[感想など]第2話 ダンベル何キロ持てる?[ネタバレあり]

[感想など]第2話 ダンベル何キロ持てる?[ネタバレあり]

あらすじ

「プロテイン摂ってみる?」

ひびきの肉体改造は順調に進行中。

プロテインの意外な美味しさに目覚めたり、

朱美と一緒にプールに行ったり。

そんなある日、ひびきは友人の上原彩也香の家に遊びに行き、

思いがけない彼女の一面を知る。

https://dumbbell-anime.jp/story/ より引用

今日も元気にトレーニングを始めるひびき。

トレーニング前に体重を計ります。

トレーニング頑張っているのに、体重が増加しているようです…

なんだか身体がガッツリして来ているようですが、
ひびきの目指すのは痩せること。

待雄に相談してみることに。

待雄が言うには、筋肉が大きくなって体脂肪率が下がったから。

脂肪より筋肉のほうが重く、体積が小さくなるんですって。

また、極端な食事制限はあまり勧められたではなく、
筋肉が減り、代謝が悪くなります。

つまりリバウンドしやすく、そこから痩せるのが難しくなってしまう。

だから痩せるには運動が一番なんです。そうだよ。

筋トレは大きい筋肉から順に鍛えるのが効率がよく、
まずは背中を鍛えます。

ここで肉のお兄さんのターン。

今回はラットプルダウンの使い方。

フロントネックに降ろすときは胸の前まで、後方に引きながら降ろす。

戻すときも力を抜かずゆっくりと。

肩甲骨を動かすことを意識すると効率がいいんです。

髪がたらんって垂れるところすごく扇情的です。

このへんの筋肉が鍛えられるんですって。

すごいですね。

でもひびきはこんなトレーニングしてしまったら、
待雄さんみたいなムキムキマッチョになるのではと危惧しますが、
朱美はそんな程度じゃお話にならないと一蹴。

筋肥大をさせたくない場合は、
筋持久力を発達させたほうがいいみたいです。

明らかなムキムキになりたくないならこっちがいいのでしょう。

今回のサービスシーンです。

ご査収ください。

シャワーのあと、二人はプロテインバーに。

待雄さんがバーテンさん。

おいしいプロテインに大満足なひびき。

トレーニング後30分以内にたんぱく質を摂取すると、
筋肉の成長が段違いになる。

この時間のことをゴールデンタイムというらしいです。

ということで、追いたんぱく質をしにいこうとひびき。

これには朱美も唖然。

ご飯を美味しそうに食べる女の子って素敵ですよね。


朱美から今日のトレーニングジムを誘われるひびきですが、
筋肉痛がキツイからと、おやすみの日にすることに。

すげー家ですね…

日曜日という暇を持て余したくないひびきに、
朱美は「ほかのトレーニング」を誘います。

結局トレーニングなんですね…

二人が訪れたのは市民プール。

泳ぐことは全身をまんべんなく動かすからいい運動になります。

でも水着がキツイひびきちゃん。

トレーニングの成果です。ただ太ったわけじゃないです。

朱美のスタイルの良さに見とれるひびき。

三頭筋の張りが悪いから見ないでほしいという朱美。

うーん、このトレーニング馬鹿。

体型を見るとなんのスポーツをしてるのかわかるんですって。

筋肉の付き方が露骨に出てきますもんね。

他人をじろじろ見すぎたら警察が来るので注意しましょう。

はやく泳ぎたい、ひびき。

ストレッチを始めようとしたところ、朱美からストップがかかります。

実は運動前のストレッチは有害で、
身体が温まっていない状態でやると腱や関節を痛めちゃうらしいです。

それに加え、パフォーマンスも低下してしまうらしいです。

全然知らなかった…

運動前には「動的ストレッチ」がおススメと言います。

あ、結局ストレッチはするんですね。

動的ストレッチとは、
手足を動かして体を温め、筋肉の柔軟性を上げていく運動のことを言います。

怪我の防止やパフォーマンス向上にもなると。

なるほどね。

ラジオ体操もまた動的ストレッチ。

体育の準備体操でラジオ体操を行う学校もありますよね。

私の学校もそうでした。

気持ちよく動的ストレッチを行うひびき。

と、突然何かの破れる音が。

水着が破れたひびきちゃん。

かなしいかな。


なんか見たことあるけど、私の知ってるやつではないです。

ひびきは彩也香の家で映画観賞会。

彩也香は映画オタなんですね。

何の映画を見るか悩んでいると、そこに現れたのは彩也香のお姉さん。

彩也香に手を貸してほしいといいます。

仕方なしに家の手伝いをすることに。ひびきも見に行きます。

彩也香はボクサーの家系で、おうちがボクシングジムを営んでいます。

お父さんがプロボクサーで、姉妹もやらされているとか。

手伝いもできるとかすごい。

ひびきちゃんはちょっと引き気味。

急に切れるお姉さん。こわいよ。

彩也香の腹筋もやばい。

ひびきも目を輝かせて見惚れます。

腹筋を鍛えるには「ドラゴンフラッグ」がいいそうです。

うーん、見るからにキツそう。

次に教えてもらったのは「プランク」

この姿勢で維持、肘は直角、あごは上げないで行うトレーニングです。

腰への負担も少ないとか。

ちょっとだけサンドバックも殴らせてもらうことに。

なんかとんでもないことになっちゃった。

お姉さんにスカウトされます。

これからひびきのプロボクサーへの道が始まるわけですね。


今回はプランク。


ということでダンベル何キロ持てる?の第2話でした。

なんか前回以上にトレーニングの情報が増していましたね。

このアニメ終わるころにはトレーニングできないのに、
知識だけあるトレーナーになれるんじゃないですかね…

本格的にやり方から、効用から教えてくれるので、
より楽しめますね。やった気分になれる感じ。

でもラストのミニコーナーだけでもやるべきだとは思います!


今回は彩也香がどういう人間かが見られました。

もっとチャラい感じで、ひびきがジムに誘う、って流れかと思ってましたが、
こいつのほうがやべーじゃん…

でもみんな待雄さんみたいな、
ムキムキになっている姿はあまり想像したくないですね。

そのままの君でいて…


ひびきの表情がころころ変わるのすごくかわいいですね。

劇画なやつは戸惑いますが…

それだけでもご飯食べられます。


というわけでこのへんで。それでは!


©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム

ダンベル何キロ持てる?カテゴリの最新記事