[本編まとめ]第5話 月とライカと吸血姫[感想・考察]

[本編まとめ]第5話 月とライカと吸血姫[感想・考察]

タイトル

離ればなれの訓練

宇宙飛行のための実験体

11月29日。

共和国最高指導者フョードルの秘書「リュドミラ・ハルロヴァ」が視察に現れる。

リュドミラが伝えるのは「宇宙飛行士になることのできる人数」

相対している連邦の人数は「7人」

それよりも上を行くために「6人」にすることが決定したのだ。

しかし候補生たちには気がかりなことがあった。

内容は「先日の爆発事故」について。

彼らは自分たちが乗船する宇宙船が墜落する可能性に懸念を抱いていたのだ。

しかしリュドミラは全く問題とも思っておらず、平然とした顔を浮かべていた。

「そのために実験体がいるのだから。」

連邦が実験体にチンパンジーを選んだ一方、共和国が選んだのは吸血鬼。

「猿よりも吸血鬼は役立つ」と候補生たちを安心させるのだった。

降下訓練を行っている最中に候補生の一人が事故で倒れてしまう。

それを見たリュドミラはレフに「おめでとう」と声をかけたのだ。

なぜなら「候補生が一人いなくなることは補欠のレフの繰り上げが期待できる」から。

しかしレフは他人の不幸で復帰することなど全く望んでいなかった。

孤独訓練

孤独訓練中のイリナを視察するリュドミラ。

そんな彼女にレフは「イリナの実験終了後の処遇」について尋ねる。

レフのイリナの身を案じる姿には情が湧いていることも一目瞭然。

「私情を挟むな」「失敗は許されない」とリュドミラは忠告するのだった。

一方、訓練中のイリナは少しずつ心を病み始めていた。

イリナが思い出したのは「人間に村が襲われた過去」

故郷の住民たちは殺され、イリナを守ろうとした両親も殺されてしまった。

そしてイリナ自身も廃棄処分とされうる実験体となってしまった。

それでも人間の反発心から必死に耐え忍んでいたのだ。

…が、レフが恋しくなっているのも確かだった。

11月30日。

訓練開始から5日、ようやくイリナの孤独訓練が終了。

憔悴したイリナは無意識にレフの名前を呼んでしまう。

それにはレフも嬉しさを隠しきれなかったのだった。

レフの決意

12月2日、打ち上げまで10日。

イリナが孤独訓練を終えて以来、レフは暇さえあれば彼女の降下訓練に付き合っていた。

それはイリナを死なせたくないという固い決意の表れだったのだ。

一方、ザガレッチの助手フランツの異動が決まっていた。

イリナを生きて帰らせるために親身になって訓練に付き合うレフ。

それはイリナが「同じ夢を見る同志」であると認めたからだった。

そんな人間の彼であっても、イリナの認識は変わっていたのだった。

芽生えた恐怖

12月3日。

訓練中に二人は空から何かが落ちてきたのを目撃する。

様子を窺うために向かうと、そこにあったのは「実験に使っていた宇宙船」

中には実験犬の遺体が乗っていたのだ。

実はその宇宙船は打ち上げに成功はしたものの、大気圏再突入時にトラブルが発生。

そこで機密事項を隠蔽するために自爆させていた。

当然、イリナが乗船する宇宙船にも自爆用の爆薬が搭載されることが予定されていたのだ。

さすがのイリナも動揺を隠すことができない様子。

そんな彼女をレフは立ち直させることを決心するのだった。

Advertisement

感想・考察

宇宙飛行のための実験体

イリナへの認識はアレですが、リュドミラさんのキャラは好き。

味方になった時にはすごい活躍をしてくれそうな雰囲気が伺えますね?

連邦の様子は見えませんが、向こう側も結構頑張っているんだなって。

実際の技術力は連邦の方が上である可能性は十分にありそうです。

共和国は悪いことを隠蔽しまくっているからしょうがない。

まあ連邦も隠蔽しているかもしれませんし、向こう視点での展開も見てみたいものです。


孤独訓練

あの回想を見れば、本当に実験体に志願したのか疑問を覚える人間サイドの残虐っぷりでした。

選別することなく全員を実験にかけてもおかしくなさそうですしね。

ロリイリナエピソードも見せてください、お願いします。


レフの決意

今までも感じてはいましたが、ここに来てもまだ日に日に絆は深まっているようです。

つらいときに思い出すのがレフとか…徐々に尊さを感じられるようになってきました。

改めて今の関係だけで終わるのがもったいなく感じますよね。

対等に付き合っていける環境で何の変哲もない日常生活を送っている光景が見たいんだ…


芽生えた恐怖

完全に足を引っ張られている展開だな?

これがなければすんなりイリナは宇宙船に乗れていたかもしれないのに…

逆に恐怖が芽生えたからこそ、いい方向に向かう可能性もあるかもしれませんが。

まあ残り僅かにしてイリナが立ち直れるかどうかは見ものです。

一方で技師のスラヴァさんの心労も相当のようです。

イリナが乗る宇宙船に爆弾を乗せることにも躊躇いがあるようですが。

イリナのためというより、自分が作った宇宙船を爆破させることが嫌なんですかね?

さてスラヴァは打ち上げまでに十分な宇宙船を仕上げることができるんでしょうか…


https://tsuki-laika-nosferatu.com/

© 牧野圭祐・小学館/「月とライカと吸血姫」製作委員会

『月とライカと吸血姫』見るなら『dアニメストア』

11/1(月)24:30より配信開始!

(毎週月曜日 24:30〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

月とライカと吸血姫カテゴリの最新記事