[感想など]第5話 まちカドまぞく[ネタバレあり]

[感想など]第5話 まちカドまぞく[ネタバレあり]

あらすじ

第5話「町内は罠だらけ?? 崖っぷちまぞくの新たなる能力」

バイト代で桃への借金を完済したシャミ子。

残りのお金で良子にプレゼントをしようと商店街で待ち合わせするも、

いつの間にかついて来ていた桃を良子に目撃されてしまう!

良子に語っていた魔法少女との戦いの話が

盛りに盛った嘘だとバレてしまうのを恐れたシャミ子は、

桃を魔法少女ではなく親友として良子に紹介するのだが…

良子がシャミ子にインタビューをします。

学校の課題で、身近な人や街について記事にするとのこと。

まずは自慢のお姉ちゃんについて。

いい感じに脚色してくれるそうです。やったねシャミ子。


自慢の姉になれるよう、シャミ子は頑張ります。

桃を訪れました。

理由は借金返済のため。

ウィンナー売りのバイトで稼いだお金です。

これで貸し借りなし。思う存分戦えます。

覚悟しろ!

桃は先日買ったウィンナーをパンパンに詰めたお弁当を持参。

ちょっと食べたいけどシャミ子は誘惑に負けません。

シンプルでいいと思います…

お金を叩きつけて、レッツバトル!

しかし桃はバイト代全部を巻き上げるのは抵抗があり、
シャミ子自身のために使ってほしいと。

記念トロフィーはいりません。

生ハムでできたトロフィーでもだめです。

今回は食では丸め込まれることはないのです。

しっかりお腹を膨らませてきました。

シャミ子も学ぶのです。

げぷ。

なるはやで借りを返し、
魔族の一歩を歩むために封印を解くのです。

ちょっと困った様子の桃にシャミ子はしゃぐ。

初めて優勢を取りました。

やったぜ。

直後、反撃を食らいました。

凍ったペットボトル。

やはり桃には敵わねえ…

桃に返し、余ったお金で妹にプレゼントをする予定のシャミ子。

その話を聞き、桃は繰り上げ返済は却下。

余ったお小遣いは家族や自分に使うこと。

だめでーす。

八つ切りパンは薄い。

シャミ子は厚いパンが好み。

今回は食では丸め込まれない。絶対に。

お弁当は桃が自分で用意しています。

シャミ子は一人暮らしかと尋ねますが、桃から出てきた言葉は。

「家族はいない。」

あっ。

桃は忘れてくれと言いますが…

今回に限って、薄いパン採用はとなりました。

何でも言うことを聞きますが、今度からは四つ切りオンリーです。

シャミ子は人の気持ちがわかるいい子。


桃は妹との待ち合わせ場所についてきました。

何でも言うことを聞くと言ったからしょうがないね。

良子が来ました。

シャミ子は桃に、正体を隠してほしいとお願い。

良子に、魔法少女と熾烈な戦いをしていると話しているのです。

大盛りじゃなくて並盛り。

派手に話を持っているわけではありません。

良子は図書館で宿題をして直接来ました。

良子は優秀な子です。

えらいぞー。

親友の桃ちゃんの紹介。

照れちゃってー。

ウキウキのシャミ子。

今日はバイト代で良子にプレゼントしちゃうのですよ。

しかし良子は、
シャミ子が大事な戦いの最中だから何もいらないと。

シャミ子のためになるものを買ってほしいと。

なんだこの子、いい子すぎる…

そんなことは言わず、何でも選ぶのです。

ここが姉としての威厳の見せ所なのです。

シャミ子は怪我しません。

良子は衛生兵になル必要ありません。

シャミ子は今のところ軍は率いるつもりはありません。

自分の欲しい物で探すのです。

姉のことは考える必要などないのです。

と、良子はカメラを見つめます。

シャミ子は桃にお呼ばれ。

良子はトイカメラが気になる様子。

別に、ただ見てただけです。

ちっちゃくて可愛いカメラだと思っていただけです。

図書館でカメラの雑誌をずっと見てただけです。

ちょっと目に入っただけです。

お値段的にも範囲内。

シャミ子の勇姿を撮ってくれたらシャミ子は嬉しいのです。

良子、感涙。

良子曰く、
シャミ子が無理しているとき尻尾がしなしなになります。

尻尾で感情がわかります。

わんこかな?

そして今の尻尾は。

「この人どれだけ私の事観察してるの。ちょっと怖いんですけど。」

尻尾マイスター桃。


良子の喜ぶ顔を見て、
なにかしてあげられてよかったと話すシャミ子。

なるはやで狩りは必ず返します。

「貴様と戦えないからな!

血糖値高めにして待っているがいいですよ!」

記念すべき最初の写真は、シャミ子と桃をご所望です。

親友同士だもんね。そりゃそうですよ。

カメラを構える良子。

何枚も撮ってくれました。

現像はパソコンを使ってプリンタで印刷するようです。

カタカナ語の登場に混乱するシャミ子。

桃が印刷してくれるみたいです。

画像の編集もこなす桃。

良子も桃の話に興味津々。

完全に置き去りのシャミ子。

「これで勝ったと思うなよー!でも後で教えてあげて!」


シャミ子が学校から帰る途中。

桃に大きなカバンを渡されました。

どうやら古いノートパソコンのようです。

今日は始祖像は忘れてきました。

ラッキーアイテムを忘れてしまうとは迂闊。

パソコンは良子に貸すためです。

写真を見る限りセンスがあり、
早めにパソコンの操作を覚えたほうが良いと桃。

OSも新しいのにしてくれました。

パソコンは精密機器です。

ボールがぶつかったり、水をかぶったり、
転んだりすると簡単に壊れます。

絶対に落とすんじゃないぞ!

どこか楽しそうな桃。

今日のシャミ子ははこびやまぞく。

良子のために壊さずパソコンを持ち帰るのが任務です。

みんな敵に見える渡り廊下ですが、
軽やかなステップで回避することに成功。

いいぞ、シャミ子。

と、背後から近寄る謎の影。

おちゃめ心で驚かされました。

今日はちゃめ禁です。

急にポンポンし始める杏里。

ポンポン禁止。

もうシャミ子にとっては弾丸と言っても過言ではないボール。

「さては貴様、刺客か!」

なんとか刺客から逃れることに成功。

しかし現れたのは次なる資格。

杏里の友達の小倉さん。

凶器を持っていらっしゃる。

しおんは呪術や悪魔の研究部を作っています。

観察対象もとい、いい友達になって相談に乗ってくれとのこと。

水がやべえ。

お近づきの印に。

シャミ子は謎の物体を食べさせられました。

魔力がゴリゴリに上がりそうなオリジナル漢方です

シャミ子に実験、もといプレゼントするために持ち歩いていたと。

なんかやべえやつであることに変わりはなさそうですね。

なんとか学校を無事脱出。

家まではあと少しです。

目の前に現れたのは因縁のアイツ。

アイツが居なければ、
桃に借りを作らなかったかもしれない…

「吠える犬」。

これがラストバトル。

ここを乗り越えれば家はもう目の前。

犬と戦うなんて不可能。

かわいそうだし、足が4本もあります。

絶対に強い。

つんだ。

負けを確信するシャミ子ですが。

そこにリリスからの通信が。

なぜか異様に電波がよく、魔力ゴリゴリ絶好調。

まさかあの薬が…

「叫べ!心の形を!」

「シャドウミストレス優子、危機管理フォーム!」

シャミ子の変身バンクが。

あらあら。

かわいい。

シャミ子の自意識に、
リリスが考えた強そうなイメージをリンクさせたものです。

恥ずかしすぎる格好にリテイク希望のシャミ子。

お腹も冷えて体調を崩してしまいます。

リリスから諭され、ちょっと頑張ってみますが。

きれいな二度見をされました。

なんとか姿も戻り、家に到着しました。

よくがんばったね、シャミ子。

あっ。

くちゃいくちゃい。

くらきゅーしてしまいます。

とりあえず、パソコンの確認を。

そこに走り寄る良子が。

あっ。

未来が見えるぞ。

ああー。

危険なのは外だけじゃなかったのです。

カバンからパソコンを取り出すとブニョリします。

ブニョブニョのパソコン。

なんとか電源がつくことを確認。

手紙が入ってました。

桃はシャミ子の行動を先読み。

万全の準備をした上でパソコンを貸してくれたのです。

「P.S. 泣かないで、ファイト!」

「ぐぬぬ、これで勝ったと思うなよー!」


インタビュー、Take2。

シャミ子の今一番の目標。

寝ているときに角が痛くなるので、
ドーナツ型の枕を買うために貯金です。

いい感じに脚色してくれました。

良子はできた妹だ…

バカにするから桃には読ませません。

でも元データは桃が確保済み。

「これで勝ったと思うなよー!」


というわけでまちカドまぞく5話でした。


今回は良子回そして、シャミ子の初の変身が。

良ちゃんはほんとにいい子です。

瞳がまっすぐで、姉思い。

姉の活躍を信じてやまない純粋な子。

自分の欲しい物よりシャミ子のことを先に考えるのですよ。

カメラを大切に握る姿なんて…

応援したくなりますねほんとに。

良ちゃんにシャミ子が
桃を親友と紹介するところ良いですね。

驚きと照れを隠せない桃。

まさか親友と言うとは思ってなかったでしょう。

にやにやしてしまいます。


そしてシャミ子の変身。

しおんのあの薬が鍵になったのでしょうか。

リリスのコスを踏襲、
少しアレンジを加えられたかわいいデザイン。

リリスが来てもセクシーなのに、
シャミ子が来たらそりゃそうなりますよ。

ありがとう、ご先祖様…

もっとあのコスで動き回ってください。


ということでまた次回。



Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

まちカドまぞくカテゴリの最新記事