[感想・考察]第9話 デカダンス[ネタバレあり]

[感想・考察]第9話 デカダンス[ネタバレあり]

タイトル

第9話 turbocharger

前半

「GGS」を起動するためにガドル工場へと侵入するカブラギとナツメ。

一方、矯正施設からターキーたちがガドルを攻撃し、ゾーンを展開させた。

そのおかげで混乱した工場内を順調に進むことができた。

そんな2人の前に立ちはだかったのはフギンとムニン。

彼らはターキーとサルコジの裏切りから、反乱が起こることを知っていた。

その様相が矯正施設でも見られ始め、次々にスクラップへと変えられていく。

仲間が虐殺されゆく光景に目を疑うサルコジ。

彼はターキーの企みを思い知りつつあったのだった。

中盤

この危機にジルは遊んでいたドナテロを脅迫し、加勢させようとした。

その思惑通りにドナテロは次々とゲーム警察たちを倒していく。

一方、ジルはゲーム警察をハッキングし、カブラギへの助力を与える。

そのおかげでカブラギはなんとかフギンの攻撃を免れることができた。

後半

サルコジはゲーム警察の攻撃を受け、瀕死状態となってしまう。

そんな彼をターキーは見捨てて去っていこうとする。

そのときにサルコジが思い出したのは決して諦めないカブラギの姿。

一方、ドナテロとターキーの戦いが勃発。

決着はドナテロがターキーを肥溜めへと叩き落として終結する。

そこでカブラギのように諦めないと決心したサルコジが登場。

彼は自らの命を犠牲に、肥溜めの大爆発を誘発。

結果ガドル工場の動力炉が破壊されることとなった。

それが幸いし、カブラギとナツメはフギンから逃げ延びる。

2人はついにGGSを起動させ、徐々にガドルが死滅していく。

その光景に戸惑うナツメにカブラギは言うのだった。

「この世界は全部、ガドルも身体も作り物なんだ。」

Advertisement

解説

GGS

ガドル工場の管理エリアにある通称「ガドル・ジェノサイド・システム」

起動することでガドルが死滅する。

ガドルの弱点

水質汚染には耐えられない「棘皮動物」であること。

ジルは降ってくるガドルの糞を燻して、水中に有害物質を流したのだった。

さいご

というわけで、デカダンス9話でした。


クレナイ

カッコいい女性でありながら、カブさんの前ではかわいい女の子、チョロい。

最初に見たときとは印象が一変しましたが、こんな姿もいいですよね…

カブさんとナツメに対して2つの顔があるからこそ良さもあるわけですね。


ターキーとサルコジ

2人一緒に退場とは。

…とは言っても、今後普通に出てきそうな気もしますが。

ターキーは最初から最後まで胡散臭かったですね。

サルコジは…カッコいいと言えるのかもしれない。

いいキャラにはなりましたが、好きにはなれなかったですね…

やはりポンコツ過ぎた。


ジル

改めて思いましたが、やはり作中一で有能ですね。

なぜここまで協力してくれるんでしょうか…

敵に回ってしまったらもう勝てる気がしない。


ストーリー

佳境に入ってきた感じでしょうか。

むしろあと3話どうなっていくのか…

ナツメがどう変化していくのかはかなり楽しみです。

ラストの動揺はかなり大きかったでしょうし。

闇落ちの可能性もあるんじゃないかとも思えます。

カブさんとナツメが一緒に暮らしていければいいですけどね。

なぜか大団円で終わる結末が思い浮かびません…


というわけで、また次回。


Advertisement

http://decadence-anime.com/

©DECA-DENCE PROJECT

デカダンスカテゴリの最新記事