[本編まとめ]第5話 ピーチボーイリバーサイド(時系列順:7話)[感想・考察]

[本編まとめ]第5話 ピーチボーイリバーサイド(時系列順:7話)[感想・考察]

タイトル

フラウと吸血鬼

人間への不信感

サリーたちがやってきたのは「吸血鬼が出現する」町。

深夜に年頃の美女が襲われ、血を抜き取られた干からびた死体になってしまうと言われています。

それと同時にこの地域は「亜人と敵対関係」にあります。

そのせいでフラウへの風当たりは言うまでもなく強くなってしまいます。

見かねたキャロットは「サリーの力で分からせてやればいい」と提案。

しかしサリーが扱う力は鬼に対してだけ。

人間に力を振るうことは出来ません。

「他の人間とは違うと思ってたのに…」

サリーにも差別の心があると悟ったキャロットは失望してしまうのでした。

キャロットの不信感の加速は収まりません。

フラウは町の人間から邪険な扱いを受けた挙げ句、嘲笑されてしまいます。

それでもフラウ自身は反論することはありません。

それは「慣れてしまっている」から。

フラウは「普通の人間が亜人を差別するのは普通のことだ」と割り切っています。

その中で「サリーが人間が持つ差別意識をなくしてくれる」と信じているのです。

しかしキャロットはそれを受け入れられません。

なぜなら「人の悪意に慣れていない」から。

それが唯一心を許しているフラウに向けられているとなると黙っていられません。

そこで思いついたのは「吸血鬼を頼る」こと。

彼に「この町の人間を皆殺しにしてもらおう」と決心するのでした。

トラウマ

サリーがキャロットたちを探していると、ある店主から1つの商品を薦められます。

それは「タコ」

タコを前にしてはサリーも動揺せざるを得ません。

実は幼少期に行商人が持ってきたタコに巻き付かれたことがトラウマになっていたのでした。

VS吸血鬼

キャロットは吸血鬼に接触し、町の人間の皆殺しを依頼します。

しかし彼は町の人間ではなく、サリーを標的に定めたのです。

サリーに不満を抱いていたキャロットですが、さすがに殺されることは別。

なんとか頼んだようにやってもらおうと諌めます。

そんな彼女に敵視を向け始める吸血鬼。

そこに姿を現したのはフラウでした。

フラウは吸血鬼と戦闘を始めます。

…が、攻撃は全く通用せず、逆に鬼砲で上半身を吹き飛ばされてしまうのでした。

鬼の気配を察知してやってきたサリー。

さすがの吸血鬼もサリーに対しては劣勢を強いられてしまいます。

それでも血を操ってサリーの動きを止め、鬼砲での戦況の変化を狙いました。

そこで立ち上がったのはキャロットでした。

「私はサリーの仲間ですから死なせたくないんですよ!」

真の力

フラウが目を覚ますと天国にいました。

実はフラウが死んだのは今年「2度目」のこと。

「また死んだのか」と顔なじみの天使「アトラ」には呆れられてしまいます。

フラウには天国で住む選択肢もありますが、サリーたちを助けるために戻らねばなりません。

「少し力を出す。」

フラウが本気を出せば、肉の身体ではあっという間にバラバラになってしまいます。

しかし説得されてしまい、アトラは渋々手を貸すことを決心するのでした。

鬼の本能

アトラによって復活を遂げたフラウ。

彼女は力を覚醒させ、あっという間に吸血鬼を瀕死に追い込んでしまいます。

死にゆくおぼろげな意識の中で吸血鬼は語り始めました。

彼は鬼の角が牙として生えているため、人間のふりをして生活していました。

そんなときに出会ったのは1人の女性。

吸血鬼は彼女に惹かれ、自分の本性を忘れるほどに幸せな時を送っていたのです。

…が、気がついた時には無意識に彼女を食い殺してしまっていました。

それは彼に鬼としての本能が備わっていたがゆえの行動です。

「俺も角を失っておけば大切なものを失くさずに済んだのに…」

彼は鬼でありながら角と鬼の本能も失ったキャロットを羨ましく思っているのでした。

「キャロット、長く生きろ…」

Advertisement

感想・考察

人間への不信感

フラウ回かと思いきやストーリーはキャロットがメインでした。

鬼として生きていた彼女ですから、何事も1から学んでいる最中なんですよね。

今回の件だけでなく、様々なことに対して戸惑っていることばかりなんでしょう。

そう考えると本当にサリーやフラウと出会いは1つの転機ですよね。

…というか、2人に出会えていなければ処刑されていたでしょうか。

いや処刑前に鬼砲が放たれ、蒼面鬼に殺されることになったかな…?

とにかく何事にも純粋で真っ直ぐな反応を見せるキャロットはかわいい。

フラウとの組み合わせもめちゃくちゃ和みますね。

2人の日常回とかあったらいいな…

フラウ目線で見ると、このパートはなかなかにつらい展開が続きました。

特に店主に酷い扱いを受けるところは目を覆いたくなるほど。

フラウはもっともっと酷い目に遭ってきたんでしょうね…

これは彼女の出自にも関係してきそうな話でもありますよね。

天国のアレもそうですが、もっとフラウのいろんな姿が見たいものです。


トラウマ

各所で見られた展開ですが、ようやく真相が明らかになりましたね?

鬼に対してはあんなに強気なのに、タコは全くダメなんだなって。

これがギャップ萌えですか。


VS吸血鬼

キャロットに手を差し伸べるのはやはりフラウ、尊い。

さすがにぶっ飛ばされたときはビックリしましたが…

吸血鬼くんはサリーに対してもなかなか善戦していましたね?

少なくとも今まで戦った鬼の中では最強でしょう。

鬼ではなくなりましたがキャロットも戦う力は残っているんですね。

あれは仙道なんでしょうか。


真の力

フラウのヤバい片鱗が顔を覗かせました。

ただの亜人ではないようですね?

時系列版5話でも少し語られていた部分がありましたが。

知れば知るほど気になってしまう…フラウ…


鬼の本能

吸血鬼が最後だけ「キャロット」って呼んだのエモいですね?

彼女を鬼としてではなく、人間として見てくれるようになったんですよね。

キャロット自身も認識が変わっていくのではないでしょうか。

まずはサリーやフラウともっと近づいてくれればな!


https://peachboyriverside.com/

©クール教信者・ヨハネ/講談社/「ピーチボーイリバーサイド」製作委員会

『ピーチボーイリバーサイド』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

同時に時系列版も独占配信中!

(毎週木曜日 22:30〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

ピーチボーイリバーサイドカテゴリの最新記事