[感想など]第6話 通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?[ネタバレあり]

[感想など]第6話 通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?[ネタバレあり]

あらすじ

第6話

なんという美少女…いや母さんじゃなくて。

その格好で近寄るなやめろ。

白瀬の根回しもあり真々子も学園に登校して、

メディママと同じように真人たちの授業を参観することになった。

自分の魔法が通用しない真々子に対して、

メディママは強いライバル心を燃やす。

さらに真々子はアイテムクリエイションの授業で

行われた調理実習では、一緒に料理を始めてしまったり、

水泳の授業では旧スク水姿で参加したりと天真爛漫な行動の連続。

水泳ではメディママも自信満々でセクシー水着姿を披露するが、

真々子ばかりが人気で怒りがメラメラ。

そんなメディママを見て、嘲り毒づく声を真人は聞く。

https://okaasan-online.com/story/06/ より引用

学園の朝。

真人はメディと一緒に学校へ。

会話の流れでいい感じの雰囲気になり、ウキウキの真人。

そこに唐突に現れる妨害。

まあそういうことですね。

遅れて来るお母さんたち。

そして現れるメディママ。

今日はお母さんに負けないために準備万端できました。

対抗心はメラメラ。

お母さんはいつも通りの対応ですが。

真人の学園生活はもうお母さんありきになりました。

かなしいなあ。

そこに聞こえる呟き。

「勝つとかうっざ。」

誰が言ったんだろうなあ。

メディたちは何事もなく学校に入っていくのでした。


今日はアイテムクリエイションの授業。

調理実習です。

戦闘職には稼ぎようのないこの場。

しかしうちにはポータがいるのです。

いいものできるかなー。

卵が皮が向きやすい大成功ゆで卵になりました。

さすがポータ。

ワイズもゆで卵作りに挑戦。

どうしてこうなった。

次は真人。

爆発しました。

やはり生産職じゃないと無理なのか…

しかし、メディ。

綺麗な料理を作り上げます。

かわいい女の子は料理もお上手。

ワイズはなにかに気づきます。

メディママの幻惑魔法で誤魔化しているようです。

メディがそんなことするはずない!

真人は身を持って確認します。

一体なにを食べたんでしょう…

今日もメディのためには手段は選ばないメディママ。

こっちではお母さんが料理を作り始めます。

そういうとこだぞ。

真人は味見を頼まれます。

しかし真人は猫舌。

お母さんがフーフーしてくれます。

しょうがないから味見。

すると状態付与、
アイテムクリエイションの成功率上昇に。

これは母親特殊スキル「母のフーフー」

2回フーフーで効果は2倍。

ワイズとポータにも母のフーフーを恵んでもらいましょう。

フーフー。

やったぜ。

いいものできるかなー。

これが母のフーフーの力…

ご褒美にお母さんの抱擁。

メディも褒めようとしますが、メディママが静止。

他人を褒めるなんて馬鹿らしいことを!

メディママに全てを決められるメディ。

彼女の意思などそこには存在しません。


お昼。

調理実習で作ったものを食べましょう。

余ったものはタッパーに入れて持ち帰り。

そんなところにシラッセが現れます。

曰く、お母さんに急ぎの用件があるとこのこと。

そして徐にお母さんを弄り始めます。

サイズ測定は済んだと言うシラッセ。

午後の授業に何か含みを持たせて来ますが、
一体何があるんだろうなあ。


そして始まるプールの授業。

あー、そういうことですね。

真人は魂が抜けたかのように、
これからお母さんが来る現実を受け入れられません。

そこに現れるメディ。

メディの水着を見て元気になりました。

そして現れ始めるお母さん勢。

メディママは大人の魅力を見せつけます。

しかしこれは序章。

これから真人にとっての悪夢が始まります。

そして現れるお母さん。

中身はスク水旧型。

あらあら。

適当な顔の男の子モブが大興奮です。

その後、勇者真人の姿を見たものはいない。

メディママは激おこ。

大人の魅力を見せつけたのにも関わらず、
全部をお母さんに持っていかれてしまいました。

そして聞こえる謎の声。

「毒母ざまあ。ウケる。」

メディには異変がないようですが。

ワイズが毒母なんて言うわけないだろ!

お母さんからの応援で、みんな頑張りましょう。


課題はプール内に現れるモンスター退治。

真人のフィルマメントが暴れるぞ!

まあ空系のモンスターは現れないんですけどね。

そんな間にメディはモンスター退治を始めます。

メディは殴りヒーラー。魔法なんていらねえんだよ!

これもメディママの指導方針。

ただのヒーラーではダメなのです。

自分で戦ってこそヒーラーの頂点に立てるのです。

真人もモンスター退治を開始。

お母さんのエールを受けて、でっかいタコを退治。

ドロップはでっかいタコ足。

ポータのアイテムクリエイションで、
たこ焼きパーティーセットになりました。

異常状態を回復するたこ焼きを焼けます。

プールサイドがソース臭くなりそう。

ワイズは魔法封じされたので、タコパに参加。

そうしている間にもメディは、
モンスターをどんどん倒していきます。

メディには負けないぞー!

メディとのデッドヒート。

真人はキツくなってきますが。

お母さんからの声が。

順位なんて関係ありません。

怪我がないことが何よりの大事。

一生懸命でやっている真人は、
お母さんにとっての一番なのです。

真人はその言葉に奮起。

最後の力を振り絞ります。

一方メディママからも。

何が何でも一番になること。

「誰もが認める一番でなければ、あなたに意味はないわ。」

その言葉に衝撃を受けたメディ。

力が抜けたように、そのまま水面に上がってしまいます。

「あー、もう一番一番って、うっとおしい。死ねばいいのに。」

そこに現れる巨大モンスター。

イソギンチャクです。

触手が真人とメディに迫ります!

と、思ったら矛先を変え、お母さんに。

イソギンチャクはママ大好きっ子だったのです!

あらあら。

触手はそういうもの。これは決定事項なのです。

さすがに真人もこれには激怒。

ポータがお母さんに剣を渡します。

お母さんからのキツいお仕置きで触手をぶった切り。

そして宙に浮いたイソギンチャクを真人が討ち取りました。

こうして真人は1位になりました。

やったぜ。

ポータも生産職で1位に。

ワイズはたこ焼き3皿完食。

1皿8個で合計24タコ撃破。

ワイズちゃんがトップだし…

お母さんは真人を祝福の抱擁。

えらいぞー。

そこで鳴り響く頬を叩く音。

メディママはメディが2番をだったことに激怒。

頑張ったではだめなのです。

1位を取らなければ意味がないのです。

そしてメディはその場を立ち去っていきます。

あとを追う真人とお母さん。

お母さんもメディの異変に気付いていました。

そしてメディを発見。

メディママへの怒りを呟きながら、
一心に壁を蹴り続けます。

現実を突きつけられ、落ち込む真人。


というわけでお母好き6話でした。


ついにメディの母への感情が明らかに。

どうしてメディママは、
教育ママとなってしまったんでしょうか…

分かる分からないで言えば、
ワイズの時よりは分からない話でもないですね。

無干渉と過干渉。

やはりほどほどが一番なんですね。

メディにはずっとお上品でいてほしい…


今回はポータの出番多めでよかったです。

メディの問題が解決されたら、
次はポータ回になるんでしょうか。

出番が多くなることは喜ばしいですが、
暗い顔をしたポータはあまり見たくない…

いずれにせよ楽しみですね。


ではまた次回。



©2019 井中だちま・飯田ぽち。/株式会社KADOKAWA/お母さんは好きですか?製作委員会

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?カテゴリの最新記事