[本編まとめ]第7話 魔女の旅々[感想・考察]

[本編まとめ]第7話 魔女の旅々[感想・考察]

タイトル

『旅人が刻む壁』/『ぶどう踏みの少女』

旅人が刻む壁

イレイナが読んだ一つの物語。

隣り合う二国はとても仲が悪い国でした。

そこで一つの壁を築き上げ、互いに関わり合わないよう取り決められました。

そんな片方の国に一人の旅人の魔女「ニケ」が訪れたのです。

国の役人は壁を「味気ない」と零していました。

国の住民にとって、向こう側の住民の顔を見たくないのは確か。

ですが、向こう側にも負けたくないという気持ちもまた確かなのです。

そこでニケに対し、優秀さを表す「妙案」について尋ねることに。

その話を聞いたニケはナイフを借りて言葉を彫り始めました。

「この国のこちら側はとても素晴らしい 旅の魔女より」

壁は2つの国を阻む象徴と同時に、素晴らしさを表す象徴であるものです。

つまり「訪れた旅人に文字を刻んでもらえばいい」というわけ。

しかし、その案に浮かない顔を見せる役人。

そんな彼にニケは決定打を与えます。

「壁の向こう側にはすでに多くの旅人が訪れた跡があった」と。

そしてニケは逆側の国に向かい、同じ話を繰り返しました。

それ以来、その国には旅人が壁に文字を刻む風習が出来上がったのでした。

イレイナは幼少期からその話が大のお気に入り。

いつの日か、どちらが優秀かをその目で確認しようと胸を膨らませていました。

そんな国にやってきたのはサヤでした。

今回は魔法統括協会の一員として、依頼を受けてやってきたのです。

壁には一面、たくさんの旅人の言葉が刻まれていました。

…が、最初は大人気だった風習も、今ではブームが下火となってしまいました。

そこで「新たなアイデア」をその国の役人は求めていたというわけ。

サヤは考えた結果、突然に一心不乱に名前を彫り始めます。

「イレイナ、イレイナ、イレイナ、イレイナ、イレイナ…」

さすがの役人のサヤの行動には焦らざるを得ません。

つまりサヤの案は「国民も気持ちを壁に刻む」というもの。

国の壁を作ったのがあなたたちなら、あなたたちのためにあるべきだから。

サヤはその国での依頼を終え、次の依頼先は壁の向こう側の国だったのでした。

幼少期以来、壁のある国を訪れることに胸を膨らませていたイレイナ。

そしてついにその国を訪れました…が、既に壁は壊されていました。

両国の役人はイレイナを見て「十数年ぶりだ」と挨拶。

しかし、少し異なったイレイナの様相に認識を改めることに。

というわけで、イレイナは壁が壊された事情について尋ねます。

サヤの助言を受け、両国の国民は好き放題に文字を刻み始めました。

…が、そのうちに刻んだこと自体が恥ずかしい思い出になってしまったのです。

国の人々は文字を消そうと自棄になり、やがて取り壊されたというわけ。

旅の恥は掻き捨てでも、国の住民にとってはそうはならなかったのでした。

今の時代では互いの国に住む人への憤りはもう既にありません。

というわけで、両国が一丸となって平凡に過ごしていくことを決めました。

イレイナが最も気になっていたのは「どちらが優秀だった」か。

しかし、お互いが元々1つの国。

どちらも同じように変わりなく発展していたため、差などなかったのです。

少し残念に思いながらニケが刻んだ最初の言葉を眺め見るイレイナ。

ニケはこの結末まで考えて案を繰り出したのかもしれないと考え始めます。

そんなとき、壁の瓦礫を売りに来た出店の商人が。

イレイナが1つ買うと、そこにはこう刻まれていたのでした。

「イレイ…」

ぶどう踏みの少女

ぶどうの収穫が盛んな村があり、村長の孫はぶどう投げ祭りの準備中。

そんな彼に村長は「ぶどう投げ祭りが始まった経緯」について話し始めます。

昔々、村は「こっち」「あっち」の2つの村に分かれて喧嘩をしていました。

ぶどうの収穫時期にイレイナがやってきたのです。

彼女は初めての酒を美味しく飲むため、ぶどう酒が有名なこの村を訪れたのです。

こっち村はぶどう酒の美味しさを自負しています。

…が、村長が大事に抱えているのはあっち村のぶどう酒。

あっち村は「ローズマリー」という少女をぶどう踏みに仕立てているのです。

その結果、購入意欲をそそられ、売上も上々だとか。

こっち村の村長はローズマリーの大ファンなのです。

そこで、こっち村でもやるようにイレイナは促します。

それを妙案と見つけた村長は、その大役をイレイナに任命するのでした。

というわけで、あっという間にそそる衣装に着替えさせられたイレイナ。

そこに現れたのはあっち村のローズマリー。

彼女は既に勝ち誇り、イレイナを貶める声を残して帰っていきます。

それにキレたイレイナは、憎しみを込めてぶどうを踏みまくるのでした。

日が暮れるまで続けてようやく終了。

しかし、出来た酒は樽半分にしか満たない量でした。

一方、あっち村での酒の売上は既に数千本に上るほど。

その量をローズマリーが踏んでいるとは到底思うことは出来ません。

というわけで、イレイナとこっち村の村長はスパイに向かうことに。

すると、ぶどう踏みをしているのはローズマリーではなく、村の男たちでした。

2人はローズマリーを捕縛し、両村民を集めて不正を訴えます。

そんな中、喧嘩が始まってぶどうを投げあい始めたのです。

一方、イレイナは上機嫌でぶどう酒を堪能。

そして酔っぱらい、魔法を使って関係なしにぶどうの弾丸を連射。

結果、村民は全員朝まで気を失い、イレイナはいなくなっていました。

その事件がぶどう投げ祭りの始まりなのです。

今では収穫時期の恒例行事となり、ストレス発散の材料に。

あっち村とこっち村も憎しみ合わず、1つの村に合併したというわけ。

そしてローズマリーは語る村長の奥さんになっていたのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、魔女の旅々7話でした。


旅人が刻む壁

まずニケとイレイナママが同じであることが確実となりましたね。

イレイナが旅人になっていくことも運命だったんやなって…

ニケがイレイナの旅日記を読むときの姿がとても楽しみになりました。

またニケも旅に出たくなっちゃうんだろうなって。

2話続けてサヤのサイコっぷりが露わになるとは思いませんでした…

とはいえ、ちゃんとお仕事はしてるんですね。

この案は良し悪しはともかく、国のためにはなっていましたし。

それがイレイナの手元に届くところもサヤの運命力の強さを感じる…

楽しみにしてたというのもあり、イレイナには壁を見てほしかったですけどね。


ぶどう踏みの少女

過去の回想ではありましたが、村長さんはどっちも老けていましたね…

時系列からするともう少し若くてもよさそうですが。

話をしている時期はイレイナは既に大人になってるんでしょうね。

どんな姿になっているんだろう…

イレイナがふみふみしたぶどう酒ください。

今回はどちらの話もめちゃくちゃ面白かったです。

陰鬱として考えさせられるのもいいですが、素直に笑えるのもまたいい。

次回はどんなお話が飛び込んでくるんでしょうか。


https://majotabi.jp/

© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

『魔女の旅々』見るなら『dアニメストア』

最新話は11月15日(日)24:00より配信開始!

(毎週日曜日 24:00〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

魔女の旅々カテゴリの最新記事