[感想・考察]第5話 放課後ていぼう日誌[ネタバレあり]

[感想・考察]第5話 放課後ていぼう日誌[ネタバレあり]

タイトル

れぽーと05「潮干狩りと顧問

アバン

ていぼう部のユニフォーム

悠希は部室に向かう途中、何を釣るか考えていました。

そこで確認したのが潮の状況。

それに合うちょうどいい獲物を思いついたのです。

一方、陽渚たちは既に部室に集合済み。

以前汚れたウェアもすっかりきれいに元通り。

それもこれも、夏海と真がすぐに処置してくれたおかげでした。

陽渚だけでなく、夏海もウェアを用意しています。

彼女らしいデザインには陽渚も高評価。

ふと陽渚が気になったのは、ていぼう部が制服で活動する理由。

もし汚れでもしたら大変な事態になってしまうのです。

しかし、そこにはていぼう部の伝統が関わっていました。

それは「ジャージか制服」で部活を行うことです。

とはいえ、陽渚にとって校外でジャージを着るのはダサすぎる。

なので、陽渚の選択肢は制服しかないのでした。

そんな話をしているところに悠希が到着。

陽渚はやる気満々で今日の獲物について尋ねるのでした。

Aパート

潮干狩り

陽渚たちがやってきたのは「干潟」

陽渚は釣りじゃないことにガッカリ。

ですが、悠希は既にアサリを食べることしか考えていない様子。

陽渚が嫌なのはまだまだあります。

ダサジャージで活動すること。

さらにこの歩きにくく、泥だらけの足元です。

一方、夏海は泥がお気に入り。

悠希の忠告も無視し、陽渚は夏海に追い回されるのでした。

そんな光景に悠希に真は「よかったね」と声を掛けます。

それは「新入部員を2人獲得した」ことについて。

悠希は部長としての仕事を果たすことが出来たのです。

いまだ陽渚と夏海は追いかけっこ。

そんな最中、夏海は足元を取られて抜けなくなってしまいます。

夏海は陽渚に助けを求めますが…

追いかけられた仕返しと言わんばかりに、陽渚はその場を立ち去ろうとします。

…が、陽渚も夏海と同じように動けなくなってしまうのでした。

悠希に助け求めるも、忠告を無視した罰として手を貸してくれません。

さらにぬかるみから出られなくなった人の話で脅される始末。

2人は足掻きますが、陽渚は夏海にズボンが剥がれそうになる展開に。

そして最後には2人は共倒れになってしまうのでした。

悠希のもとに戻ってきたのは、泥だらけになった陽渚と夏海の姿。

陽渚は干潟の怖さを思い知らされたとともに、泥の感触が好きになり始めます。

そんなとき、足元になにかの感触が。

そこを掘ってみると、とても珍しい大きな「はまぐり」が見つかります。

「自分のおかげだ」と鼻高々な夏海。

そんな彼女にキレた陽渚の追いかけっこが再び始まるのでした。

Bパート

顧問の恐ろしさ

翌日。

アサリとはまぐりの砂抜きも終わり、今日は実食。

そんなとき、悠希は何かの音を察してアサリを隠します。

すると現れたのは顧問の「小谷 さやか」でした。

彼女は釣りには興味のない保険の先生なのです。

陽渚と夏海にとっては初対面。

優しそうな彼女の姿に肩を撫で下ろします。

一方、悠希はさやかにそっけない態度。

…そこに、さやかからの報告が。

「校長が『例のやつ』を購入してくれる」とのこと。

悠希はその言葉に感謝…ですがさやかを帰そうとするのです。

さやかは何か隠してることを察し、隠し事が出来ない真にロックオン。

そして結局さやかにアサリをバレてしまうのでした。

食べたいと悠希に縋るさやかに対し、一向に取り合おうとしない悠希。

そんな彼女に見かねて、陽渚と夏海は一緒に食べることを提案します。

…が、それがていぼう部にとっての悪夢の始まりでした。

さやかはその足で買い出しへ向かい、帰ってきたその手には大量のビールが。

そして戻ってきて早々ビールを飲み始めます。

さらに陽渚と夏海にウザ絡み。

さやかの欠点は「ビールが好き」であることにあったのです。

しかもその欠点は「顧問になった理由」にも影響していました。

それは「ビールのつまみがただで食べられる」こと。

金欠になる給料日前にはいつもつまみを狙って部室に現れるのです。

ついにアサリのバター焼きと酒蒸しが完成。

陽渚は美味しい貝に大喜び。

ですが、さやかのせいでその喜びを実感しきれません。

さらにほとんどさやかに食べられてしまいます。

酔いが回ったさやかは最悪の絡み酒。

泣き上戸、キス魔になった挙げ句、ビール瓶を抱いて眠り始めます。

陽渚はていぼう部の新たな恐ろしい側面を垣間見たのでした。

とはいえ、まだ網焼きが残っていました。

陽渚がとってきたはまぐりも完成。

陽渚は独り占めしてしまうことに後ろめたさが否めません。

夏海や悠希にも急かされ、ようやく食べようとします。

…が、目を覚ましたさやかが横取り。

そんな酷すぎる所業に陽渚は咽び泣くのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、ていぼう日誌5話でした。


ていぼう部のユニフォーム

夏海のウェア姿もいいですね。

次はウェアでも魚釣りもしてほしいです。

釣りの獲物を決める悠希の部長っぽいところ好き。


潮干狩り

ていぼう部日誌のような健全アニメでキャラの下着が露わになるとは。

貴重なものを見た喜びと、見てはいけないものを見た罪悪感がありましたね…

ありがとう、ていぼう日誌。

それにしても陽渚と夏海のやり取りは和みますね。

2人が攻守交代する瞬間大好きです。

シメシメ顔の陽渚かわいい。

悠希と真の会話もしみじみしてていい。

これは前部長に託された任務でもあったんでしょうか。


顧問の恐ろしさ

想像以上にヤバいお方でした…

陽渚のはまぐりを食べられるシーンは心が痛かったです。

ていぼう部から平穏を奪わないで…

4人の和み空間を奪わない程度に暴れてほしいですね。

「例のやつ」というのは気になるところ。

釣り関連であることに変わりはないんでしょうが…

まさか船…?


というわけで、また次回。


https://teibotv.com/

©小坂泰之(秋田書店)/海野高校ていぼう部

放課後ていぼう日誌カテゴリの最新記事