[感想など]第22話 Dr.STONE[ネタバレあり]

[感想など]第22話 Dr.STONE[ネタバレあり]

タイトル

第22話 THE TREASURE

アバン

マグマとゲンの企み

マグマを伴い、千空とクロムはタングステンの採取に行くことに。

マグマは3人きりになることに対し、何かを考えている様子。

そんな彼にゲンは何かを耳打ちするのでした。

そして3人を見送ったゲンは、この時を待っていました。

千空がいない石神村で彼は何かをしようとしているのです。

Aパート

不安

千空たちは1つの洞窟に辿り着きました。

そこから流れる川の温度は少し温い。

つまり、お宝ゲットの期待が高まるのです。

クロムはマグマが同行していることを恐れている様子。

千空の寝首をかかれれば、彼が村を乗っ取る可能性があるのです。

しかし千空はそんなことは気にしていません。

タングステンの採取にはどうしてもマグマのパワーが必要。

リスクについて考えてもしょうがないのです。

落とし穴

奥へ向かうと、雲母でできた場所に到着。

雲母は脆く、そこかしこに天然の落とし穴が形成されています。

つまり、立っている場所がすぐに崩れてしまう可能性もあるのです。

落ちてしまったが最後、ロープやハシゴでは上がることは出来ません。

とその時、マグマが千空を突き飛ばします。

そしてマグマが足をついた場所が崩れ、穴へと落ちていきます。

しかし千空がなんとかマグマを手を掴み、ひとまず落下は防げました。

クロムはマグマが裏切ったと思い、見捨てるよう千空に呼びかけます。

それに連なり、マグマも野望を吐露。

彼はこの洞窟で2人を殺すつもりだったと。

そして恨み言をつらつらと並べます。

千空の世界ではヒョロガリが筋肉を牛耳っても、ここは逆。

千空がいなければ、自分が一番の男だったと。

それでも千空はマグマを離さず、足場が崩れ2人は落ちていくのでした。

脱出のために

穴の中。

マグマは拗ねる一方、千空は脱出方法を考え中。

するとマグマの頭上から水が垂れてきます。

すぐ近くにある湖から、クロムが瓶で水を流しているのです。

中に水が貯れば、泳いで上に上がれるかもしれないから。

その発想を聞いた千空は計算を開始。

必要な道具、水温から低体温症になる時間、穴に水の貯まる速度…

答えを導き出した千空は、クロムにあるものを作らせます。

マグマはガスボンベを穴から投げ、クロムがそれをキャッチ。

そしてクロムはボンベの管を使い、何かを作ります。

その光景に千空はマグマに思い知らせます。

ヒョロガリが筋肉を牛耳っていたのではなく、手分けしていただけだと。

どちらが欠けても科学文明は成り立たない。

さらにはどんな人間でもなにかの役に立つ。

つまり、いろんな人間がいることと強さは等しくなるわけです。

そして千空はマグマに、この世界では決して見られないものを見せることを約束するのでした。

面白いもの

管を使い、湖から穴へ「サイフォンの原理」で水を流します。

水は溜まりつつありますが、千空は寒さで震えてしまいます。

これでは水が溜まりきるまで千空の身体が保ちません。

それを見たマグマは千空に話します。

司を倒すまでは長であることを認めると。

そして、必ず面白いものを見せろと言うのでした。

マグマは千空の足元に潜り込み、下から千空を投げ上げます。

そして千空は穴からの脱出を成功するのでした。


Advertisement

Bパート

ホモ展開の回避

マグマのおかげで最悪の事態は免れました。

それは二人が命を落とすことではありません。

二人が水の中で身体を温め合うことです。

マグマの目的

3人が奥へ向かうと「スカルン鉱床」を発見。

様々な鉱石が採取できる、まさに自然の宝石箱です。

地中のマグマで煮立った水が、石灰岩に流れ込む。

そして様々な成分が石に溶け込み鉱石となる。

つまり、マグマが加わったおかげでレアな鉱石がゲットできるわけですね。

千空は特製の採掘具をマグマに渡し、それを掘り出してもらいます。

しかしマグマは鉱床ではなく、二人に武器を振り上げます。

マグマが待っていたのはこの時でした。

武器もない2人は抵抗できず、鉱石を取るために武器を持っても警戒されない。

彼はこのタイミングで2人を殺そうと思っていたのです。

しかし実際はそうはしませんでした。

振り上げた武器は鉱床に刺さります。

千空には彼が助けようとしたことが分かっていたのです。

ここで殺そうと思っていたから、落とし穴で千空を助けたと。

クロムは事実を知り、マグマに謝罪。

一発殴ってもらい、気を晴らしてもらおうとします。

しかし、マグマにとってはもうどうでもいいこと。

マグマは千空を認め、二人を殺す意思は既になくなったのです。

そしてマグマのおかげで、タングステンの採取に成功するのでした。

それを手に、クロムは語ります。

タングステンはとても硬い宝です。

しかしこのダンジョンで、もっと堅い3人の仲間の絆を手に入れたと。

その言葉に、千空とマグマからはドン引きされるのでした。

ゲンの思惑

千空とクロムはタングステンだけでは満足せず、様々な鉱石採取に熱中。

そんな姿にイライラしつつ、マグマは出発前のゲンの言葉を思い出します。

3日後の夜までに千空を帰らせてほしいと。

その夜が近付いているのです。

鉱石に夢中な二人を引っ叩き、村へと帰らせます。

村が近づくと、千空はマグマに目隠しされ、ある場所へ拉致。

到着した場所にはゲンやコハク、金狼銀狼たちがいました。

彼らはゲンとグルだったのです。

その様子に千空は俯き、動揺。

彼らは村で安全に暮らすために、千空を司に突き出すつもりなのでしょうか…

コハクが千空の目隠しを取ります。

すると千空が目にしたものは土星でした。

土星が見られたのは、天体望遠鏡によるもの。

そしてこの場所は天文台だったのです。

誕生日プレゼント

千空は昔を思い出します。

彼は昔から宇宙に思いを馳せ、望遠鏡を覗き夢中になっていた。

そして父が行った場所も宇宙。

彼にとって宇宙とは、心を埋め尽くすのに十分な存在なのです。

今日は1月4日の石の日、千空の誕生日。

これは石神村全員からの千空への誕生日プレゼントなのです。

ゲンは千空を見送った後、すぐにコハクたちに誕生日のことを伝えた。

そしてうろ覚えの技術で天体望遠鏡を作ろうとしたのです。

その光景を見て、村人総出で手伝いを申し出ました。

そして彼らによって作られたのが天文台だったのですね。

千空は大満足。

VS司への物見櫓にちょうどよく使用できます。

第一印象

とはいえ、千空は今まで誕生日について話したことがありませんでした。

ゲンが千空の誕生日を引っ張り出したのは、以前年齢の話をしたとき。

千空は年齢ではなく、生きていた日数で記憶していた。

そのときに話していた日数から、誕生日を計算したわけですね。

しかし、千空が石化が解けた日数を知らなければ、逆算は出来ません。

ゲンの石化が解けたのは、千空よりも後だし、話したことはない。

ゲンがその日数を知ったのは、「書いていたから」。

千空は目覚めてすぐに、木に年月日を記していた。

ゲンは石化が解けてすぐにそれを目にしたのです。

そして彼の中で、それを書いた千空への期待度はマックス。

ゲンは千空と会う前から、そんな彼のことが好きだったのです。

村の住民もまた、ゲンのように彼のことが好きなのですね。

それに対し、千空は「気持ち悪い」と言い、頬を緩めるのでした。


Advertisement

まとめ

・マグマは二人を殺すつもりだったが、千空に興味が湧き思いとどまる。

・千空は村の住民から、天文台を誕生日プレゼントとしてもらう。

・ゲンが千空の誕生日を知っていたのは、誕生日数と千空が木に彫ったこの世界に来た年月日を見たから。

さいご

というわけで、ドクターストーン22話でした。


めちゃくちゃいい回でしたね…

マグマとの関係もそうですが、特に誕生日の下りが。

千空の記したアレを見たゲンのシーンはちょっとウルっと来ました。

そりゃあヤベえやつって興味は湧きますよね。

それにコーラを押し付けられちゃ、寝返るのは必至だったってことですね。

ヤバイよ、ゲンがどんどん好きになっちゃう…

これ以降もどうせもっと好きになっちゃうんだ、知ってる。


マグマは裏切りなんてしませんでした。

私はマグマのことを信じてましたし。

裏切るなんてちょっとしか思ってませんでしたし。

それにしても、心強い仲間になってくれました。

戦闘面でも頼れますし、今後の活躍が楽しみですね。


そろそろ司との決戦かなと思いましたが、尺的に微妙…

2話じゃ終わらないんじゃないかな…

ってことは2期の可能性が、もしかして映画かも。

これは楽しみになってきましたね…


ということで、また次回。


https://dr-stone.jp/

©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会

Dr.STONEカテゴリの最新記事