[感想など]第2話 まちカドまぞく[ネタバレあり]

[感想など]第2話 まちカドまぞく[ネタバレあり]

あらすじ

第2話「スポ根ですか!? 万物は流転する」

魔法少女・千代田桃との歴然とした力の差を見せつけられたシャミ子。

桃を倒すため特訓を決意したのも束の間、

いつの間にか近くで話を聞いていた桃に勢いで決闘を申し込んでしまう。

決闘の日は週末。果たしてシャミ子はそれまでに強くなれるのか!? 

そして増額してもらったシャミ子のお小遣いの行方は!!?

https://www.tbs.co.jp/anime/machikado/story/story02.html より引用

いやー、昨日の戦いはすごかったですね…

名勝負でした。

ぼろ負けでしたが、
杏里ちゃんの優しさがシャミ子を感涙させます。

シャミ子はよく頑張ったよ…

しおんはシャミ子の角がお気に入りのようですが。

昨日は準備不足だったんです。

まずはスライムを討伐するところから始めないと。

強敵を倒すのはそれからです。

桃は弱いほうらしいですが。

急に闇に目覚めた子は稀に闇に飲まれて、
すごいことになるから様子を見に来た桃。

でもシャミ子はそんな心配なさそうです。

桃色魔法少女より上がいることに恐れおののくシャミ子。

もう勝てる気せーへん…

シャミ子と言われておこですよ。

放課後河川敷で決闘を申し込みます。

でもやっぱり修業が間に合わないので週末の午後に。

賢明な判断。

やる気満々のシャミ子。

トレーニングアニメがここにも。

格が違いすぎる。

それでもやる気だけはあるシャミ子。

なんだか桃色魔法少女に勝てそうな気がしてきたぞ。

決闘当日。

なんか真っ黒になってる…焦げ桃…

土日どっちかわからなくてずっと待っていたんだと。

今日は日曜です。

またこういう時困るといけないので、連絡先を教えました。

本拠地が桃色魔法少女に侵されてしまう…

この日の為にシャミ子も鍛えてきました。

桃色魔法少女の見立ても大変よろしい。

ちゃんと肉がついてます。

準備運動をすることを迫る桃色魔法少女。

曹操の戦いとシャミ子の戦いを重ねる良子。

妹にとって姉は立派な尊敬すべき存在です。

準備運動。

しっぽの靱帯を切らさないためにも入念に。

するとなぜか走ることに。

決闘の為のウォームアップ。

走り方がなんか…いいですね。


夕方になっても走り続ける。

決闘ですよ!決闘をするのです!

桃色魔法少女のペースに乗ってしまいました。

ということで決闘開始ですが。

決闘は明日以降にします。

シャミ子はよくがんばったよ…

スポーツドリンクをいただきました。

敵の施し…

今日は4キロも走りました。

えらいぞシャミ子。

あっ…

心が折れる音。

桃に電車代を借りました…

シャミ子はお疲れです。

電車で居眠り。

なんかそんな気はしてた。


母に魔法少女の討伐の進捗を聞かれました。

未だ討伐には至りません。

シャミ子は生まれつき身体が弱いし、
アホだし、容易な道ではありません。

討伐の為に予算を増額してくれるようです。

やったぜシャミ子。

月120円から月500円に。

月々4万生活からの500円です。

大奮発。

やったぜ。

友達にも見せびらかすうれしさ。

駄菓子は買いません。

魔法少女を倒すとお金持ちになれるのです。

桃が通りがかったので、ボトルを返却。

電車代…500円…?

こんなところに500円が…

貧乏なシャミ子に同情した桃。

10回払いで勘弁してくれました。

借金に焦げ付きたくないシャミ子。

借金は返そう、シャミ子。

とりあえず残り450円で強くなれそうなアイデアを探します。

450円じゃ武器は買えません。

うろうろしてるとここはフードコート。

悪魔が誘惑してくる…

シャミ子は抗う。

このお金はお母さんがくれた大切な500円。

気が付いたらうどんを食べていました。

ご飯を食べると発想力も高まります…

残りは120円。

目の前には自販機。

抗うシャミ子。

そんな楽しそうな姿を見て安心したと杏里。

杏里ちゃんは以前からシャミ子に構ってくれていました。

大切に思ってくれていた友達です。

杏里ちゃんが望むならシャミ子も付き合います。

今はお金がなくとも来月はあるんです。

またうどんを食べましょう。

杏里ちゃんに気を遣わせていたことを知ったシャミ子。

シャミ子は偉くなります。周りが見える魔族に。

無料水飲み場…0円…コーラ…120円…

「これで勝ったと思うなよー!」

がんばれシャミ子…


ぬるぬるなシャミ子の戦いにお怒りの先祖様。

先祖様が直々に導いてくれるそうですが、果たして。


というわけでまちカドまぞく2話でした。


今回もシャミ子がかわいかったですね。

もう大満足です。

これがきららアニメ。

ひとつひとつの動作がほんとにかわいい。

作り手がかわいさの引き出し方を、
よく分かっているような感じですね。

あ、このシーンかわいい。

ここもかわいい。

ってのが集結して30分アニメになっているような。

そんな豪華さを感じます。

あとは最後まで作画が安定することだけを期待して…

そしてシャミ子が立派な魔族になれますように…


ということでまた次回。



©伊藤いづも・芳文社/まちカドまぞく製作委員会

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

まちカドまぞくカテゴリの最新記事