[本編まとめ]第11話 ピーチボーイリバーサイド(時系列順:5話)[感想・考察]

[本編まとめ]第11話 ピーチボーイリバーサイド(時系列順:5話)[感想・考察]

タイトル

理想と現実

ウィニー

西の森の魔女「ウィニー」に会いに来た一同。

彼女はサリーたちの動向を見ており、さらにサリーが持つ力の特異性まで知っていたのです。

そんな彼女にサリーは「魔法を教えて欲しい」と頼みます。

理由は「旅を続けるにおいて自分が無力だと実感した」からでした。

いくら鬼を倒せる力を持っていても、今のサリーにはそれを使った記憶すら残っていません。

ウィニーは頼みを受ける代わりに3つの条件を提示します。

「口外しない」「逆らわない」「100万」

魔法は師について学べば誰でも扱えるものの、悪用もされやすい危険なものなのです。

とはいえ、一同が持っている全財産はホーソンの所持金のみ。

もちろんホーソンは残り少ない身銭を切ることを拒みます。

魔法を代わりとしてサリーは「剣を教えて欲しい」とホーソンに頼むのでした。

「王国随一の剣士」の称号を持つホーソンの剣術は名ばかりではありません。

いとも簡単にサリーの攻撃をいなしてしまいます。

しかし仙道を通して見たキャロットはサリーの凄さを見せつけられてしまいます。

サリーにはホーソンとは比べ物にならないほどの「魔力」があることを。

そしてホーソンもまた、ウィニーからサリーの力の一端を教えられるのでした。

夜も更けた頃、ウィニーの元を訪れたのはフラウでした。

実は2人が会うのは「300年」ぶりのこと。

その間には世界に魔物が蔓延り、人間と亜人が争い始めました。

そしてフラウは自ら力を捨てて卯人のふりをして騒動を見ないふりしているのです。

ウィニーはフラウに古馴染みとして武器の「杵」をプレゼントしてくれました。

一方、フラウがウィニーの元を訪れた理由がありました。

「サリーに魔法を教えてやってほしい。」

ウィニーはその頼みを受け、2人一緒に飲み明かすのでした。

早速、翌日から魔法の練習に励むサリー。

しかしウィニーが最初に命じたのは「体力づくり」

本来、魔法は魔女の家系だけが扱える力なので、普通の人間だと体力が消耗してしまうのです。

「魔女ならサリーに宿る膨大な魔力気付いているはずなのに…」

キャロットはウィニーの命令には疑問を覚えてしまいます。

魔法の練習に続き、ホーソンからの剣の指導も継続していました。

しかしホーソンはサリーの力を知ってしまったことで、少なからず恐怖を覚えていました。

「これほどの力を持つ者は『化け物』と呼ばれる。」

それでもホーソンはサリーを「化け物」ではなく「普通の女の子」として扱うのです。

サリーとホーソンの微笑ましい光景を見てしみじみと実感するウィニー。

「マルヤン、あなたの孫はあなたによく似た優しい子に育った。

守ってあげなさい、ホーソン。あなたのおじいさんが私にそうしてくれたように。」

鬼退治

ウィニーのもとに2人の訪問者が現れました。

彼らは「エルフ」「爬人」の族長です。

両部族は対立関係にあるにも関わらず、1つの目的のためにウィニーに頼ってきました。

内容は「森の南東にある結界を解いてほしい」ということ。

彼らは結界内に封印されている「鬼を退治しよう」と考えていたのです。

その頼みを叶える条件として、ウィニーは「サリー一行を同行させる」ことを提示します。

というわけで、口を挟む間もなく同行させられるサリーたち。

2人の族長が鬼を退治するのは「住民たちを安心させる」ためです。

しかし鬼との戦闘に際し、エルフの族長は1つの策を講じていました。

「前衛にいる爬人が全滅してから戦いを始めよう」と。

自らの民を守るためには「別種族民を見捨ててもいい」と考えているのです。

サリーは種族間の対立の根深さを思い知らされるのでした。

ウィニーが封印を解いている最中にもかかわらず、中から人影が現れます。

彼女は「髪鬼」、皇鬼の指示を受けて中に封印されていた「樹鬼」を目覚めさせていたのです。

…が、鬼ではなくなったキャロットを見て立ち向かってくるのでした。

相手は髪を自由自在に操る髪鬼に、巨大に成長した樹鬼。

サリーたちは絶体絶命の状況に追い込まれてしまいます。

一方、皇鬼と蒼面鬼。

蒼面鬼は1人の旅人を見つけて意気揚々と手を出しに向かいます。

…が、あっという間に返り討ちに遭って首を落とされてしまいます。

その旅人の正体は「ミコト」だったのでした。

窮地に立たされたものの、ホーソンたちは諦めません。

鬼退治をするために人間も爬人もエルフも共闘することを決心したのです。

種族間を超えた友情に胸が高鳴り始めるサリー。

「人間にとっては感動的な光景なんでしょうね、鬼でもない私にとってはどうでもいいことですが。」

しかしキャロットの言葉で気付かされ、思い立ちます。

そしてこの場にいる全ての種族たちに提案するのでした。

「和解しよう!」

Advertisement

感想・考察

ウィニー

ついにウィニーをたくさん見ることが出来ました。

例にも漏れずウィニーもいいデザインしていますよね、とてもかわいい。

特にフードをかぶっていないときに見える背中がとてもとても。

まだ未熟だった頃のウィニーのエピソードも見たいものですね。

過去と言えばフラウもウィニーとはかなり昔から仲が良かったんですよね。

アトラも含めて一緒に旅をしていたとかなんでしょうか。

一体、何の目的で旅をしていたんでしょうか?

フラウの武器が杵ということはつまり月で餅をついていた…?

フラウの過去が一層気になったシーンでもありました。

そしてホーソンも改めて旅を続ける決心がついたようですね。

そもそもサリーがいなければ彼も死んでいた可能性は高かったでしょうが。


鬼退治

ここで髪ちゃんが出てくるわけですね。

今は元気ですが、今後記憶喪失に陥るまでサリーに打ちのめされるんですね…

まあ憎むことなど出来ないキャラです。

そもそも彼女の角はいつ折られたものなんでしょうね。

そしてついにサリーの転機となるタイミングがやってきました。

ここが本当の旅の始まりと言ってもいいかもしれません。

だからこそここをオンエア順で最終回に持ってきたわけですね。

はたして次回の樹鬼との戦いの結末によってサリーはどう変わっていくんでしょうか?

あんなに強キャラの雰囲気を醸し出していたのにあっけなくやられる蒼面鬼くん…つらい。


https://peachboyriverside.com/

©クール教信者・ヨハネ/講談社/「ピーチボーイリバーサイド」製作委員会

『ピーチボーイリバーサイド』見るなら『dアニメストア』

絶賛配信中!

同時に時系列版も独占配信中!

(毎週木曜日 22:30〜 最新話配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

ピーチボーイリバーサイドカテゴリの最新記事