[感想など]第24話 Dr.STONE[ネタバレあり]

[感想など]第24話 Dr.STONE[ネタバレあり]

タイトル

第24話 声は無限の彼方へ

Aパート

ケータイは2台必要

千空はゼロから石器時代において、ケータイを完成させました。

これを使えば遠くの人に声が届けることが出来るのです。

とはいえ、それをキャッチする方法は…

もちろんもう一台作る必要があります。

それを言わなかったのは、心が折れてしまうからなのですね。

とはいえ、コードを伸ばせば電話としては使用することができます。

ということで、クロムの声を村内のルリに届ける試験を行います。

そこで銀狼たちの期待は「クロムの想いの告白」。

初めて送る言葉としては完璧です。

クロムの告白

そこでクロムは想いを伝えることを決心します。

そしてクロムが伝える言葉は…

「見たか、ルリ!やべーだろ!科学はよ!」

銀狼たちはクロムの鈍感さに失望するのでした。

百物語その14

ルリたちは声が届いたことによる、どよめきは止まりません。

するとルリは「まるでスピーカー」だと話します。

その言葉に千空は驚愕。

さらに子どもたちが「スピーカーなら蜂」だと口々に話します。

ルリたちはスピーカー=蜂の種類だと認識している様子。

そう伝わった理由は、百物語にありました。

百物語その14。

スピーカーというおしゃべりが好きな蜂がいて、

墓石に針を刺すと、死者の声を喋ることができた。

ほとんどの百物語は知識継承のためのもの。

なのに、この物語は何の意味も持っていません。

まるで「スピーカー」という言葉で現代人だけに何かを伝えているような…

さらに物語その14、いし、つまり千空の誕生日。

つまり、創始者の墓標に何かあると察し、千空たちは墓地へと向かいます。

百夜が遺したもの

墓標をよく見ると、コンクリートで固めたタイムカプセルだと判明。

ということで、コハクに墓標を開けてもらいました。

すると中から現れたのはアルミホイルでくるまれたもの。

それを塩酸で洗うと、瓶底を切り取ったような円盤が姿を現します。

「円盤」「スピーカー」「針で喋る」。

つまり「レコード」。

その通り、円盤にはいくつもの窪みが掘られています。

このなかに百夜たちの声が込められているわけですね。

わざわざ彼らが音にしてまで残したもの。

どんな唆るものが現れるのでしょうか…

天国にいても、今このときに千空に語りかけることが出来る。

ルリは科学が素敵なものであることを、改めて実感するのでした。


Advertisement

Bパート

レコードの仕組み

とはいえ、レコードの仕組みについてクロムたちはちんぷんかんぷん。

針で掘りながら音を出すことで、振動が発生し、穴を削っていく。

逆にその針をなぞることで、その音を発生させることができるわけですね。

ですが、百夜がそんな事を知っているはずないと千空。

宇宙飛行士という、科学エリートの力によって作られたもの。

とはいえ、思いつきこそ彼自身だと千空は考えます。。

作成

回想。

百夜は瓶が流れ着いたのを発見し、レコードを作ることを発案。

一同に協力を頼むも、シャミールはすぐに家を出ていきます。

しかし彼はそれを阻んだのではなく、すぐにでも作成に取り掛かるため。

ソユーズ内を探して、役に立つものを集めに行ったのです。

というわけで、協力しつつレコード作成を行います。

一方、千空たちはレコードプレイヤーの作成へ。

その作成には、今まで作ったものを再利用していきます。

そして針には「裁縫用の骨の針」を使用します。

とはいえ、録音する側はもっと硬い素材が必要となります。

コランダムやダイヤモンドでないと、ガラスは削れないのです。

回想。

ダリヤとヤコフは針として、ダイヤモンドの結婚指輪を差し出しました。

百夜はリリアンはそれの使用には憚られますが…

「ダイヤも喜ぶ」と、快く譲ってくれたのです。

百夜は涙をためながら二人に感謝を伝えるのでした。

そして一同は協力してレコード作りを行います。

その様子と同じように、千空たちもレコードプレイヤーの作成。

千空たちはレコードプレイヤーを完成させました。

そして再生の時。

「創始者様の声が聞ける」と、住民勢揃いです。

針を置くと、百夜の声が流れ始めます。

彼はハナから千空がこれを聞いているとお見通し。

感動の親からの言葉…と思いきや、すぐに本題へ。

百夜も千空もドライなのでした。

百夜たちが伝えるのは、住民を掌握するための力。

すると聴こえてくるのは、リリアン歌唱の曲でした。

百夜がレコードを作ろうとしたのは、人類の生み出したものを消さないため。

そして、千空が唆るものを残すために。

千空は今まで辿ってきた道のりを自然と思い出します。

そして、音楽を知らない住民はあまりの美しい声に驚愕し、涙。

心の中にだけ

クロムは大興奮し、昔のやべーもんへの思いが募ります。

音楽だけでなく、科学の進歩で様々なエンタメが産み出されました。

世界には面白いものがたくさんありました。

しかし、今では現物は全て消え去ってしまったのです。

それでも人類の心のなかに未だ残っている。

そして千空は約束します。

司帝国を倒し、世界中の石像を復活させ、全てを見せることを。

音楽の魅力に直面した住民が、興奮しないわけがありません。

司帝国打倒に向け、住民たちのやる気は一気に高まります。

百夜の力で住民に、旧人類復活のモチベーションが生み出されました。

ゲン曰く、これで千空の彼らを巻き込んだ引け目も消えるのではないかと。

当の本人は「引け目は無い」と答えますが。

言葉通り

千空のもとにコハクが来て、話しかけます。

「あのときの言葉を実現させた」と。

「あのとき」とは、千空とコハクが初めて会ったときのこと。

千空により、石神村は「科学の村」となったのです。

科学王国の「2人」

これから行うのは、もうひとつのケータイ作り。

そしてそのケータイを使うのは「あの2人」。

これで科学王国の全員、全戦力と繋がるというわけです。

大樹と杠は司帝国に潜入して、もうすぐ1年が経過。

大樹は千空への思いが昂ります。

ストーンウォーズ

司帝国には様々な強力な戦力が備えています。

そして司は決心します。

科学の火を永遠に絶ち、汚れのない新世界を作り上げることを。

VS司帝国、本土決戦。

ついに、ストーンウォーズが開幕します。


Advertisement

まとめ

・百夜は百物語の中に細工を仕込んでおり、レコードを残していた。

・レコードには百夜の声とリリアンの歌が残されていた。

・リリアンの声により、住民の旧人類を助けるモチベーションアップ。

・ケータイをもう一つ作り、大樹と杠と繋げる。

・ストーンウォーズがもうすぐ開幕。

・2期!!!!

さいご

というわけで、ドクターストーン24話でした。


[ 百夜は百物語の中に細工を仕込んでおり、レコードを残していた。 ]

本当にこの人は粋なことをしますね。

もう、百物語の下りから涙が出始めました。


[ レコードには百夜の声とリリアンの歌が残されていた。 ]

遺した言葉が完全に百夜。

涙腺に来るに違いないじゃないですか…

2クールあっただけに、時間の重みを感じますよね。

あの積み重ねがあってこの感動を得られたみたいな。

それを考えると、何千年単位で時間を経ている千空はもっとでしょうね。

百夜にしろ千空にしろ、照れ隠しをするところが私は好きです。

リリアンの歌も最高に良かった…

ルリとリリアンのカットは最高にエモかったですね。

リリアンの子孫がルリということは、コクヨウさんも…

てか、リリアンの旦那は百夜なんですかね?

その辺りはまだ書かれていなかったですが。

ということは、コハクやルリと千空は血の繋がりがあるというわけで。

科学好きの遺伝子繋がりだと、千空とクロムもありそうだし…

考えるだけで楽しい。


[ リリアンの声により、住民の旧人類を助けるモチベーションアップ。 ]

まじ百夜さんぱないっす。

さすが大学教授は違うな。


[ ケータイをもう一つ作り、大樹と杠と繋げる。 ]

ついに来ました、大樹と杠。

元気そうな姿なのが一番の安心です。

いじめられたりしてないかとても不安でした。

まあ大樹がいるので、問題ないと思いますが。

未だ謎なのが、杠に課されたミッション。

「手芸」がなにか鍵みたいですが、はたして。


[ ストーンウォーズがもうすぐ開幕。 ]

ようやくここまで来てしまいましたか。

長いようで短いような道のりでした。

どんな戦いが繰り広げられるのか、とても楽しみですね。


[ 2期!!!! ]

やっぱり2期来ましたね!

まあ、こんなところで終わられちゃ困っちゃいます。

ついに始まるストーンウォーズ。

1クール丸々、いや2クール使うぐらいなんですかね。

大樹と杠の今までの暮らしも描かれそうですし…

あと気になるのは放送がいつになるのか。

1年以内には来そうですが、はたして。


ついに2クールあった放送も最終回。

6ヶ月間、楽しい時間を過ごすことが出来て幸せでしたね…

とはいえ、まだまだこれから。

科学王国VS司帝国の勝負の行方は。

そして人類石化現象の謎は解明されるのか。

「Dr.STONE」から目を離すことはできなさそうです。


というわけで、このあたりで。


https://dr-stone.jp/

©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会

Dr.STONEカテゴリの最新記事