[感想・考察]第10話 魔王学院の不適合者[ネタバレあり]

[感想・考察]第10話 魔王学院の不適合者[ネタバレあり]

タイトル

10話 学院別対抗試験

アバン

学院交流開始

黒服一般生徒たちがへとへとになって勇者学院に到着し始めます。

その日にちはアノスたちが到着してから10日のことでした。

ついに勇者学院と魔王学院の学院交流が開始。

そんな中、アノスの目に入ったのは登校中のエレオノール。

ミーシャはどこか彼女の悲しそうな隠れた感情を見つけます。

一方、アノスに「不正だ」と文句をぶつけるのは「リーベスト・エイニー」

彼は魔王学院の3回生首席で勇者学院まで2日でやってこれる優等生です。

彼はいまだアノスを暴虐の魔王とは認めない一派なのでした。

Aパート

小細工

まず壇上に上がったのは「ディエゴ・カノン・イジェイシカ」

彼は勇者学院の学院長であり、ジェルガ・カノンの担任でもあります。

始まるのは「レクリエーション」

テーブルの上に用意されたものを使用し、それぞれ魔法を披露する時間です。

ディエゴはその披露に序列二位であるレドリアーノを指名。

一方、魔王学院からは自らリーベストが名乗り出ます。

まず最初はレドリアーノのターン。

レドリアーノが使うのは勇者の魔法「リヒド」

なんでも効果を上げることができ、鋭さを増した剣でゴーレムを打ち砕きます。

次はリーベスト。

彼は魔物化の魔法「メドラ」でネズミに掛けようとします。

…が、何度やっても魔法の効果が発揮されません。

動揺するレドリアーノやディエゴを始め勇者学院側が嘲笑を始めます。

そんなとき、不正を告発したのはアノスでした。

実はレドリアーノが魔法を使う際、秘匿結界「デ・レノス」も使用していました。

効果は「魔族の魔法のみを防ぐ」ことができるもの。

アノスが指を鳴らすと結界が解け、ネズミがあっという間に魔物化。

さらに隣にあった植物にまで魔法がかかり、ディエゴたちは動揺を隠せません。

アノスは続けてリヒドを使用。

すると、普通の剣から聖剣へと変貌させてしまったのです。

本来、勇者の魔法は魔族には使えないはず。

アノス曰く、聖なる魔法は魔力の波長が違うだけとのこと。

レドリアーノはアノスが暴虐の魔王であることを認識し始めます。

それに怒り始めるのは皇族派の黒服たち。

それを勇者学院ラオスにも茶化され、リーベストは歯噛みするのでした。

再来

その夜。

アノスはアイヴィスの報告を聞いていました。

伝承には、カノンが人間に殺されたという記録はありませんでした。

しかしその中には妙な一節が存在しています。

それが勇者学院の卒業生によって各地に伝わっているとのこと。

アゼシオンが再び闇に包まれ、人々が伝説の勇者に祈りを捧げる。

すると彼が霊神人剣「エヴァンスマナ」を持って再び現れる。

そして再び世界に光をもたらす。

エヴァンスマナとはアノスを滅ぼすために作られた聖剣です。

つまり、カノンがアノスを再び倒すためにやってくるというわけ。

レイとミサ

話を終えた後、ミーシャとサーシャに誘われて祭りに行くことに。

その祭りは「ジェルガ」の生誕を祝う祭りでした。

そこにはミサとレイも2人だけで来ていました。

アノスは声をかけようとするも、サーシャがそれを止めます。

レイが屋台の射的で遊ぶ傍ら、ミサは考え込んでいました。

その原因は「勇者学院の生徒たちの目」

魔王学院の生徒を嫌っており、学院交流が険悪になってしまう可能性があるのです。

その話を聞いたレイはミサのほっぺをつまんで優しく慰めます。

ミサは自分に敵意を向ける相手にも決して敵意を返そうとしません。

それは皇族派に対しても同じことでした。

そんな彼女の強さのおかげでレイは救われたのです。

レイはその感謝を示すお返しに景品の「一つ貝の首飾り」をプレゼント。

いい雰囲気になりつつある2人をサーシャたちは微笑ましく見守るのでした。

翌日。

ファンユニオンの生徒たちはミサのつけた首飾りの話で持ち切り。

その首飾りには逸話が残されていました。

「ミシェンスの首飾り」

戦時中に死地を赴く恋人たちが生まれ変わっても結ばれるように、聖なる貝の殻を分けて2つの首飾りを作り、お互いが身に着ける。

これが現在では変化し、2つの首飾りを1つにして恋人に送り、恋人に送った首飾り2つに分けると求婚になるというものになりました。

その話を聞いたファンユニオンにレイとミサは囃し立てられるのでした。

学院別対抗試験

学院別対抗試験。

全生徒が集まる中、エレオノールの姿がないことにアノスは気付きます。

それでも滞りなく試験は行われる様子。

内容はお互いの「軍勢魔法」を使って戦うもの。

聖明湖という水中で取り計らわれることになりました。

勇者学院が参加するのはジェルガ・カノン。

ディエゴは「まともなレベルの生徒を選べ」と侮辱します。

侮辱されて怒り心頭のリーベストたち。

そんな彼らが挑発に乗っていることをアノスは諌めます。

メノウはそれに賛同し、彼女が望む最適メンバーはアノス班。

しかし、対抗試験に必要な人数は10人以上。

今のままではアノス班を選ぶことはできません。

そこでアノスはファンユニオン一同も加えることを提案。

…しますが、アノス班の参加をリーベストが遮ります。

「不適合者に任せられないし、挑発を見過ごしてはメノウの恥になってしまう」から。

その意思にアノスは参戦を許可。

メノウの苛立ちも取っ払うため、リーベスト班は勝利を目指すのでした。

Bパート

リーベスト・エイニー

ついに試験開始。

そんな中、アノスはメノウからリーベストの話を聞きます。

彼は入学当時は落ちこぼれ生徒で、始祖も嫌っていました。

彼は優しい少年で、誰かを傷つけることを憂いていたのです。

それを変えたのはメノウの言葉でした。

「始祖も同じ気持ちだった。

だから滅ぼすためではなく、味方を守るために始祖はガイズを作った。」

それ以来リーベストは始祖を尊敬し、自分の血にも誇りを持ち始めたのです。

「教科書の内容だけを教えるのは教師じゃない。」

アノスはメノウが立派な精神を持ち合わせていることを見たのでした。

完敗

試験は完全に勇者学院が圧倒。

次々に魔王学院の生徒たちが倒れていきます。

なぜか魔王学院側は魔法が上手く使えなかったのです。

それは戦う前から勇者学院側が仕掛けていたせい。

実は湖の中にある聖水が混ぜられていました。

それは「人間に魔力与えて魔族には毒となる」効果。

聖水は魔法具によって際限なく供給され、聖水を操る仕掛けもあるというわけ。

レドリアーノたちによって簡単に倒され、城も落とされてしまいます。

メノウはディエゴに救出を促しますが、何かと理由をつけて動こうとしません。

メノスは自ら赴こうとしますが、アノスはそれを止め…

たった5秒で湖の中から戦闘不能のリーベストたちを助け出すのでした。

メノウはリーベストを治療しようとしますが、「聖痕」が付けられていました。

聖痕は「魔なる魔法で深い傷を負う」とできるもの。

それがあると治癒魔法も効力を果たすことができません。

それにディエゴは謝るどころか、魔王学院の不甲斐なさを主張したのです。

自らの選択に後悔し、涙を流すメノウ。

そんな彼女の代わりにアノスは聖痕を治癒しようとしますが…

不適合者の施しを受けることを嫌い、リーベストはそれを断ろうとします。

対してアノスは意地の強さを評価。

とはいえ、このまま死ねばメノウの責任にもなってしまいます。

そこを説得材料にアノスはリーベストの思いを緩和させて治癒するのでした。

リーベストは治癒の代わりに、戦いの中で見つけたものをアノスに渡します。

それは「勇者学院の校章」で、「聖水を操ることのできる魔法具」です。

リーベストはアノスのことを嫌っているのは確か。

ですが、今はアノスの強さには羨みを隠すことができません。

アノスはリーベストの思いを知り、敵討ちへと向かうのでした。

第2戦へ

アノス班は2回戦の開催を提案します。

とはいえ、湖にはいまだ聖水が含まれています。

「それが怖いのなら湖の水を全部抜けばいい。」

そんな勇者学院「ハイネ」の言葉をアノスは宣言通りに行います。

アノスは魔法を使い、湖の水を一瞬のうちに蒸発させてしまったのです。

ディエゴは中止を宣言しますが、レドリアーノたちは黙ってはいません。

「『アレ』を使うから大丈夫ですよ。」

そして学院別対抗試験第2戦が開始されるのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、魔王学院10話でした。


学院交流開始

リーベストはアノスの踏み台になる運命なんだとこの時気付きました。

アノス側につけばよかったのにな!


小細工

これは小賢しい仕掛けですね?

そこまでして優越感に浸りたいんでしょうか。

現実問題、本当の力の差で言えばどっちが上なんでしょうね。

リーベストの魔物化はなかなかだったので、ある程度強いんでしょうが…


再来

この一節は偽装されたものなんですかね?

そもそも伝承自体に胡散臭さはありますが。

印象としては作り物で栄華を極めようとしてるだけに思えます。


レイとミサ

ここくっつくんですね、なるほど…


学院別対抗試験

リーベストくんが意地を見せてしまいました。

これは完全に踏み台ムーブですよ。

メノウ先生がイライラしてるのはかわいいと思いました。


リーベスト・エイニー

彼もいい子ではあるんですけどね。

もし混血として生まれていれば、アノスと仲良くやっていたのかもしれない。

それよりもメノウ先生がいい先生であることが認識できてよかったです。

やっぱりエミリア先生よりメノウ先生なんやなって。


完敗

魔王学院の敵は小物臭というか小細工が多いですよね。

ヘイトとしたら溜まりやすい流れになるかもですが。

力でねじ伏せるぐらいの力の差を見せてほしかったです。

リーベストくんも…

まあメノウ先生が深い悲しみに陥らなくてよかったです。


第2戦へ

ついに学院交流の本編が始まりますね!

これが見たかったわけですよ。

アレってのはエレオノールなんでしょうね。

どういう役割を果たすんでしょうか。

戦闘人形みたいになるのかな?

はやく戦いが終わって、彼女にはアノス一派に加わってほしいものです。


というわけで、また次回。


Advertisement

https://maohgakuin.com/

©2019 秋/KADOKAWA/Demon King Academy

魔王学院の不適合者カテゴリの最新記事