[本編まとめ]第10話 月が導く異世界道中[感想・考察]

[本編まとめ]第10話 月が導く異世界道中[感想・考察]

タイトル

鬼の隠れ里

森鬼

森の管理者「アクア」「エリス」に襲撃された真たちと冒険者パーティー。

この場を乗り切るため、まず冒険者たちは巴に頼んで蜃気楼都市へと迷い込ませる。

我を失った澪には真自身の血を吸わせて正気に戻すことが出来た。

そして澪の闇魔法によってアクアとエリスを無力化したのだった。

アクアとエリスの案内で一族の村を訪れた真と澪。

彼らの種族は「森鬼」

長老代表「ニルギストリ」曰く、森鬼はエルフとは違って知識を糧に森を管理していた。

しかしその説を否定するのはニルギストリの息子「アドノウ」

彼は森鬼がエルフの祖だと考えていた。

「村に張ったある龍の結界が弱体化した」現状で森に隠れ住み続けることを嘆いていたのだ。

その後、真と澪が対面したのはアクアとエリスの師匠「モンド」

彼は馴れ馴れしく興味深げに真の手を握っていた。

…が、それに嫉妬した澪によってぶっ飛ばされてしまうのだった。

彼らに不信感を抱いた真は澪を偵察へと送り込んだ。

結果、判明したことは2つ。

アドノウは魔族との繋がりがある。

モンドは何者かに憑かれている。

リッチ

森鬼たちからの歓迎の宴を受ける真。

その最中にモンドがアドノウの生気を吸って殺してしまう。

実はモンドに取り憑いていたのは「リッチ」

リッチは知の探求に執着するあまり、不死の身体に転じてしまった存在。

アドノウが持つ知識を自らが顕現する糧にするために。

そして魔族との繋がりがあるアドノウが邪魔になって殺してしまったのだ。

リッチは真が持つ知識をも狙って攻撃を始める。

…が、真は闇魔法を巧みに操り。リッチの魔力を食い尽くしてしまうのだった。

ちなみに森鬼たちが宴を開いたのは真を油断させて極刑に処すため。

そんな考えを持つ彼らを、村に結界を張った張本人である蜃もとい巴が強く諌めたのだった。

亜空に戻り、リッチから事情を尋ねる。

彼が知識を求めていた理由は「グラントに至る」ため。

グラントとは「ヒューマンの上位種」のこと。

しかしリッチが持つ知識には思い違いがあった。

彼はグラントは「異なる世界に自由自在に移動が出来る存在」だと考えていた。

しかし実際は他の世界に渡ることが出来たヒューマンはごく僅か。

失敗した9割のヒューマンたちは命を落としてしまう。

つまり「世界を渡ることが出来た者」がグラントと呼ばれているのだ。

今までの努力が無駄だったと知らしめられ、絶望に暮れるリッチ。

そんな彼を真は従者として契約するのだった。

襲撃

意味もわからず、魔物が暮らす蜃気楼都市に連れてこられてしまった冒険者たち。

そんな彼が狙いを定めたのは「宝物庫」

街の中では爆発が発生し、巴は血を流して倒れてしまうのだった。

Advertisement

感想・考察

森鬼

アクアとエリスの2人は本当にかわいい、特にエリスは見ていて飽きません。

今後の出番は多くなさそうですが、これだけなのは勿体なく感じてしまいます。

森鬼との関係は良好となりそうですし、準レギュラーぐらいの登場頻度で見ていたいものです。

閉鎖的な一族であったのに結構腐敗は進んでいるようでしたね。

なぜこの狭い空間の中で2人も企みを持つ者が紛れ込んでいたのか。

今回退場にはなりましたが、アドノウと繋がっていた何者かはとても気になりますね。

なんとなくレンブラントにも繋がっていそうな気がしますが、はたして。

ここのパートは澪の活躍が多めで嬉しかったです。

我を失っていたあの顔はまさにアルケーのそれでしたね…

めちゃくちゃ真の血を飲んでいたところ好き。


リッチ

いちばん重要なのはリッチよりもグラントの存在でしょう。

真の両親がグラントであることには間違いはないのでしょうね。

世界を渡ろうとした動機諸々も今後深堀りされていきそうなので楽しみです。


襲撃

やはりあそこで消しておくべきだったか…

こんな危機的状況が到来するのは初めてなのではないでしょうか?

巴が倒れたってことは分体ちゃんに何かあったということですかね?

2人とも大好きなキャラなので無事でいてくれればいいんですが…


https://tsukimichi.com/

©あずみ圭・アルファポリス/月が導く異世界道中製作委員会

『月が導く異世界道中』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

(毎週水曜日 23:30〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

月が導く異世界道中カテゴリの最新記事