[感想など]第1話 まちカドまぞく[ネタバレあり]

[感想など]第1話 まちカドまぞく[ネタバレあり]

あらすじ

第1話「優子の目覚め!! 家庭の事情で今日から魔族」

どこにでもいる普通の女子高生・吉田優子は、

ある朝目が覚めるとツノと尻尾が生えていた。

パニクる優子に母・清子が告げたのは衝撃の事実。

「吉田家は古代より闇を糧とするもの……

封印されし『闇の一族』の末裔なのです」

一族の封印を解くべく、闇の力に目覚めた優子と

一族の宿敵・魔法少女との戦いが今、幕をあける……?

https://www.tbs.co.jp/anime/machikado/story/story01.html より引用

彼女は夢を見ています。

「優子」と呼ぶ声が聞こえます…

「汝は闇の血を引くもの、この街にいる魔法少女を倒し

一族の復興を遂げるのです…」

しかし起きないダメ子孫には実力行使。

無理やり起こされました。

彼女は「吉田 優子」

起きて鏡を確認するとなんか生えちゃってました。

優子は大慌て、ママに報告。

こんなもの生えてたら可愛くて仕方がない。

そんな母親。なぜか冷静。

曰く、普通の人間の子ではないと。

吉田家は古代より闇を糧とするもの。

封印されし闇の一族の末裔なんですって。

吉田家は貧乏。今日食べる白米もありません。

この貧乏生活もまた光の一族のせいだと言います。

戦いの中であらゆるパワーと運を封印され、
古代の姿も失っていったんですって。

あげくに家族4人で4万生活。

さすがにひどすぎる…

優子は先祖返りしたようで、闇の始祖の姿そのもの。

一族の封印を解き、あらゆる悪のエナジーを手中に収めるよう言われる優子。

闇の封印を解くと、背がちょっと伸びファミレス行き放題。

そんな言葉に優子も張り切ってます。

その方法とは魔法少女を倒し、
その生き血を始祖の邪神像に捧げるというもの。

ドアストッパーとして使われていた邪神像の姿。

そんな行動をするには「活動開始届」を
「暗黒役所」に提出する必要があります。

活動名は「シャドウミストレス優子」になりました。

先祖返りはしたものの、闇のパワー的なものは授かっていない模様。

魔法少女を倒す手段なんて…

武器としてフォークをもらいました。

剣とかはあぶないです。逮捕されます。

これがタピオカチャレンジですか。

魔法少女を求めてさまようシャドウミストレス優子。

なんという負の連鎖。

それもこれも光の一族のせいなんだ…

そこに迫るダンプカー。

その時!

ガラクタ入れになってるんですが…

変身バンク。この間なんと0.01秒。

片手ダンプ。

優子は魔法少女であるか尋ねます。

魔法少女でした。

片手ダンプになんて敵いっこねえです。

生き血をもらいたい優子。

施しを受けました。

お腹空いてそうなちっちゃい女の子だからしかたない。

屈辱的なエクスペリエンスにお怒りの優子。

でも実際お腹が空いてるからしょうがないね。

今日のところは撤退。

「これで勝ったと思うなよー!」

捨て台詞と感謝の言葉を述べて走り去る優子でした。

「ぽがー」

アイキャッチ。

月朝。学校に行きます。

今日も元気に登校。

とりあえず昨日のことは夢だってことにしています。

そこに現れたのは「佐田 杏里」ちゃん。

角と尻尾を指摘されました。やっぱり夢じゃなかった…

これはうまし。

教室。

メガネちゃんは「小倉 しおん」ちゃん。

二人とも異常なまでの適応力。

曰く、この町は変な人が多いから、と。

変な人扱いの優子。なかないで…

クロワッサンはかっこよくないです。

とにかく生き血を捧げたい優子。

と、二人から「A組に一人魔法少女がいる」という情報。

やっぱり変な人が多い町じゃんか…

偵察に向かうことに。

A組。

彼女は「千代田 桃」ちゃん。

あの「片手ダンプ」の君でした。

6年前に世界を救ったらしいです。

こんなところにいていい人材ではないのでは!

体力測定とかもやばい数値を叩き出してる桃。

もう勝てる気せーへん…

でかい…

昨日の「小さい子」と言われておこな優子。

名乗りあげも噛んじゃうシャミ子。

希望がねえ…

こわい…

やばいやられる…

もう謝るしか無い優子。

パンチの打ち方について教えてくれましたが、
ダメみたいですね…

飛び道具の使用を勧められました。

優子がんばって…

ポテチをおかずに白米食べてる。


優子の妹の「良子」ちゃん。

図書館から「武器図鑑」を借りてきてくれました。

お姉ちゃんのことをよく知っていらっしゃる…

修行中のシャミ子ですが、すぐ横っ腹が痛くなっちゃう。

良子ちゃんはシャミ子に期待している様子。

いい子だ…

家の前でお母様に遭遇。

応募シール2枚も溜まったんです。

今日はごちそうだ。


シャミ子は魔法少女を倒し、
生き血を捧げることができるのでしょうか…

つづく。


というわけでまちカド1話でした。

もう言葉はいらない。ひたすらに優子がかわいい1話でした。

演出としていちいちかわいい優子を出すのがずるい。

かわいさを全面に突出した最高のアニメです。

おっぱい…

そして優子を応援したくなるアニメですね…

がんばれ優子…


ということでまた。



©伊藤いづも・芳文社/まちカドまぞく製作委員会

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

まちカドまぞくカテゴリの最新記事