアに入団する人が多いのです。

リリはなんとか牢屋を脱出する方法を模索します。

すると鍵が。

牢番はザニスが大嫌いなのです。

彼に逆らえるならなんでもいい。

リリの脱出に目を瞑ってくれました。

リリは牢屋から脱出。

外を見ると、ベルフや命たちが戦っている姿が。

リリは危険だから逃げろと叫びますが。

ベルがリリを必要としているから助けに来た。

リリを見捨てたことなどただの一つもありません。

リリが帰ってくるのを信じているから頑張れる。

リリが帰ってくるのを待っているのです。

ヘスティアはリリを助けるのではない。

リリにベルを助けてもらうのです。

走り出したリリ。

訪れたのはソーマの元です。

リリは中庭で起こっている戦いを止め、
ヘスティアを救ってほしいと懇願します。

ヘスティアが救われるならリリの身だって…

ソーマは酒を注ぎ、リリに渡します。

そして酒を飲んで同じことが言えるのなら話を聞くと。

簡単に酒に溺れる子どもたちなど興味はない。

ヘスティアを助けるため…

ベルを助けるため…

意を決してリリは酒を飲みます。

飲んだ瞬間、周囲が歪み、
その快楽に耐えきれず倒れ込んでしまうリリ。

頭の中の自分が溶かされるような。

でもその中であってもベルの姿はいるのです。

神の酒の力であってもベルを見失うことはなかったのです。

「…ください…戦いを止めてください。」

リリはあの人たちを助けたい!」

「神様に教えてもらわなくたって分かる!

リリは、今このときのために生まれてきたんだって!

この日のために間違いを積み重ねてきたんだって!

今度はリリがあの人たちを助けなきゃ!

戦いを止めてください!」

ソーマは傍らにある酒壺に手を取り、
外に投げ、告げます。

戦いを止めろ、と。

神の酒を作ることにしか興味がなかったソーマが、
リリのために動いてくれたのです。

ザニスはベルフによって撃退。

団長なのに弱いんですね…

「ソーマ様、ありがとうございました。

もうひとつ、リリの願いを聞いてくれませんか。」

契約の書き換え。

リリは晴れてヘスティア・ファミリアの一員となりました。

リリが眷属であることすら認識していなかったソーマ。

これからソーマは神の酒を作るだけでなく、
子どもたちを見て、共に栄えていくことができるのでしょうか。

みんなの協力があり、リリの奪還が成功と相成りました。

一同、拠点へと帰って行きます。

考え込むタケミカヅチ。

ヘスティアを助けたいが一存で決められない問題…

うぐぐ…

そこに命が現れ、

「お願いがあります、タケミカヅチ様。

自分を、ベル殿たちのファミリアへ、行かせてください。」

同じ頃、ヘファイストス・ファミリア。

ベルフもまたファミリアの移籍を懇願に来ました。

情熱さえあれば、武器はどこででも打てる。

魔剣だって例には外れません。

そう教えたのはヘファイストス自身。

最後にヘファイストスからの質問。

「あなたがそうまでするのは何のため?」

ベルフは即答。

「友のため。」

また同じ頃。

リューの元を訪れるヘルメス。

助っ人のアテとは彼女だったのです。

シルからもお願い。

渋々ながら応えてくれました。

そして特訓中のベル。

アイズとティオネ相手に優位に立ち回りますが、
隙に飛び込んだベルはやられてしまいます。

人とモンスターの戦い方は異なる。

人は考えるのです。

あえて隙を作ることだってします。

人は隙を見つけると動きが単純になることがある。

そこをベルはやられてしまったのです。

アイズが教わった言葉。

「トドメの一撃は、油断に最も近い。

追い込まれたその先が、一番の好機にもなる。」


フレイヤサイド。

「ふざけた真似をするようなら、

アポロンを潰そうかと思っていたけどやめね。

これの行方も見守らないのも、もう神なんかじゃないもの。」


というわけでダンまちII3話でした。


あー、もう最高でしたね…

リリが神の酒に打ち勝ち、ソーマを変えた。

そしてヘスティア・ファミリアへの移籍。

それに連なるように、ベルフ、命もまた。

この流れは思い出すだけで涙腺が緩み始めます…

もうウォーゲームで行われる戦闘を考えるだけで
ワクワクしてきます。


リリとソーマのシーン。

「この日のために間違いを積み重ねてきた」
って言葉が私はかなり来ましたね…

もちろん好きでやってきたことではありません。

でもベルとの出会いのきっかけは、
ベルの持ち物をくすねたから。

それがなければ今の幸せなリリの姿がないのです。

報われてよかったね、リリ。

最高に胸が熱くなります…


ベル、リリ、ベルフ、命、リューで、
どんな戦いを見せてくれるのでしょう。

ベルとヒュアキントスの戦いの行方は。

果たしてアポロン・ファミリアに勝つことが出来るのか。


ということでまた次回。



© 大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2製作委員会

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかカテゴリの最新記事