[本編まとめ]第6話 無能なナナ[感想・考察]

[本編まとめ]第6話 無能なナナ[感想・考察]

タイトル

ネクロマンサー

アバン

選択

ミチルにナナオの殺害現場の写真を見られてしまったナナ。

しかし、ミチルは理解が追いついていない様子。

もしそれを隠そうとしたら、敵意の現れとして殺す必要があります。

…が、ミチルはそれを差し出しました。

これでナナは「いずれ殺す」という選択に辿り着いたのでした。

Aパート

死者蘇生

ミチルの疑いを取り払うため、ナナは誤魔化して難を逃れます。

「未来を予知できる能力が衰退して夢を写真にしただけだ」と。

そして「2人だけの秘密」と言って写真の口封じにも成功。

一方、ミチルがやろうとしていたのは「死者の蘇生」

成功経験はないとは言うものの、その言葉にナナは驚かざるを得ませんでした。

お葬式

というわけで、ツネキチのお葬式。

警察もいないため、この島で犯人の調査などすることはできません。

そしてナナはミチルに能力をあまり使わないことを約束させます。

ミチルは自らの寿命が縮まることをなんとも思っていません。

しかし、ナナは「ミチルが死んだら悲しい」と優しい言葉で丸め込みます。

能力を使わせないのは「能力を成長させない」ため。

日々能力者は成長する可能性があるので、帳簿のデータも当てになりません。

すると、キョウヤが一同の前でツネキチの死について疑問を問いかけます。

そこで「遺体解剖をしたい」と言い始めたのです。

ナナはキョウヤを止めるために2人で話をすることに。

相変わらずナナに疑いを持つキョウヤに問いかけます。

「犯人がいるとして、その人はどうしてキョウヤさんを襲ったんでしょうね。」

その問いはキョウヤにとっても目から鱗でした。

ナナは心を読んでキョウヤの能力を爆発前から知っていたと話しています。

そのため、不老不死のキョウヤを殺そうとする理由がありません。

むしろ、死なないキョウヤからの疑いが深くなるだけ。

これは「島には能力者しかいない」という大前提で成り立つ疑問です。

ナナはそこを突き、ツネキチの死因の追求を止めさせようというわけ。

ネクロマンサー

キョウヤはナナの問いに疑問を抱きつつも、遺体解剖を始めようとするのです。

ナナは他のクラスメイトを使ってキョウヤを止めようとします。

すると、ツネキチが起き上がってきたのです。

それは「風間 シンジ」の能力「ネクロマンシー」

死体を操り、覚えていることを聞くこともできるのです。

さらに死体を通して周りを見たり、その人の生前の能力も使えるとか。

シンジに対する恐怖が湧き上がる中、1人の女子生徒がシンジを庇います。

彼女は「佐々木 ユウカ」です。

ナナはこの危機を乗り切るため、茶番を演じることを決心。

「ツネキチが苦しんでいる」と情に訴え、止めることに成功するのでした。

翌日。

ミチルの調査によると、ユウカの能力は「怪力」。

ナナの次の狙いはシンジに定めていました。

そこでユウカにシンジについての情報を聞き出すことに。

曰く、普段は授業にも出ずに寮で寝ているとか。

とはいえ、シンジを殺すとユウカが騒ぎ出すことは必至。

そこでユウカの調査も行うことに。

すると2人は夜に逢引をしていました。

2人を殺そうとすると、シンジが狙われると察していたキョウヤも登場。

ユウカにもバレてしまい、ナナとキョウヤは2人の話を聞くことに。

ユウカとシンジは幼馴染。

シンジは腕に火傷がありますが、それは5年前の映画館デートで負ったもの。

火事が発生し、シンジは他の客を逃しているうちに逃げ遅れてしまいました。

そこでユウカが能力で扉を押し開けて映画館の中のシンジを助けたのです。

そのときに初めてユウカは自らの能力に気づいたとのこと。

ユウカはシンジのことを「放っておけない弟のようだ」と話すのでした。

Bパート

ユウカとシンジ

翌日。

トレーニングの授業をズル休みし、ナナはシンジの殺害に掛かります。

風間 シンジ 推定殺害人数 約三十万人以上。

寮で1人眠っているシンジの首筋を毒針で刺して任務完了。

すると、帰り道に猫が側溝に落ちているのを発見したのです。

キョウヤとミチルがナナの様子を窺いに保健室を訪れます。

しかし、ナナは保健室の中にいません。

…が、窓の外から猫について2人に訴えていました。

ナナの頼みでユウカを連れてやってきたキョウヤとミチル。

ナナはユウカに「怪力で蓋を壊してほしい」と頼みます。

しかし、なぜかユウカはその時に能力を使うことが出来ませんでした。

キョウヤの部屋にあった猫缶を使ってなんとか猫を救出。

実はユウカが能力を使えなかったのは「動物アレルギー」だから。

「発症してしまうと能力が使えなくなる制限」があるのです。

一方、猫を助ける優しさを持ったナナが人を殺すことに、キョウヤは疑い始めるのでした。

その夜。

ナナはシンジと同様にユウカを殺そうとします。

…が、背後から誰かに殴られてしまって拘束されてしまったのです。

その正体はシンジでした。

実はシンジの能力が「怪力」であり、ユウカの能力が「ネクロマンシー」

つまり、シンジを使ってナナの襲撃に備えていたというわけ。

ユウカがシンジとの惚気を話す一方、ナナはベッドの下にネックレスを見つけます。

シンジが死んだのは「映画館での火事」

他の客を能力を使って逃がそうとする中で、逃げ遅れて窒息死しました。

ツネキチを操ったのは「シンジの凄さと彼との絆を見せつけたかった」からなのです。

ユウカはシンジを通してナナの殺害現場も見ていました。

そして自らの都合のいいようにシンジに言葉を喋らせているのです。

それはまさに「多重人格」のような「ふざけた人形劇」

残りの毒針も取られ、「クラスの前で説明しろ」と言われて絶体絶命のナナ。

彼女は「ナナオたちの殺害」について問われると、笑顔で話したのです。

「はい、そうですよ。

ただ、私は人殺しかもしれないが、死者を弄んだりはしない。」

Advertisement

さいご

というわけで、無能なナナ6話でした。


選択

ミチルがナナの魔の手から一旦避けることが出来て一安心ですね。

この高い危機回避能力は当分生存してくれるような気がします。


死者蘇生

これもどこかで開花するフラグにしか思えません。

ナナが死んでしまった時、ミチルが自らの命を代償に生き返らせたり…


お葬式

ナナが始末した中では初めてのお葬式ですね。

初めてがツネキチってのはなんか納得いきませんが。

やはり完全犯罪とは見つからないことが大事なんやなって。

キョウヤが少し揺らぎ始めてるのは面白いですね…

どこか味方になってくれる展開とかとても見たい。


ネクロマンサー

死んでもなお動いてくるとか、ツネキチは特別扱いじゃないですか。

これで彼も浮かべますね…よかった。

シンジの顔色悪いと思っていましたが、最初から死んでいたわけですね…

シンジが話している言葉は全部ユウカが喋らせているわけで。

見返して初めて分かるユウカの狂気っぷり…


ユウカとシンジ

この作品の優しさの基準は猫に対する思いが重要なんでしょうか。

猫が好きな人に悪い人はいないから…

ユウカとナナの攻防はめちゃくちゃ面白いですね。

ツネキチのときもそうでしたが、頭脳戦はやっぱり楽しい。

ここからナナがどうやって戦況をひっくり返していくかですよね。

最後の言葉を活路に言いくるめていくことができるんでしょうか…

ベッドの下のネックレスはキーアイテムでしょう。

あれはツネキチが付けていたものと同じですが…

あれを付けないとネクロマンシー出来ないとかも思いました。

ですが、シンジはつけていないんですよね…

ユウカを殺すのではなく、協力者としてつける展開もなくはなさそう。

ユウカはシンジがいればなんでもいい、って感じですからね。

でも、最後の挑発からするとその線は薄いでしょうか…

この件に対するキョウヤの動きも気になりますが、はたして。


6話通じて…

総作監・作監・作画「柴田ユウジ」さん1人でやってるの凄すぎないですか…?

尊敬の念しか感じない…


https://munounanana.com/

©るーすぼーい・古屋庵/SQUARE ENIX・「無能なナナ」製作委員会

『無能なナナ』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週日曜日 22:00〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

無能なナナカテゴリの最新記事