[本編まとめ]第11話 無能なナナ[感想・考察]

[本編まとめ]第11話 無能なナナ[感想・考察]

タイトル

見えざる刃PART2

Aパート

新たな殺人鬼

被害者「石井リュウジ」は喉を切り裂かれ、背中にも刺された跡がありました。

キョウヤの疑いの眼差しは、隣の部屋のモグオ。

曰く、昨夜は葬式以来、5時間ずっと子分3人を説教していたとのこと。

子分の能力は以下それぞれ。

「声帯模写」一度発動したら同じこと繰り返さないと収まらない。

「幽体離脱」胃腸が弱く、テンパると魂が抜けてしまう。

「全身磁石化」能力は未熟ながら、ナイフや包丁も操ることができる。

死体の状態から、殺害時刻は「昨夜」

第一発見者は、リュウジの恋人である「空野 フウコ」

学校は休みながら、毎日の習慣で迎えに来た時、死体を見つけたとのこと。

彼女の能力は「大気を操る」こと。

工業用のウォーターカッターのように物体を切り裂くことが出来ます。

実際、キョウヤは甘んじてその能力を受け、実情を確かめました。

狙いは精密ながら、空気の籠もった室内では上手く使うことはできません。

…が、現場の窓は開け放たれていたため、犯行は不可能ではありません。

各々に事情聴取をしていると、キョウヤのもとに担任が現れます。

曰く、お偉いさんからの電話が来たとのこと。

キョウヤは抗議のために電話口へ向かうため、一旦解散となったのでした。

ミチルの異変

キョウヤが去った後、ナナは現場検証を続けていました。

ですが、それよりもナナが気になるのはミチルの方。

彼女はどこか心を憂いている様子なのです。

「ナナの真実を知った」のか「体調が悪い」のか、ナナは心配を掛けます。

すると彼女は「学園卒業と人類の敵討伐後」について尋ねてきます。

対してナナは「大学に行く」と取り留めのない返答をします。

一方、ミチルは父が医者ということもあり、医者を目指そうとしています。

彼女の能力は治癒ながらも、病気や毒物に効果はないのです。

ナナは「気にしすぎ」だったこと、ミチルは「将来の夢を話せた」ことに一安心。

気を良くしたミチルは、ナナを実家に招こうとまでしてくれます。

彼女は「裕福で暖かい両親」を持っているから。

しかし、ナナはそれを両親を殺された自分への当てつけと感じ、不満を露わにするのでした。

ミチルに対して感情的になったことをナナは自室で反省。

とはいえ、ミチルの違和感は拭うことはできません。

最悪の場合、ナナの犯行に気づき、遠回しに諭している可能性すらあります。

…と、部屋にやってきたのは担任教師。

曰く、キョウヤから頼まれて新しい制服を持ってきたとのこと。

そこでナナが思い出したのは、ポケットに入れていた「毒の小瓶」

ジンに受けた傷を介抱してくれたのはミチル。

つまり、彼女が小瓶を持っている可能性が高いというわけ。

万一、キョウヤにそれが渡されれば、一巻の終わりとなってしまいます。

そんなときにやってきたのはキョウヤ本人。

彼は「ミチルが部屋に来た」と話を切り出すのでした。

Bパート

事件の推理

キョウヤが尋ねたのは「ミチルと喧嘩しているのか」と。

曰く、要領の得ない相談を持ちかけてきたとのこと。

とはいえ、キョウヤのここに来た目的はそれではありませんでした。

彼はフウコと話すためにナナに一緒に来てほしいのです。

彼女の部屋へと行く前に、担任はキョウヤに抗議の電話の結果を語ります。

どうやら、近々お偉いさんが学校に来てくれることになったと。

その人物が来てしまったら面倒事になるのは確実。

ナナはその前に「なるべく多く殺す」ことを決心するのでした。

ナナとキョウヤはフウコの部屋を直撃し、昨夜のアリバイを尋ねます。

葬式が終了後、彼女は自室で読書を嗜んでいました。

その後、友人が部屋に現れ、24時前から明け方近くまで話をしていたと。

一方、被害者のリュウジは早寝早起き。

5時に起きてダイエットのためにジョギングへ行き、23時には寝るのです。

しかし、彼とフウコは最近は倦怠期、彼の習慣もフウコは又聞きでした。

彼はギャグが得意な人気者であり、クラスの中でもモテる生徒だったのです。

キョウヤはフウコの友人にアリバイの裏取りをするために部屋を後にします。

彼が立ち去った後、フウコは涙ながらに「敵討ち」を誓ったのでした。

ナナはフウコの部屋を後にしてキョウヤと合流。

彼は「フウコが嘘をついていた」か、ナナに尋ねます。

実はキョウヤはナナに心の声を聞かせるために同伴させたのでした。

ナナはそれを誤魔化しつつ、フウコ犯人説に異を唱えます。

カオリの葬式が終わったのは「19時」

そこからモグオが24時まで子分の説教を続けていました。

そして24時以降は、フウコが明け方まで友達と自室にいた。

つまり、フウコにはアリバイがあるというわけ。

しかしキョウヤは殺害時刻を、モグオの説教の時間と確信しています。

現場のベッドの下には、明かりに誘われて部屋に入った虫が隠れていたから。

さらに部屋の窓は開いており、電気もつけっぱなし。

寝る前には窓を閉めて電気を消すに違いありません。

キョウヤが考える、窓が開いていた理由は「犯人の能力の都合」

24時以降に忍び込んだ可能性はあるものの、電気が付ける理由はありません。

犯人とのもみ合いの中で、電気をつけて窓を開けた事も考えられます。

しかし、彼の能力は「どこまでも小さくなれる能力」

襲撃者を相手にするよりも、小さくなって身を隠すことが最善であるはずです。

そうなると、リュウジを殺す最善は「不意打ち」

恋人であるフウコなら容易く叶えることができます。

彼女が能力を使ったからこそ、部屋が荒れていた理由にもなるのです。

モグオたちが気付かなかったのは、真っ先に喉を切り裂かれていたから。

犯人は物音に最善の注意を払い、声を出させないようにしたというわけ。

キョウヤの鋭い推理にナナは目を見張ります。

そしてキョウヤは動機の調査へ、ナナはミチルを詰めに向かうのでした。

ミチルの真意

ミチルの部屋を訪れると、浴室からシャワーの音が聞こえてきました。

ナナはそのスキに毒の小瓶を探すことに。

すると、ナナが見つけたのはミチルの日記。

ナナはミチルの異変の理由を探るため、それに目を通していきます。

しかし、そこにはただナナとの日々を楽しそうに綴っていただけ。

「ナナの力になりたい」「ナナのことをいろいろ聞いてみよう」

そして「どうしたら喜んでくれるかな…」

ナナはミチルの信頼に満ち溢れた日記をまざまざと見せつけられたのでした。

…と、背後に毒の小瓶を持って立っていたのはジン。

彼の今の目的は「リュウジの殺人犯探し」

彼はまだナナを泳がせるため、その小瓶とナナの端末を返します。

曰く、昨夜の殺人事件以来、森の動物が騒がしいとのこと。

ジンはその調査へと向かうのでした。

一方、ミチルが浴室から出てくる様子はありません。

ナナが急いで向かうと、そこには湯船でぐったりするミチルがいたのでした。

Advertisement

さいご

新たな殺人鬼

事件の捜査シーンはやはりワクワクしますね。

フウコが攻撃的な能力だったのにはビックリです。

この能力があれば、モグオやセイヤぐらいには簡単に勝てそう。

不老不死といえど、それを受けるキョウヤには引きましたけど。


ミチルの異変

ミチルに対し、ナナが徐々に人間らしい感情を抱いているのがいいですね。

ミチルの言葉じゃなければ感情的になることもなかったんでしょうね。

ナナが怒ったときに背中だけで落ち込んでいる様子がよくわかるねんな…

本当にいい子だな…本当に何十万人も殺す能力者になるんでしょうか…

殺人者を治癒する選択を取るようには思えないですよね。

もしや、あの数字も適当なのでは?


事件の推理

お偉いさんの動向も気になるところ。

このお偉いさんってのは委員会とは違うんでしょうか?

キョウヤの推理はやはりすごい。

元々は探偵とかだったんですかね?

事件の真相はとても気になります。

能力を見るからには全員事件に関わっていてもおかしくなさそう。

5人が全員犯人である共犯の可能性が?


ミチルの真意

ジンもなんかヤバそうですよね?

森の様子を見に行った後、死体が残されているという展開が見える…

ミチルが唯一の癒やし。

日記の内容で心が暖かくなりました。

それだけにミチルにはずっと生きて幸せになってほしいんですが…

どういう経緯であの状況に陥ったんでしょう。

殺人鬼の犯行って感じではなさそうですが…

ナナにはミチルに対しては人間の心を見せてあげてほしいですよね。

ミチルの笑顔が見たいし、ナナの笑顔もとても見たいんです。


https://munounanana.com/

©るーすぼーい・古屋庵/SQUARE ENIX・「無能なナナ」製作委員会

『無能なナナ』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週日曜日 22:00〜 最新話地上波最速同時配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

無能なナナカテゴリの最新記事