[本編まとめ]第2話 Dr.STONE STONE WARS[感想・考察]

[本編まとめ]第2話 Dr.STONE STONE WARS[感想・考察]

タイトル

HOT LINE

Aパート

追撃と挟撃

ついに作戦が開始。

千空の起こした爆発の音にはほむらも様子を見に行かざるを得ません。

そんな彼女のスキを突き、コハクは背後から捕らえようとします。

…が、ほむらは体操選手であるため、軽い身のこなしでそれを回避。

コハクの追撃戦が始まりますが、ほむらとは付かず離れずの距離。

そんな中、千空が使ったのは「閃光玉」でした。

千空のおかげでほむらを捕獲します。

しかし身体が貧弱な千空では、ほむらを抑えることが出来ませんでした。

彼女は騒ぎを聞きつけて集まった村人を見て、その中に3人いないことを確認。

携帯部隊の動きを察して、本陣へと足を急がせます。

このままでは携帯を発見されて破壊された上に、司に報告までされかねません。

それでもこの時のために千空は「最終兵器」を残していました。

ここからは「二重追跡レース」の始まりなのです。

Bパート

情報戦

ほむらを捕まえた時、千空はその手足に青く光る鉱石の粉末をつけていました。

そこで「ブラックライト」を使うと、通った道筋が分かるというわけ。

とはいえ、ほむらに追いついたとしても、傷付けずには捕まえられません。

そのために千空が使うのは「情報通信」

まずはクロムたちにワン切りを掛け、現在の状況をゲンに察させます。

しかし、今はまだゲンたちは止まらせることはしません。

これから行うのは「二重鬼ごっこ」

クロムたちを追うほむらを千空たちが追うのです。

この位置関係を駆使すれば、電波の連携で「挟み撃ち」に変化するというわけ。

ゲンは携帯のワン切りを連打し、千空にモールス信号での文字を伝達。

おかげでクロム隊を発見したほむらの動きまで筒抜けなのです。

…と、ゲンはクロムに電波を拾うためにアンテナを木の上に設置を依頼。

それを聞いたほむらはアンテナを壊すため、木に登りますが…

設置されたアンテナは偽物で、登っていた木を切り落とされてしまいます。

空中では受け身を取ることも出来ず、ほむら絶体絶命の危機。

そこで待ち受けていたコハクが助け、ほむらを捕まえることにも成功。

これによって、情報通信戦の初戦を勝利で収めることが出来たのでした。

司軍の戦力

千空たちはホムラを捕縛し、クロム隊はついに司軍本拠地に到着。

そこには強そうな石像ばかりが山になって積まれていました。

それに優先順位を付け、司はそれを生き返らせているというわけ。

現在、ここにある最小の数字は「33」

つまり、最低でも32人は強力な人材が既に揃っているのです。

「壊せばいい」と考えるマグマはそれを壊そうとしますが…

それを止めたのはゲンでした。

たとえ石像であっても人間は弱く、たやすく手を下すことなど出来ない。

それが出来る司はそれほどまでに強力なのです。

ホットライン

一刻も早くやるべきは「携帯のホットラインづくり」

そしてやってきたのは「千空のお墓」

司に千空が死んだと思わせるため、3人が用意していた場所なのです。

「墓参りは欠かすんじゃねえぞ。」

おかげで司軍に怪しまれない物資の受け渡し場所にもなるというわけ。

ここに携帯電話を設置して、死人と喋れる「霊界通信機」に早変わり。

お墓の前で喋っても、死者との会話だと思わせられるのです。

…が、設置の最中にその音を察した司軍の耳の良さに卓越した「西園寺羽京」

クロムたちは既のところで見つかりそうになってしまうのでした。

携帯を設置したものの、簡単には見つけられないように細工しています。

…が、千空はそんな心配などしていません。

「本気と根性のタッグならどんな状況でも見つけ出すはずだから。」

地中から携帯電話を掘り出され、千空のもとに電話が掛かってきます。

「千空!」

久々の会話に大樹と杠、千空は涙を流し、ホットラインはつながったのでした。

Advertisement

さいご

追撃と挟撃

ほむらは敵側ではありますが、敵という印象はあまりないですよね。

戦争が始まればそうは言ってられないのでしょうが…

今回はどちらにも頑張ってほしい気持ちにさせてくれた気がします。


情報戦

こういうのが1期のときからずっと見たかったんですよね…いい…

ここからはこういう展開がもっと見られることになるんでしょう。

ほむらも捕まえられてよかったですね。

あわよくば科学王国側にも理解を示してほしいですが…

氷月に相当な信仰心を持っているようですし、簡単にならないんでしょうね。


司軍の戦力

思っていたより、復活した数は少ないと思いました。

1人復活させるのには相当な復活液が必要となるわけですよね。

1人分溜めるのに1週間ぐらいは必要となるんでしょうかね?


ホットライン

3人が繋がったシーンは泣くしかないでしょう…

ここを目指してずっとずっと千空が頑張っていたわけですからね。

その努力量を思い出すと…それだけで涙が溢れてきそうです。

とはいえ、ここがスタートラインなわけですよね。

ここからどうやって情報戦争で勝ちを収めるかが大事なわけで。

戦いを見守っていくのが本当に楽しみです。


https://dr-stone.jp/

©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会

『Dr.STONE』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週木曜日 23:00〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックス)
Boichi(著), 稲垣 理一郎(原著)
5つ星のうち4.7
¥484

Dr.STONEカテゴリの最新記事