[感想・考察]第4話 デカダンス[ネタバレあり]

[感想・考察]第4話 デカダンス[ネタバレあり]

タイトル

第4話 transmission

前半

カブラギの忠告を無視してパイプの捜索を続けたナツメ。

窮地に陥ったものの、カブラギの教えで平静を取り戻すことができた。

結果、ガドルを倒してパイプを救い出すことを成功。

そんな彼女の活躍を見たクレナイはナツメを「かの力」へスカウトするのだった。

中盤

カブラギの後押しも受け、かの力へ入隊することになったナツメ。

そんなとき、ガドルの巣を攻略するという「新イベント」の開催が決定した。

ギアたちが盛り上がる一方、「参加者の多くが死ぬ」という予定があった。

その予定を知ったカブラギは、力ずくでナツメのイベント参加を止めるのだった。

後半

参加を辞退せざるを得ない状況に陥ったナツメ。

そんな彼女にクレナイは「戦う理由」について問うてくる。

ナツメは戦いを終わらせて、人類が生きていた地を取り戻そうとしていた。

しかし義肢であるせいで、戦士になることを否定され続けてきた。

そこで考えついたのは「世界ではなく自分を変えて自信をつける」ため。

ナツメはカブラギの忠告を無視し、イベントの強行参加を決めるのだった。

Advertisement

解説

クレナイ

「かの力」を率いるタンカー出身の最強戦士。

ランカーとして活躍していたカブラギの大ファン。

「カブ様」と呼んで信仰しているほど。

戦う理由は「生の実感を忘れない」「カブラギに似合う女になる」ため。

ミンディ・ムンディ・メンディ

かの力で活躍している最年少の三つ子。

クレナイによってナツメの世話役に命じられた。

使い慣れていない武器を扱うナツメをミンディは不満に思っている。

ソウ・リョク

かの力の一員。

新イベント

エベレストを舞台にネストを攻略する史上最大級の戦い。

裏の目的は「以前活躍していた伝説の戦士を再び活躍させる」ため。

その中にカブラギも含まれている。

イベントを盛り上げるために、Sクラスのギアを凌駕するガドルが登場する。

ネスト

ガドルの巣の通称。

フェイ

暴走気味にギアになったナツメに不満を抱いている。

さいご

というわけで、デカダンス4話でした。


クレナイ

ようやく本編に関わってきました。

カッコいい女の人ですね、特にタンカー出身ってのが魅力的過ぎます。

人望が厚く、仲間からも慕われている。

ナツメが好きになった理由も分かったような気がしました。

とはいえ、カブラギが大好きだったことは意外ですね。

そこまでランカーカブラギの活躍は凄かったんでしょうが。

当時の彼が戻ってくるのは楽しみですが、はてさて。


ナツメ

今回はめちゃくちゃ悩まされていました。

応援されていたカブラギに突然反対されたんですもんね。

タンカーに真実を伝えることは違反行為になっちゃうんでしょうか。

カブラギの気持ちが分かるだけにナツメが悩むのもつらかったです…

悩みが晴れたのはいいですが、次回の展開は不安しかありません。

ナツメやクレナイが死ななければいいですがどうでしょうか。

とはいえ、ギアとして活躍するナツメはカッコいい。

ガドルとの戦闘シーンはめちゃくちゃよかったです。


というわけで、また次回。


Advertisement

http://decadence-anime.com/

©DECA-DENCE PROJECT

デカダンス Blu-ray BOX 上巻
小西克幸(出演), 楠木ともり(出演), 鳥海浩輔(出演), 喜多村英梨(出演), 柴田芽衣(出演), 青山吉能(出演), 小山力也(出演), 竹内栄治(出演), 立川譲(監督)
KADOKAWA アニメーション (2020-10-28T00:00:01Z)

¥15,246

デカダンスカテゴリの最新記事