[感想・考察]第11話 Lapis Re:LiGHTs[ネタバレあり]

[感想・考察]第11話 Lapis Re:LiGHTs[ネタバレあり]

タイトル

#11「Top concern」

アバン

ケステル祭

「この花は乙女」と「シュガーポケッツ」は食事中。

そんな彼女たちのもっぱらの話題は「ケステル祭」について。

その中でオルケストラができることになったのです。

一同のやる気は満ち溢れる一方、シャンテだけはどこか落ち込んでいる様子。

原因は「ライツがいなくなったことに対する寂しさ」でした。 

そしてアンジェリカは1人考え込み、ルキフェルにある話をすることに。

Aパート

緊急事態

ティアラの屋敷でぐうたら生活を堪能するラヴィたち。

そのせいで屋敷にやってきた目的さえも忘れてしまっていました。

一方、ティアラは外へお散歩。

…しようとするも、衛兵はそれを許してはくれません。

さらに通常時よりも衛兵の数が明らかに少ないのです。

その事情についてアンナに尋ねることに。

屋敷の衛兵たちの多くは「魔獣の討伐」に駆り出されていました。

近頃魔獣の活動が活発で、マームケステルにも向かいつつあるとか。

マームケステルはフローラ女学院がある街です。

そんなうっかりエリザに口止めされていることを話してしまったアンナ。

そこにやってきたロゼッタたちにもティアラはマームケステルの危機を伝えるのでした。

フローラ女学院。

ユニットの各リーダーは理事長室に集められていました。

それは「他言無用の話をする」ため。

とはいえ、クロエはアンジェリカがいることを不思議に思っている様子。

サディスティックキャンディーがオルケストラをやる予定はありませんでした。

アンジェリカの目的は「手伝い」のため。

そしてクロエはアンジェリカが「あんじぇ」である事実を一同に明かしてしまいます。

あまりの変貌っぷりに目を疑いつつ、Rayの大ファンのラトゥーラは大喜びするのでした。

話は本題へ。

ケステル祭において、各ユニットが区画ごとにオルケストラをやることになっています。

しかし今回は「同刻」に行うことが決定したのです。

その理由は「マームケステルに魔獣の群れが迫っている」からでした。

魔獣については「フローラ女学院の成り立ち」にも関係しています。

フローラが魔獣を封印した地に設立したのがフローラ女学院です。

その事実とオルケストラが発展したことは深い関わりがあります。

オルケストラが生み出す魔力を使って魔獣を封印しています。

さらに街中には「魔獣を浄化する」ために、「プリズムウォール」が組み込まれています。

その発動には「膨大な魔力が瞬発的に必要となる」のです。

つまり魔獣を浄化するためには、オルケストラをやることが必須というわけ。

今回において鍵となるのは各ユニットのオルケストラの大きな盛り上がり。

万一失敗してしまえば、学院はおろかマームケステルが壊滅しかねません。

それゆえ、クロエは各ユニットに学院の命運を託すのでした。

わからずや

ティアラの学院行きにエリザが反対したのはそれが原因でした。

それを知ったティアラは学院へと戻ることを決心。

まずやるべきは「エリザからの外出禁止令を撤回させる」ことです。

アンナの合鍵を借りてエリザの私室に突撃したティアラ。

ティアラはエリザを説得する中で、衝撃の事実を聞かされます。

それは「ティアラが退学になりやすい班に入るように仕向けた」こと。

彼女とは違い、クロエには別の思惑もあったようですが…

とはいえ、今はそれよりも学院をこのままにしてることには我慢ができません。

ティアラは1人ではなく、ロゼッタたち4人が一緒です。

みんなと一緒ならば出来ることがあるはずなのです。

「たとえエリザにはなれなくとも、自分にしかなれない魔女になるために。」

ティアラの姿に成長を垣間見たエリザ。

しかし、ティアラが外出をすることだけは許そうとはしません。

そんな彼女にティアラの感情は爆発するのでした。

「おねえちゃんのわからずや!」

Bパート

みんなと一緒に

非常事態について、ラトゥーラはシャンテとメアリーベリーに報告。

メアリーベリーはやる気を見せる中、シャンテは1人逃げ出してしまいます。

他のメンバーたちもまた各ユニットメンバーに報告。

動揺はありながらも、オルケストラへのやる気を満ち溢れさせています。

シャンテがとぼとぼと街中を歩く中で、活気づき始める光景を目撃。

街の人にとってもケステル祭は生き甲斐で、準備にも希望が溢れているのです。

そこにラトゥーラとメアリーベリーが追い付きます。

2人はシャンテを優しく慰め、そしてシャンテは自分の心境を吐露します。

もし自分が逃げてしまったら、祭りが台無しになってしまうことは確実です。

それでも失敗への恐怖を拭い去ることは出来ないのです。

1人で背負い込むシャンテにラトゥーラは喝を入れて慰めます。

「1人じゃできなくても3人一緒なら大丈夫だ」と。

お互いが支え合いながら、出来る範囲のことをやるだけでいいのです。

ラトゥーラとメアリーベリーの慰めにシャンテは元気を取り戻すのでした。

スーパーノヴァ。

話を聞いたフィオナはやる気満々。

ユエは「エリザのようになれていない」自分の無力さを嘆きます。

それでもオルケストラで魔獣を消し炭にするためにやる気を見せます。

そして残念なのは「ライツがいない」こと。

しかしユエはティアラが帰ってくることを信じて疑ってはいません。

彼女が帰ってくる場所を守るために前へと進み始めるのでした。

マームケステルへ

ティアラたちは策を練っていました。

そこで考えついたのは「屋敷を抜け出す」こと。

計画を練り始めようとした時、アンナが血相を変えてやってきます。

アンナの言葉を受けてエリザの私室へとやってきたティアラたち。

そこに残されていたのは「転移魔法の魔法陣」でした。

彼女は時折それを使い、マームケステルを行き来していたのです。

すでにエリザがマームケステルへ行ったということでそれを流用。

…しようとするも、使用する能力は持ち合わせていませんでした。

魔獣の討伐が行われるケステル祭当日は「明日」に迫っています。

つまり、今から馬車で向かっても間に合わないというわけ。

その事実に落胆するティアラたち。

そんな彼女たちを見兼ねてアンナは協力することを決心します。

ティアラたちは屋上へと向かうと「飛行船」があったのです。

これを使ってマームケステルまで行こうというわけ。

アンナはエリザの鞄を手渡し。

そしてティアラたちはマームケステルへと急ぐのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、ラピライ11話でした。


ケステル祭

以前と違ってシャンテはずっとダウナーでしたね。

新鮮ではありましたが、やはり明るい姿のほうがいいです。


緊急事態

魔獣の魔の手がついにマームケステルにまで…

ですが、なぜか魔獣がやってくる姿は思い浮かびませんね。

それはやはり女の子がかわいいからなのかもしれない。

あんじぇを前に顔を蕩けさせるラトゥーラ好き。

これ以降はアンジェリカに対しての態度が一変するんだろうな…


わからずや

つい取り乱してしまったティアラはかわいい。

まあ全然許してくれなかったのですから仕方ないね…

エリザはティアラが心配だからではあると思うんですけど。

その過保護っぷりにはなかなか引いてしまう勢いですね。

学院に行かせないのはともかく、退学させようとしていたとか…

クロエはそれ込みでティアラに立派になってほしかったんですかね?

それとも、エリザの妹離れを促すつもりでもあるんでしょうか。


みんなと一緒に

メアが立派になっていて感慨深いですね…

以前の弱気な姿が嘘のように思えてしまいます。

ラトゥーラの真似をするなんて思いもしませんでしたから。

作中で一番変わったのは彼女なのかもしれない。

ユエのティアラへの思いの強さも好き。

あれだけ嫌ってたのに、今ではもうお気に入りちゃんじゃないですか。

エリザ以上にティアラを好きになる日も遠くないのかもしれない。

今のティアラとユエの絡みはたくさん見たいものです。


マームケステルへ

次回が最終回となり、展開にも終盤らしさが表れてきました。

最終回で見たいのはRayのオルケストラですね!

もちろん他ユニットのも見たいですが…

今のアンジェリカがどうやってあんじぇになるのかが気になります。

最後の最後までラピライを堪能したいですね。


というわけで、また次回。


https://www.lapisrelights.com/anime/

©KLabGames・KADOKAWA/TEAM Lapis Re : LiGHTs

『Lapis Re:LiGHTs』見るなら『dアニメストア』

最新話の配信は9/15(火) 22:00より配信開始!

(毎週火曜日 22:00〜 最新話配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)
森田季節(GAノベル/SBクリエイティブ刊)(著), シバユウスケ(著), 紅緒(著)
スクウェア・エニックス (2018-01-12T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.6
¥309

Lapis Re:LiGHTsカテゴリの最新記事