[感想・考察]第12話 ド級編隊エグゼロス[ネタバレあり]

[感想・考察]第12話 ド級編隊エグゼロス[ネタバレあり]

タイトル

第12話「決戦! エグゼロス」

前半

知事「岩津 もがな」が怪しいと察した烈人たちは尾行を始める。

彼女の屋敷に到着し、チャチャが擬態して情報を探ることに。

…が、チャチャはなぜか彼女に付いて行ってしまう。

烈人たちはチャチャを追って屋敷に入ると、もがなの正体が女王キセイ蟲であることが判明。

さらに、もがなの罠にハマって捕まってしまうのだった。

一方、チャチャはもがなによって操られていた。

中盤

もがなの罠を打ち砕くため、烈人たちはタブーを犯すことを決心する。

一方、チャチャはもがなの催眠を打ち破り、エグゼロスの一員だと宣言。

そして罠を打ち破った烈人たちとともにもがなに立ち向かう。

後半

もがなは生物兵器を使い、逃走を開始する。

烈人と雲母はもがなを追う一方、百花たちは生物兵器に苦戦を強いられる。

そんな彼女たちにチャチャはビーストモードに変身させ、見事生物兵器を退治。

一方、もがなは雲母を操って烈人を捕まえようとしていた。

そんな彼女に烈人は彼女の好きなところを伝えて我に返すことに成功。

そして2人力合わせてもがなを倒すに至るのだった。

その後、丈の疑いは晴れて釈放。

エグゼロスサイタマ支部は再結成されることになった。

Advertisement

解説

岩津もがな

人間に擬態していた女王キセイ蟲、チャチャの親でもある。

能力は全てのキセイ蟲を意のままに操ること。

加えて、自らの血を与えた生物も操ることが出来る。

Hネルギーを得るため、エグゼロスを囚えて家畜にしようとしていた。

キセイ蟲の生物兵器

女王キセイ蟲の先祖が創造したタコのような兵器。

Hネルギーが好物で与えれば与えるだけ大きくなる。

触手に触れるとHネルギーを吸われてしまう。

サイタマ支部のタブー

メンバー間の同意の上でのスケベ。

さいご

というわけで、エグゼロス12話でした。


最終話でもいつものエグゼロスの雰囲気は変わりませんでしたね。

お色気はちゃんとあって、烈人と雲母のイチャイチャもあって…

これがエグゼロスらしさなわけですね。

ついにスーツ姿が見ることができました。

ギリギリでも1クール枠内だからセーフです。

女王を倒したということですが、ここからの強敵は誰になるんでしょう?

女王よりも強いキセイ蟲がいるんですかね?

個人的にはトーキョー支部との共闘が見たかったですね。

キャラの濃さとしてはサイタマ支部より強めでしたから。

今までとは色の違うお話が見られそうな気がします。


というわけで、今回はこのあたりで。


https://hxeros.com/

©きただりょうま/集英社・ド級編隊エグゼロス製作委員会 ©きただりょうま/集英社

『ド級編隊エグゼロス』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週金曜日 24:00〜 最新話地上波最速同時配信開始)

規制緩和された<Hネルギー解放版>も独占配信!

(毎週木曜日 12:00〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

Key20th MEMORIAL BOOK
Key20th MEMORIAL BOOK
posted with AmaQuick at 2020.09.26
Key/ビジュアルアーツ(監修)
KADOKAWA (2020-09-30T00:00:01Z)

¥4,400

ド級編隊エグゼロスカテゴリの最新記事