[感想など]第1話 手品先輩[ネタバレあり]

[感想など]第1話 手品先輩[ネタバレあり]

あらすじ

その1「未知の先輩」カワイイけどヘンな先輩登場!

その2「箱入り先輩」カワイイけど下品な先輩!

その3「呼び出す先輩」鍵とメロンパンと汁まみれ先輩。

その4「ハトと先輩」先輩、ハトを産む。

http://tejina-senpai.jp/story.html より引用

部活モノアニメを見るときは毎回憧れを抱いてしまいますね…

楽なのは絶対帰宅部だと思いますけど、
何かやっとけばこんな楽しい生活が送れていたのかな…って

そんな主人公の彼も帰宅部志望ながら部活動強制参加のために、
入る部活を考え中。

そこで目にした「奇術部」の文字、部屋に入ってみると。

こんなかわいい人がいたら目も奪われるってもんです。

アガリ症でいきなりゲロっていましたが、昨シーズンのアニメでも
1話でゲロった主人公の女の子がいたのでセーフです。

常備薬の人の字を3回飲んでゲロったところで、
2回目の新入生歓迎マジックを披露してくれるとのこと。

なんかもうひとつひとつの挙動がかわいすぎてずるい…

箱の中をガサゴソしていると、先輩のハットが動き出して、

\コンニチハ/

先輩は気づかずに、ハトは気持ちよく飛び立っていきます。

マジックを始めようとするも、ハトがいないことに気づいた先輩。

ハットの中に呼びかけてハトの調子を確認。

するとハットの中(先輩の口)から「お腹が悪いので休みます。」との声が。

せんぱいはやさしいなあ。

こんなことじゃへこたれない先輩は続いてお札切断マジックに挑戦。

うーん、腰。

嫌がる助手くんから千円を借りて封筒を切るだけの簡単なマジック。

固まる先輩と焦る助手。

なんと千円札は先輩の財布の中にあった!

わー、すごい。

帰ろうとする助手くんにメインディッシュの誘惑。

それでも帰ろうとしますが、マジックの題名「縛られちゃったカワイイ先輩」の
縛りの言葉に反応。

これで見なけりゃ男じゃないです!

縛られている先輩を獲物を狙う目で見る助手くん。

わかる。

焦る先輩。締まるヒモ。そして。

あーね。そうだね。

助手くんは今日1の反応で拍手を贈る。

ありがとう、先輩…


助手くんが外を歩いていると、人だかりを発見。

もちろんそこには、

失敗済みの先輩。また千円札切ってる…

そんな先輩に発見され、助手くんは逃げます。

足の早い先輩。手品以外のスペックは高そう。

手品先輩の場繋ぎに助手くんが手品を披露すると、意外と高評価を得ます。

そんな助手くんに嫉妬の眼差し。かわいい。

大変お待たせした手品先輩は、
鍵をかけた箱の中から脱出するマジックを披露します。

なるほどね。

動かなくなった箱に諦めを感じて、助手くんは箱とともに逃げます。

少し離れた場所で箱の中を確認すると、

「下品すぎる。」


教室の席で家の鍵を探す助手くん。

鍵見つからないときは変な汗すごい出ますね。

すると放送から助手くんを呼ぶ手品先輩の声が。

助手くんは急いで部室に向かいます。

髪上げてるも先輩かわいい。

先輩は助手くんに食べるよう促すも怪しみこれを拒否、先に先輩が食べます。

うーん、なるほどね。

助手くんも普通であることを確認したのでパンを食べます。

中から出てきたのは助手くんが探していた鍵。

手品先輩、なかなか派手なことしますね…

手品先輩はまた箱入り先輩になってしまいましたとさ。

箱から鍵を壊して脱出できた先輩。

パンを食べている助手くんに手品を披露しようとするんですが、

「食事中だけでも静かになりませんか、先輩って止まると死ぬんですか。」

「そうよ!先輩はマグロなの!」

「マグロ!?」

という会話がありました。別にいかがわしい会話ではないです。

次に行うは指切断マジック。今回は飛ばしてますね…

そんな先輩に驚いた助手くんはパンを喉に詰まらせ、さあ大変。

ここで新聞紙をコップ代わりにするマジック。

あっ!あーっ!助手くんが死んじゃうー!

一大事な助手くんは先輩から無理やり牛乳を取ろうとしますが、
マジックを披露したい先輩は応戦。

あーっ!

あーっと!

あー!!

助手くんは生唾で助かりました。


手品先輩、今回は中でハトが鳴く荷物を手に登場。

冒頭の手品の反省を生かし、ハトと仲良くなることにした模様。

私も先輩と仲良くなりたいですけど。

そんなハトに興味津々の助手くんに先輩からの個人レッスン。

手品で使うハトはジュズカケバトという種類の中の、
白変種であるギンバトを使用します。

このハトは他の種類のハトより小さく、見やすいから適しているみたいですね。

ちなみに日本に多く生息しているのは、キジバトとかドバトという種類です。

先輩はケージからハトを取り出そうとします。

見事一噛みされ、ハトは自由に飛び回ります。

そんなハトを大人しくするため、胸から取り出したるは鳥のごはん。

ごはんよりおかずとはうまく言ったもんですね…

服の中で暴れまわるハトさん。いやそうはならんやろ。

と、突如苦しみだす手品先輩!

これがハト出産マジック…恐れ入りました…

ハトが大空へ飛び立ちます。

名前は「バハムート」です。

バハムートの帰還が待たれます。


というわけで手品先輩第1話でした。

じっくり見てみると15分とは思えない魅力のあるカットの多さでした。

手品先輩のかわいさだけでも1クール行けると思ってましたが、
話も面白く美味しさが何度も味わえるアニメとなっていますね!

ポンコツな先輩でしたが、ここから評価が上がっていくんですよ。

新キャラも増えていくでしょうし、
次話以降も非常に楽しみなアニメです。

私はやっぱりハット被ってる手品先輩が一番好きです。


それではまた!

©アズ・講談社/手品先輩製作委員会

手品先輩カテゴリの最新記事