[本編まとめ]第4話 Dr.STONE STONE WARS[感想・考察]

[本編まとめ]第4話 Dr.STONE STONE WARS[感想・考察]

タイトル

全軍出撃

アバン

司の左腕

科学王国の仲間になることを決心したニッキー。

ですが、偽物リリアンの酷さには強くダメ出し。

早速、誰にも見破られないためのブラッシュアップの予定を立てます。

仲間に引き入れたとはいえ、未だ大きな問題が立ちはだかっています。

それは「強力なのが司だけではない」こと。

その中でも一番の壁となりうるのが羽京なのです。

Aパート

西園寺 羽京

羽京の正体は「潜水艦の元ソナーマン」

何度も電話を使用していれば、会話内容すら聞き取られてしまいます。

そして当の本人はクロムとマグマを追い詰めていました。

しかし羽京は2人に対し、矢を当てようとはしていません。

クロムは考えた結果、情報を聞き出すために捕らえようとしていると理解。

そこで誰もやられない確実な方法、白旗を上げて降参をするのでした。

煙幕が晴れてマグマが周囲を見てみると、クロムが羽京に捕まっていました。

しかし羽京は縄でつないでいたクロムを外してしまいます。

なぜなら、彼が仲間を助けるために降参したことを知ったから。

彼としても煙幕が晴れるまでは攻撃を当てる気はなかったのです。

そしてクロムが連れてこられた場所には司が待ち受けていました。

そんな彼にクロムは名乗りあげるのでした。

「俺の名はクロム、石神村の科学使いだ!」

全軍出撃

マグマは石神村に到着し、クロムが捕縛されたことが村中に知れ渡ります。

コハクは1人で飛び出ようとするも、1人で勝てるはずはありません。

「一人じゃ無理なら全員で」、千空が考えるのは「科学王国全軍出撃」

監視のほむらを捕まえた今、司帝国には動きを悟られることはありません。

そこで司帝国のそばに陣を敷けば、クロム奪還も夢じゃないというわけ。

そのためには全ての科学グッズを持っていかなくてはなりません。

とはいえ、かなりの重量のある品々を安々と運ぶことは出来ない。

というわけで、これから千空が作り始めるのは「自動車」です。

Bパート

絶体絶命

千空は上機嫌で設計図を書き上げ、首振りエンジンの採用を結論づけます。

苦労して採ってきたハチミツで蜜蝋を作り、回転カッターで形を加工。

それを石膏で型取らせ、溶けた真鍮を流し込んでパーツを作ります。

そして水を沸かした熱風でパーツで作ったポンプを作動させる。

そこに円盤をつなげてエンジンは完成です。

準備を進めているとはいえ、クロムの心配は拭いきれません。

「クロムが余計な口を叩かなければ大丈夫なはず。」

千空たちは急に不安を覚え始め、急いで作業を進めるのでした。

クロムは司に「科学者と名乗った」理由について問い質されていました。

クロムは答えます。

「科学がどれだけ面白いかを!」

司たちはそれに全く興味示さない上、クロムは崖上に吊るされてしまいます。

しかしそんな危険な状況においても、クロムは決して口を開こうとはしません。

そのせいで崖下へと落とされてしまいます。

…が、落ちていく途中に司はクロムを助けたのです。

実はクロムを落としたのは「死を眼前にした時の覚悟を見極める」ため。

その状況においてもクロムは揺るがなかった。

つまり、これ以上責めてもクロムの裏切りは期待できないというわけ。

そこで羽京に発見当時の状況を確認し、情報の推測をしようとします。

もし彼が口を開き、電話が見つかってでもしまえば全ては水の泡。

…ですが、彼はその事実を喋らず、司に嘘を付いたのでした。

産業革命

千空は作り上げたパーツを取り付けて、ついに「蒸気機関」を完成させます。

これから始まるのは「産業革命」

科学王国鉄道蒸気機関車の行き先は「司帝国」です。

Advertisement

さいご

司の左腕

ガチファンの言葉なら仕方ない。

これを無碍にでもしてしまったら再び寝返ってしまうかもしれない…


西園寺 羽京

普段はあまり思わないですが、やはりクロムは頭の切れる子ですよね。

千空を除けば作中でも1,2を争う切れ者に位置するかもしれない。

司軍の切れ者だと、どのレベルに値するのかは気になるところですね。

羽京もなかなかのもの。

武力全振りって感じではないですし、今後も面白い存在となってきそう。


全軍出撃

ラーメンつるつる食べてるほむらかわいい。

こうして彼女も科学文明に堕ちていくんやなって…

味方になった時にほむらがどう動いていくのか見てみたいものです。


絶体絶命

この状況でバカを晒すクロム好き。

純粋すぎるんやな…仕方ない…

クロムを助けたところみたいに、司は嫌いにはなり切れないですよね。

もう1人の主人公としても作品が成り立っていきそうなぐらいに。

千空が王国を作っていた最中、司がどうしていたか見てみたいものです。

羽京も面白い行動を見せてくれました。

寝返る予兆なのか、それとも何かを企んでいるのか…


産業革命

Dr.STONEのこういう引きは毎回ワクワクさせてくれますよね。

次回以降の展開もめちゃくちゃ楽しみだ…!


https://dr-stone.jp/

©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会

『Dr.STONE』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週木曜日 23:00〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

Dr.STONE 声はミライへ向けて (ジャンプジェイブックスDIGITAL)
稲垣理一郎(著), Boichi(著), 森本市夫(著)
5つ星のうち4.9
¥715

Dr.STONEカテゴリの最新記事