[感想・考察]第32話 Re:ゼロから始める異世界生活[ネタバレあり]

[感想・考察]第32話 Re:ゼロから始める異世界生活[ネタバレあり]

タイトル

‐ 2nd season 32話 ‐ ユージン

アバン

絶望

レムを助けに禁書庫の外に出ようとするスバル。

しかし、ベアトリスはそれを止めます。

なぜなら「レムの部屋に戻る理由はなくなった」から。

絶望に暮れるスバルに対し、治癒を施そうとするベアトリス。

スバルは彼女に怒りを露わにします。

彼女はスバルだけを助け、ラムたちを助けてはくれなかったのです。

それにスバルにとって救われることは望んでいなかったから。

そんなスバルの訴えにベアトリスは動揺を隠せません。

スバルはこの生を諦めて自殺しようとします。

しかし、ベアトリスはスバルの行動を必死で止めるのでした。

そのとき、スバルが見つけたのは「魔女教の福音書」だったのです。

Aパート

ベアトリスの真意

ベアトリスは福音書を大切そうに抱えています。

そこに書かれているのは「ベアトリスが受けた福音の導き」

書かれていることだけがベアトリスがしていること。

つまり、スバルをずっと助けてきたのは福音書の指示だったのです。

彼女にとって人間は憎むべきもので、「全てはお母様」のため。

ベアトリスの行動の真意にスバルはショックを受けずにはいられません。

彼女のおかげでスバルは再び立ち上がってこられたのです。

そこに現れたのはエルザでした。

彼女が狙う最初の標的はベアトリス。

その行動をスバルは必死で止めようと立ち向かいます。

…が、エルザによりお腹を裂かれて殺されてしまいました。

スバルが最後に見たのは、スバルを見たベアトリスが動揺する姿でした。

3度目

3度目のリスタート地点に戻ってきたスバル。

以前と同じようにエミリアを宥め、墓所から脱出して、リューズと話して…

そして同じように自責に駆られるエミリアを慰めたスバル。

次にやるべきことはロズワールとの会話です。

そこに現れたのはオットーでした。

彼はスバルが落ち着きすぎていることを危険視しているのです。

その言葉はスバルの自信をつけました。

なぜなら2度目の悲惨な現場を目撃しても、今は冷静でいられているから。

そこにガーフィールも姿を現します。

彼は「聖域」についての話をしようというわけ。

スバルは心配するオットーを振り切り、ガーフィールと話をすることに。

結界とフレデリカ

ガーフィールは話をする場所へとスバルを案内中。

この展開は1度目も2度目にもなかったものでした。

この機会を利用して、スバルは「フレデリカ」のことを尋ねます。

その問いに答えたのは、ガーフィールではなくリューズでした。

今回、スバルと話したかったのはリューズ。

ガーフィールは使いとしてスバルを呼びに来たというわけ。

リューズは質問に答える前に、スバルがそれを尋ねる理由を尋ねます。

フレデリカは混血でありながら結界の外に出られています。

スバルはその方法で同じように聖域の人も結界の外に連れ出そうというわけ。

もちろん、試練を超えれば結界を解除することは出来ます。

試練を避けようとするのは、エミリアにそれを受けさせたくないから。

今はエミリアが困難から逃げても、いつか打ち勝てると信じているのです。

ガッドギー・グアッドゼアッドの山籠もりと同じ(都合のいい抜け道などない)」

リューズはフレデリカについて語り始めます。

フレデリカが結界の外に出られたのは「結界に囚われる条件を満たしていない」から。

結界は混血を血の濃さで判別しています。

つまり「ハーフは結界に囚われて、クォーターは結界に囚われない」のです。

事実、ガーフィールとフレデリカの父親は異なっています。

だからこそフレデリカは結界を自由に出入りできるというわけ。

それでも彼女は10年以上も聖域には戻ってきていません。

そんな彼女は「ここを捨てた」とガーフィールは怒りを露わにするのでした。

リューズの目的

スバルは1つ収穫を得られたとはいえ、問題はやはり試練を受けること。

そこでスバルは2人に口外禁止で1つの提案をします。

それは「エミリアの代わりにスバルが試練を受ける」こと。

リューズはその提案に驚きながらも、その提案を把握します。

するとそんな彼女からも1つ大事な話が。

それは「ここで大人しくしてもらわねばならん」と。

スバルはガーフィールに襲いかかられて意識が遠退いていきます。

「口外はせん。『リューズ・シーマ』の名に賭けて誓おう。」

Bパート

投獄

スバルが目を覚ますと、目隠しと拘束をされて動けませんでした。

ガーフィール曰く、ここは聖域の誰も知らない場所。

たとえ助けを呼んでも誰も来ることはないのです。

リューズとガーフィールがスバルを警戒したのには理由がありました。

それは「墓所から出てきたスバルが魔女の残り香を漂わせていた」こと。

スバルが魔女教徒だと思いこんでいるのです。

エミリアの代わりに試練を受けると名乗り出たため、強硬手段に出たと。

それでもガーフィールは周りへの悪影響を恐れて殺そうとはしません。

それは殺すだけではなく、自殺もさせようとはしないのです。

何も出来ないスバルには打てる手段はどこにもないのでした。

一方、聖域内ではスバルがいなくなって騒ぎが起こっていました。

その傍らでオットーはガーフィールに口止めのために脅迫。

彼だけがスバルとガーフィールと話していたことを知っているのです。

ガーフィールはオットーの目の前に魔石もちらつかせる徹底ぶり。

オットーは選択を迫られてしまうのでした。

スバルは拘束された中でも頭を巡らせます。

屋敷への襲撃は誰かが帰ってきてから行われること。

現時点では最長で5日の猶予があることが判明しています。

そして気になるのはベアトリスの真意。

スバルは彼女の行動に自分の意志が関わっている可能性を捨ててはいません。

それだけでなく、彼女の声が恋しくなり始めるのでした。

長い時間が経過。

その間のスバルの世話はリューズの役目。

食事と緩くなった拘束を整えて帰っていきます。

ユージン

希望を捨てずに足掻き続けていたスバル。

そんな彼からも徐々に希望が失われていきます。

そこに足音と「ある人物」の声が聞こえてきたのです。

その正体はオットーでした。

彼は危険を侵してまでスバルを助けに来てくれたのです。

オットーが助けに来たのは、スバルが投獄されてから3日後のこと。

エミリアの試練の時間を利用してやってきたのです。

スバルはオットーに外の様子を尋ねることに。

スバルが失踪したことはエミリアに相当の動揺を与えました。

失踪翌日の試練が見送られたほど。

そうなるとロズワールにとってネックなのはスバルがいないこと。

そこで彼はエミリアと誓約をしたのです。

それは「スバルの大規模捜索隊を出すために聖域の解放を優先させる」こと。

その日以降、エミリアは必死で試練に挑み続けています。

…が、その努力はいまだ叶ってはいません。

オットーはその話をあくまで「聞いてきた」こと。

実はオットーもガーフィールから逃げ回っているのです。

彼はガーフィールに口止めを持ち掛けられたものの、それを断ったのです。

そこでスバルが気になるのは、自分に加担してくれる理由。

オットーは何の気なしにその問いに答えます。

「友人を助けようとするってのは、そんなにおかしなことですかね?」

呆気に取られるあまり、「ユージン」が理解できないスバル。

オットーはスバルと取引はあれど、彼を友人だと思っているのです。

その言葉にスバルは爆笑しながらも涙が零れ落ちます。

そしてオットーが友人であることをはっきりと認めるのでした。

Cパート

協力者

オットーの案内で牢獄を抜け出したスバル。

オットーはスバルを結界の外に出そうとしています。

その企みには1人の心強い協力者の存在がありました。

2人を待ち受けていた協力者は「ラム」だったのです。

一方、脱走に気付いたガーフィールは怒りを露わに、獣化するのでした。

Advertisement

さいご

というわけで、リゼロ32話でした。


絶望

ベア子にもいろいろありそうですが、心までは失われていないようですね。

スバルに突き放された時の反応は彼女の本心でしょう。

とはいえレムがここでも殺された事実はつらい…


ベアトリスの真意

ロズワールがエキドナ好きっぽいので、ベア子もそうでしょうか。

そうなるとベア子の母親がエキドナになるのかな?

誰であれ、その人物はスバルに気をかけているわけですよね。

その人物がスバルをこの世界に呼び寄せた正体でもあるんでしょうか。

自分の元にスバルを来させるための協力にベア子を付けた感じでしょうか。

そもそも、魔女が善なのか悪なのかもよく分かりません…


3度目

オットーが親友ポジを得ようとしていますね?

1期のときはただのモブだと思っててごめんなさい…


結界とフレデリカ

謎が1つ明らかになりましたね。

同じ兄弟なのに、自由なフレデリカと結界から出られないガーフィール。

ガーフィールが抱くヘイトの理由も分かる気がします。

フレデリカは10年以上帰ってないみたいですが、今まで何してたんでしょう。

メイドを辞めた後もロズワールの命令で何かしていたんでしょうかね?

あと気になるのはどちらが年上だってこと。

印象だとフレデリカの方がお姉さんって感じがします。


リューズの目的

リューズさんは気になることいっぱいあります。

まずは見た目でしょう。

黒のローブを着込んでるときと、白のローブを着込んでる時がありますよね。

今までで言えば、黒はリスタート地点後の話し合いのとき。

白は、今回に加えてスバルが森の中に転移されたとき。

食事係も白かな?

そして名前ですよね。

黒は「リューズ・ビルマ」と名乗り、白は「リューズ・シーマ」と名乗った。

2人は似た姿の別人ってわけなんですかね?

別人というより1人が2つの身体に分裂してる感じっぽいですが。

2人は別の役割を持って動いてるんでしょうかね?


投獄

初回以外はガーフは敵として立ちはだかってきますね。

やはりエミリアが試練を受ける道しかないのか…

この辺りにはスバルも動きにくくなっちゃいましたね。

ここからどうするのかとても気になります。


ユージン

ガーフに買収されるとも思っていてごめんなさい。

やっぱりオットーが1番なんやなって。

前世から数えても、スバルの数少ない友だちになったでしょう。

もしかしたら、友だちと言ってくれる相手は初めてなのでは?

そう考えるとスバルの涙もより感慨深く感じられます。


協力者

聖域編のお姉さまの心強さは異常。

レムがいなくてもラムはやっていけるってことが証明されましたね。

というより、レムがいるからラムがだらけてしまうのでは?

次回のガーフとの激突は見ものですね。

ラムに好意を抱くガーフは一体どうするんでしょう。

スバルが結界の外に出て、新たな情報を得られるのか否か。

そろそろ突破口も見つけたいところですよね。


というわけで、また次回。


Advertisement

http://re-zero-anime.jp/tv/

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

俺は星間国家の悪徳領主! 1 (オーバーラップ文庫)
三嶋与夢(著), 高峰ナダレ(イラスト)
オーバーラップ (2020-07-25T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.7
¥683

Re:ゼロから始める異世界生活カテゴリの最新記事