[感想・考察]第11話 放課後ていぼう日誌[ネタバレあり]

[感想・考察]第11話 放課後ていぼう日誌[ネタバレあり]

タイトル

れぽーと11「キス

アバン

見た目の味の差

延べ竿で浮き釣りをしていた陽渚と夏海。

そんなとき、陽渚が釣り上げたのは「バリ」もとい「アイゴ」

全部のヒレに毒がある危険な魚です。

悠希は「美味しいから」と大喜びする一方、夏海の評価は真逆。

というわけで、陽渚と夏海はバリをリリースしてしまいます。

自分の言葉を信じてくれない代わりに、悠希は真を差し向けることに。

その指示に真はやる気満々で応えます。

再びバリを釣り上げた陽渚に対し、バリを実際に調理して刺し身をごちそう。

悠希と真の言葉通り、2人は「バリは美味しい」ということを学んだのでした。

Aパート

キス釣りの準備

釣りを終えた陽渚は帰宅。

父に釣ったバリを披露するも、その見た目から敬遠してしまいます。

陽渚は父に「魚は見た目で判断してはいけない」と諌めるのでした。

というわけで、今日の夕食はバリのお刺身。

とともに、お隣さんから貰った「キス」の天ぷらが食卓に並びます。

陽渚はそのあまりの美味しさから、翌日早速「キス釣り」を夏海たちに提案。

ですが、彼女たちはどこか後ろ向きの様子。

一方、陽渚はこれからの釣りへの姿勢を前向きにしようと考えているのです。

そんな彼女に免じ、ひとまず一同は「たこひげや」へ行くことに。

そこで陽渚が見せられたのはキス釣りのエサである「青虫」

陽渚にとって虫は大の苦手、その瞬間にキス釣りを諦めようとするのでした。

陽渚に助けを求められた店長は「疑似餌」を使うことを提案します。

それでも陽渚にとっては疑似餌でも少し敬遠してしまいましたが…

今回、陽渚は積極的に釣りを行おうとしています。

そこで悠希の提案で「自分で必要な仕掛けを揃える」ように提案します。

陽渚はやる気満々でそれに応えようとするも、仕掛けの種類は盛りだくさん。

何もかもが分からずに頭がパンクしてしまいます。

そんなときに頼れるのは店長でした。

キスは「海の女王」と呼ばれ、水深の浅い砂地に生息しています。

なので「ちょい投げ」という釣りを行うのです。

というわけで、陽渚は店長に仕掛けについて詳しく教えてもらうことに。

店長のおかげで必要な仕掛けを揃えられた陽渚。

一方、夏海たちは青虫を買っていました。

夏海は「疑似餌で釣れるかどうか」半信半疑なのでした。

必要なものをすべて揃え、荷物を海王丸に積み込んでいざ出発。

到着した釣りのポイントは海水浴場にも使われる砂浜です。

靴に砂が入ってしまい違和感しかない陽渚。

一方、悠希は裸足になって海水の冷たさを堪能し始めます。

悠希に倣って陽渚や夏海も裸足になり、水辺ではしゃぎ合うのでした。

…が、真に言われるまでは釣りも忘れていたのでした。

Bパート

虫餌と疑似餌

まずはキス釣りの準備。

陽渚は疑似餌を使ってギリギリ餌を付けられるレベル。

なので、夏海たちが本物の虫を使う光景は視界に入れるのも躊躇います。

というわけで釣り開始。

悠希たちのキス釣りの実践を遠くから眺めて学んだ陽渚。

とはいえ、悠希たちの方法は「虫餌」を使った方法。

つまり、疑似餌を使う場合では少し異なる可能性があるのです。

そんなことはお構いなしにその方法で釣りを始める陽渚。

しかし何度やってもアタリが来ずに、気付いたときには日が沈み始める頃。

陽渚とは異なり、夏海たちはいれぐい状態でした。

それでも陽渚は青虫を使う抵抗を拭い去ることは出来ません。

「エサの違いのせいで釣れない」と思って悩んでいる陽渚。

そんな彼女の姿にもどかしく思っているのは夏海と真でした。

陽渚が行うのは「同じ釣り方」ばかりで、彼女には試行錯誤が足りないのです。

それでもすぐに教えることだけは悠希が遮ります。

「教えるのは簡単でも試行錯誤するのは大事」だから。

釣りに積極的になり始めた陽渚を見届けていたい親心というわけ。

教えていいタイミングは「聞きに来た時だけ」なのです。

…が、そのままの状態で釣り終了の時間に。

結局、陽渚は1匹も釣ることができず、キス釣りを諦めようとしていました。

そんな彼女に悠希は根負けし、アドバイスを送るのでした。

悠希が伝えたのは「疑似餌の釣り方がある」ということ。

そこで試行錯誤を重ね、もう一度翌日にキス釣りをすることになったのです。

今日と違うのは、夏海たちも疑似餌を使うということ。

つまり、陽渚がその釣り方について学ぶ必要があるというわけ。

帰宅した陽渚は「疑似餌の釣り方」について検索。

そこに書かれてあることに陽渚は学びを重ねていきます。

諦めかけていた寸前のキス釣りを今すぐやりたくなるほど。

明日は必ずキスを釣り上げることを陽渚は心に誓うのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、ていぼう日誌11話でした。


見た目の味の差

食わず嫌いは仕方のないことですね。

毒があるって言われれば躊躇しちゃう部分もあるでしょうし。

先人の知恵は偉大なんやなって。

相変わらずの真の料理スキルの高さには驚かされますね。

当たり前のようにさっと刺し身作っちゃうのがすごすぎると思うんです。


キス釣りの準備

やる気があるところからどん底に落とされる陽渚はかわいい。

悠希には完全におもちゃ扱いされてましたね…

陽渚にとっては虫エサは永遠の課題になってきそう。

一朝一夕で慣れることのできるものでもないですし。

それを超える釣りへの情熱が必要になるんですよね。

釣りをするには致命的かもですが、それもまた陽渚のいいところ。

完全になくならない程度に慣れてほしいものです。

水辺ではしゃぐシーン好き。

そういえば、海が舞台な作品なのに水着回がなかった…


虫エサと疑似餌

今回は陽渚にとって大きな試練でしたね。

悠希も厳しく見守ろうとしていました。

これは仕掛け選びのときにやろうと思い始めていたんでしょうね。

やはり自分で学ぶことって大事なわけですね。

ていぼう日誌には大事なものを教えられました、ありがとう…

夏海と真がウズウズしていた気もよくわかりました。

暗い顔を見るよりも、喜んでいる顔を見るほうが気持ちいいですからね。

最後まで我慢できた2人もえらい…

そして陽渚は自分から学ぶ喜びを知りました。

次回は最終回ですし、自分からどう動くのかが見れたらいいですよね。

最後にふさわしい大物を釣ってほしいものです。


というわけで、また次回。


https://teibotv.com/

©小坂泰之(秋田書店)/海野高校ていぼう部

『放課後ていぼう日誌』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週火曜日 24:00〜 最新話地上波先行配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)
サトウとシオ(GA文庫/SBクリエイティブ刊)(著), 臥待始(著), 和狸ナオ(著)
スクウェア・エニックス (2018-02-13T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.3
¥313

放課後ていぼう日誌カテゴリの最新記事