[本編まとめ]第10話 無能なナナ[感想・考察]

[本編まとめ]第10話 無能なナナ[感想・考察]

タイトル

見えざる刃

アバン

最強の敵

ジンに端末を奪い取られたナナ。

彼は変身先の能力を使える、今までで会った中でも数段上の力を持っています。

とはいえ、彼もどこかしらに弱点は抱えているはずなのです。

実際、ナナの能力を知りたいのにナナには変身してはいません。

それを使えば委員会の存在に迫ることも不可能ではありません。

ナナはジンが端末の画面に目をやったスキを突いて逃げ出すのでした。

Aパート

人類の敵への思い

ナナは寮まで逃げてクラスメイトに協力を仰ごうとしていました。

…が、彼はモグオに変身し、強力な炎でナナの背中を焼いてきたのです。

ジンはナナのことを正義の刃を振りかざした中二病だと思っている様子。

とはいえ、端末の支給をした存在がいることも確かなのです。

しかしナナも引き下がらず、火傷を負った状態でジンの弱点を探ろうとします。

ジンはその姿に感服し、ナナの家族構成を問います。

ナナの口をこじ開けられないと踏んで、信頼関係を築くことを選んだのです。

対してナナは答えます。

「父と母と、年の離れた兄がいたそうだ」と。

兄に関しては詳しく知らず、ナナが物心付く前に家を出ていました。

父は能力者関係の処務を扱う省庁で働き、母は幼稚園の先生をやっていた。

しかし、2人は陰惨な悪意を持った人類の敵に殺されてしまったのです。

その事実をナナは既に割り切っています。

「人間は生き返らせたり、時間を巻き戻したりしてはいけないから。」

その話にジンはナナの話す人類の敵が能力者だと察し始めるのでした。

怪我の影響で意識を失いゆくナナ。

そんな彼女にジンはアドバイスを送ります。

死体が出た以上、未熟かつうぬぼれの強い子どもは変貌を遂げるのです。

「殺人鬼はキミだけではないかもしれない」と。

ナナが目を覚ますと、そこはミチルの部屋でした。

曰く、部屋の外で夜中に物音がして確かめてみると、前で倒れていたとのこと。

どうやら、ジンがミチルの部屋の前に運んでくれていたのです。

ミチルも同じくジンの被害に遭っていた子。

ナナはミチルの偽物を追いかけて返り討ちにあったと説明します。

ナナの無事にほっと肩を撫で下ろすミチル。

ナナにとってはこういう時のためにミチルを生かしているのです。

1人頑張り続けるナナに対して気をかけるミチル。

彼女は「人類の敵が怖くないのか」と尋ねます。

その言葉に昔の光景がフラッシュバックし、本性が出かかってしまいます。

心配するミチルに対して、ナナは両親が殺された過去について話します。

「両親を殺した人類の敵には恐れよりも倒したい気持ちが強い」と。

それは1人で先走ったナナの行動を仕方ないと思わせる狙いを孕ませています。

…が、ミチルはそんな穿った見方をせず、ナナを想って大号泣したのです。

事件当時。

ナナは父の頭を抱え、助けを求めて泣きわめいていたのでした。

Bパート

ナナの過去

闇を抱えていると知ったミチルは、ナナの過去を聞くことに。

ナナ曰く、夜中に自宅に強盗が入り、朝起きたら両親が殺されていたとのこと。

そんな彼女を自分のことのように憂うミチル。

ナナもその姿には気を許す感情さえ湧いてきます。

犬飼ミチル 推定殺害人数 15万人以上

しかし、ナナは彼女にも裏があると思わずにいられません。

強盗に両親を殺されたナナですが、それが自分のせいだと自責しています。

ナナはミチルにはそれ以上話しませんでした。

ユウカとカオリとシンジのお葬式。

次の定期船が来るまでは学校は休みとなりました。

今回、殺しが出たにもかかわらず、担任はいまだ上からの判断を待ちばかり。

キョウヤはそんな彼に詰め寄り、直接話を付けることを宣言するのでした。

ナナが思い出すのは、両親殺害の事情聴取をされていた時。

事件当日、ナナは部屋の窓の鍵を締め忘れて寝ていました。

事件が起こるまで、そのことを父にはキツく注意されていたにもかかわらず。

このことから、犯人は子供部屋の窓から侵入したのだと断定。

それゆえ、ナナは自責し続けているというわけ。

一方、息を荒くするミチル。

彼女は「なんでもない」と言いつつ、悩みを吐露します。

「私が能力を磨いておけば、みんなを助けられたのに」と。

ミチルの異変は、能力の代償の寿命の縮みに関係している可能性があります。

…が、「なんでもない」と言うミチルにはナナも何もしないのでした。

自室でこれからのことを考えていたナナ。

今の状況において、差し迫ってナナを脅かす能力者は存在しません。

…が、それは学校内の能力者であって、ジンのことは例外。

そのジンがいつのまにかナナの部屋に侵入していました。

彼はミチルの能力を使ってナナを治療はしませんでした。

それは「変身先の能力の代償を引き受ける必要がある」という弱点のせい。

つまり、ミチルの能力を使えばジンも寿命が縮んでしまうというわけ。

2人が話をしていると、そこにやってきたのはミチルでした。

ジンは猫に姿を変え、ミチルは部屋の中へと入ってきます。

彼女はソワソワしながら取り留めのない質問をしてくるだけ。

どうやら、ナナの子どもの頃の話の続きが聞きたい様子。

それを猫であるジンにも促され、ナナは口を開き始めます。

ナナは当時、将棋や囲碁などの頭脳ゲームが大好きな女の子でした。

友達でやると圧勝してしまうため、遊ぶのは1人でだけ。

悪癖として「後片付けをしない」ことがありました。

そのせいで子供部屋にはいつも足の踏み場もありませんでした。

また物事にのめり込むきらいがあり、漫画にも没頭していました。

両親を殺された夜にもやっていたことです。

深夜、両親が寝るのを見計らって、窓から部屋の外に出ていました。

目的は「新しく発売した漫画雑誌を近所のコンビニに買いに行く」ため。

日頃からそれが習慣となっていたのです。

その後、帰ってすぐに漫画に没頭し、窓の鍵を締め忘れて寝てしまいました。

両親の小言よりもゲームや漫画の次の展開が気になってたのです。

つまり、強盗犯は日頃からナナの家の下調べをしていた。

ナナが部屋の窓の鍵を締めないと知って、そこから入ってきたというわけ。

ナナが朝起きたらリビングが静かで、血の匂いと生首が待っていたのです。

自責し続けるナナの手をミチルは優しく握るのでした。

新たな事件

翌朝。

ナナが目を覚ますと、ミチルはどこか険しい表情を浮かべて座っていました。

…と、ナナの部屋にキョウヤが血相を変えてやってきたのです。

彼は2人が一晩部屋にいたと知るやいなや、どこかへと連れて行きます。

やってきたのは男子寮の一室。

そこは既に緊迫した雰囲気が漂っていました。

中には1人の男子生徒が殺されていたのです。

つまり、ナナ以外に殺人を犯した誰かがいるのです。

「どうする、リーダー?」

エンドカード

Advertisement

さいご

というわけで、無能なナナ10話でした。


最強の敵

ジンは強いですね…

今のところ倒せるビジョンが見えてきません。

能力の代償を受けるってのもあまり重要ではなさそうですしね。

それがジンにとってはネックとなる時が来るんでしょうか…


人類の敵への思い

ミチルとナナの関係が強固になっていくのがいいなって…

ナナからすれば、ほとんどが打算的なものばかりなんでしょうが。

いつかは本心から仲良くなってほしいと思ったりもしますね。

大きなものを抱えているため、それが叶うのがこないような気もしますが…


ナナの過去

ナナが思っていた以上に大きな闇を抱えていた…

両親を殺したのはただの強盗犯って感じではないですよね。

なんらかの恨みを持って襲ってきたような気がします。

パパが仕事の中で恨みを買っちゃったんですかね?

とはいえ、この事件でナナは能力者を恨んでいるわけではないんですよね。

他にも能力者を恨むことになったきっかけがあるんでしょうか?

子供部屋が散らかってたってのは事件の1つの鍵にはなりそう。

足の踏み場がないけど、強盗は静かに潜んで入ることはできたんですかね?

委員会が目をつけたのはナナの頭脳なのでしょう。

猫になったジンがちょっとかわいくて愛嬌が湧いてしまった…

次にジンを見るときはどういう感情を抱けばいいんでしょう…

猫ジンを見るナナの怪訝な表情好き。


新たな事件

ミチルの険しい表情は気になりますね…

ナナに何かをしてあげるために考えているんでしょうか?

それとも、もっと闇を孕んだ企みなのか…

ナナ以外に殺人者が出たのにはビックリです。

ジンがやったって感じではないですよね。

彼の予想通りにはなっていますが…

糸目の女の子はなんか気になりますけどね。

何よりキョウヤが味方につく展開はとても楽しみです。

「どうする、リーダー?」のセリフめっちゃ好きです。


https://munounanana.com/

©るーすぼーい・古屋庵/SQUARE ENIX・「無能なナナ」製作委員会

『無能なナナ』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週日曜日 22:00〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

無能なナナ(1) (ガンガンコミックス)
るーすぼーい(著), 古屋庵(著)
5つ星のうち4.4
¥628

無能なナナカテゴリの最新記事