[本編まとめ]第6話 魔王城でおやすみ[感想・考察]

[本編まとめ]第6話 魔王城でおやすみ[感想・考察]

タイトル

姫の迷いなき選択

きれいな布団で眠る

布団にジュースを零してしまったスヤリス。

というわけで、今回必要なのは「お洗濯」

一方、魔王は勇者が道中苦戦していることに頭を悩ませていた。

そのため、あらゆる補助アイテムを置いて援護をしようとしていた。

…が、それらを使ってスヤリスは洗濯から乾燥までを利用。

おかげでスヤリスはお日様みたいないい匂いの布団で眠ることが出来た。

しかし、勇者の援護アイテムはなくなり、その後は改によるお仕置きが執行。

スヤリスは「一週間ジュース禁止」になってしまったのだった。

おなかを冷やさずあったかく眠る

季節が秋となり、スヤリスは寒さに打ちひしがれ始めていた。

しかし、魔王城には無敵アイテムである「毛糸のパンツ」がない。

というわけで作ることに。

以前、幼い頃にパンツを自慢して母親に叱られた苦い経験があった。

そのため、魔物たちにはパンツ作りについて口を開くことが出来ない。

それが仇となり、スヤリスが反乱を企てているという誤解が生まれ始める。

パンツを作り終えたときには魔王城は厳戒態勢に。

それが解かれたのは、たくさんの動物柄のパンツが見つかったとき。

スヤリスは毛糸のパンツを手に入れ、安眠を手に入れたのだった。

魔王寝かしつけ大作戦

スヤリスは母親の「とっておきの安眠法」を思い出せないでいた。

一方、不甲斐ない勇者のせいで魔王は寝たくても眠れない状態だった。

もし魔王がいなくなると、スヤリスの寝床である魔王城が崩れてしまう。

というわけで、「魔王寝かしつけ大作戦」を実行することに。

しかし、あらゆる方法をとっても魔王が寝る様子はなかった。

魔王の方はスヤリスから下される暴挙の数々に苦しみ始める。

…が、お父さんっ子の彼は憧れの父のようになるため、諦めることはない。

そんな彼の姿に、お母さんっ子のスヤリスは安眠法をついに思い出す。

まずは人間と同様に頭を撫でて魔王を寝かしつける。

そしてついに安眠法の試行。

それは「寝かしつけた後に横で一緒に寝てしまう」ことだった。

スヤリスは安眠を手に入れ、魔王の疲労も緩和された。

しかし、勇者の迷走は未だ続くのだった。

Advertisement

さいご

というわけで、魔王城でおやすみ6話でした。


きれいな布団で眠る

姫が一番の諸悪の元凶に思えるほど凶悪でしたね…

事情を知らない上に悪気が全く無いのが…魔王はかわいそう。

脱水から乾燥が行われるシーンめっちゃ好き。

穏やかに眠る姿はさぞかし幸せなのでしょう。

見ているこっちも和みます、ありがとう。


おなかを冷やさずあったかく眠る

幼女姫のいたいけな姿が露わに。

今も昔もそう変わらないんでしょうね、当時の姿はもっと見てみたいです。

個人的に今回の話はかなり好きでした。

ママの言いつけをちゃんと守る姫はとてもえらい。

それに振り回される魔物たちがかわいかったですよね。


魔王寝かしつけ大作戦

自分の安眠のために魔王を安眠に誘ってしまうとは…恐るべし。

姫の母性が垣間見られました。

この安眠をまた得るため、子どもを作ると言ってしまうくらいはありそう。

…それはもう母性じゃないのかもしれない。

そして、はたして勇者が魔王城に辿り着くことはあるんでしょうか…?


https://maoujo-anime.com/

Ⓒ熊之股鍵次・小学館/魔王城睡眠促進委員会

『魔王城でおやすみ』見るなら『dアニメストア』

最新話は11月15日(土)より配信開始!

(毎週土曜日 24:00〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

魔王城でおやすみカテゴリの最新記事