[感想・考察]第37話 Re:ゼロから始める異世界生活[ネタバレあり]

[感想・考察]第37話 Re:ゼロから始める異世界生活[ネタバレあり]

タイトル

‐ 2nd season 37話 ‐魔女たちの茶会

アバン

決心

死に戻りを経て帰ってきたスバル。

思い出すのは命を手放してしまった直前のエミリアの姿。

彼女はスバルがそばにいなければキスをするまでに狂ってしまうのです。

スバルは改めて命を懸けて誰も彼も救うことを決心するのでした。

Aパート

第2の試練

その後。

エミリアたちと遺跡から戻ってスバルは考えます。

最も厄介なのは「ロズワール」の存在。

彼は死に戻りは知らずとも、スバルがループをしていることを知っています。

常に叡智の書に従い、自ら命を落としてやり直しすることも厭わない。

何が彼をそうさせているのかはスバルにはわかりません。

ただ一つ思えるのは「彼のようには絶対にならない」こと。

そこでスバルが頼るのはエキドナでした。

聖域から1人で遺跡へと赴き、奥でエキドナに懇願へと向かいます。

「ありうべからざる今を見ろ。」

誰かの声が聞こえたと思いきや、スバルは倒れて意識を失ってしまうのでした。

スバルが見たのは、自分の死体のそばでエミリアやフェリスが泣く姿。

それは暴食に食べられ抜け殻になったレムを救うために自殺に及んだ後の光景。

死に戻りをするスバルには決して見たことも知ることもない姿だったのです。

スバルの死を苦しみ、嘆き、怒り、後悔し…

「私を好きって言ってくれたのに…」

意識を取り戻したスバルは先の光景を思い出して戻してしまいます。

その後も何度も何度もスバルが死んだ後の世界を見せられたのです。

精神が摩耗し、目を閉じようとしたその時。

「もう立てなくなってしまいましたか、スバルくん?」

スバルの耳に届いたのは、聞いたことのある彼女の声でした。

Bパート

知らない彼女

その光景に目を疑うスバル。

しかしそれは紛れもないレムの姿だったのです。

スバルは涙を流し、レムに今までの嘆きと弱音をぶつけます。

そんな彼をレムは慰め、優しく抱いて言ったのです。

「今はレムに預けてゆっくり休んで眠ってしまっていいんです。」

レムの唇がスバルに近付き、彼女に身を預けそうになったその時。

「諦めるのは簡単です。でもスバルくんには似合わない。」

スバルは以前のレムの言葉を思い出して我を取り戻します。

目の前にいるレムが「偽物」であるとスバルは見抜いたのです。

彼女は泣き言を吐き出させた後には必ずスバルを立ち上がらせるから。

スバルを愛しながらも、誰よりも彼女は厳しいのです。

そんな彼女にはスバルも諦めることは見せられません。

「まがい物だ」と訴えるスバルを前に動揺して零すレム。

「聞いてた話と違う…」

レムの姿が変わり、別人になりました。

彼女は「カーミラ」色欲の魔女だったのです。

スバルがカーミラをレムと見間違えたのは、スバルがそう見たがったから。

そして彼女がここに来たのは「エキドナに甘やかせと言われた」からでした。

契約

怒りが募るスバルですが、そこにエキドナの声が聞こえてきます。

「それ以上は命に関わるよ。」

スバルは苦しみ始めながらも、エキドナに茶会に招かれて一命を取り留めます。

原因はカーミラの「無謀の花嫁」

彼女と相対していると呼吸を忘れ、いずれ心臓の鼓動も止まってしまうのです。

エキドナがカーミラを差し向けたのはあくまでスバルを救うため。

あのままではスバルの心は擦り切れてしまっていたのです。

スバルは怒りを収めてエキドナから「第2の試練」の説明を聞くことに。

第1の試練と同様、先の光景はスバルの記憶から再現された世界です。

あくまでよくできた非現実で、あったかもしれない光景なのです。

それが現実にあったどうかは嫉妬の魔女しかわかりません。

彼女の権能である「死に戻り」は彼女にしか理解できないのです。

ですが、スバルは知らない場所で人を救えなかったことを嘆いていました。

「救えなかったかもしれない多くを数えるより、救えた多くを数えるべきだ。」

エキドナにはスバルが全力を尽くして歩んできたことを知っています。

それゆえ、彼の行動を決して責めず、むしろ賞賛してくれたのです。

そんな彼女の目的は「契約を交わしてほしい」ということ。

つまりは「強欲の魔女との正式な契約」です。

契約により、今後のスバルに大きな助けになることは確実。

死に戻りも共有することができ、彼女から解決法も得られるというわけ。

彼女から契約のメリットを聞き、好印象を抱きます。

…が、先走ってエキドナは感情露わに大喜びしてしまうのでした。

魔女の茶会

というわけで、スバルはエキドナと契約を交わすことに。

そんなとき、待ったをかけに来たのは憤怒の魔女ミネルヴァでした。

実は茶会に1人の魔女しか来られないなんてエキドナの真っ赤の嘘。

スバルを他の魔女に取られることを危惧したエキドナの企みだったのです。

ミネルヴァが指摘するのは「契約の不都合」について。

ですがそれにもエキドナは黒い部分を見せようとはしません。

「必要な対価は『スバルから生まれる全てを味わわせてもらう』こと」だと。

そこに「隠していることがある」と指摘しに来たのは色欲の魔女カーミラ

それでも「キミの望む未来に必ず連れて行ってあげる」とエキドナ。

さらに怠惰の魔女セクメトもそれに異を唱えに現れます。

「エキドナの約束の枕詞には『最後には』が付く」のだと。

さらに傲慢の魔女テュフォンと暴食の魔女ダフネも現れたのです。

セクメトの言葉を聞いたスバルはエキドナを問い詰めます。

「最善の未来には『最善の道を通るのか』」と。

その問いにエキドナはすぐには口を開きませんでした。

「望む未来を掴むためなら、その道のりで出る犠牲を許容する。」

強欲の魔女にとって、様々な未来を見られる死に戻りは素晴らしい権能。

スバルの望みを叶える過程で生まれる結果が彼女の好奇心を潤すのです。

望むものを掴むため、互いが互いの力を利用し合えばいいというわけ。

スバルに対して赤裸々に長々と「愛の誓い」を語るエキドナ。

そんなエキドナの言葉をスバルは受け入れることは出来ません。

彼女は態度は幼稚で薄っぺらで上っ面で、他人の感情が理解できないのだと。

その言葉にはさすがのエキドナも少し不満を表すのでした。

エキドナの真意

スバルは契約に対しての答えを選ぶため、ベアトリスについて尋ねます。

問いは「エキドナとの契約で誰を待っているのか」ということ。

「さあ、一体誰なんだろうね?」

エキドナの目的は、ベアトリスが「その人」を誰に選ぶのかが知りたいだけ。

「その人」にエキドナは誰も定めてはいなかったのです。

400年待ち続けたり、死を望んだこともまたエキドナの好奇心を潤したのです。

スバルは彼女との交渉は決裂に終えることに。

エキドナではなく、ベアトリスの手を取ることを決心しました。

そんなとき、突然魔女たちが動揺し始めます。

影が覆い始めたそこに現れたのは嫉妬の魔女ステラだったのです。

Advertisement

さいご

というわけで、リゼロ37話でした。


決心

狂化エミリアは恐ろしい。

スバルがいなくなることがトリガーであることは確かなんでしょうね。

スバルくんははやくエミリアを救ってあげて…


第2の試練

これはかなりつらい試練ですね…

あることは分かってましたが、見せられるのは全然違います。

特にスバルが崖の上から身投げした後のアレはしんどいシーンでした。

パックVSラインハルトは面白かったですけど。

大事なのはここをどうやって乗り切るかですか。

前回と同じく向き合うことが大事なんでしょうけど…

そういえば、エミリアはどの試練でつまずいているんでしょう。

第1だと思ってましたが、ある程度進んでいたりするのかな?


知らない彼女

レム本人ではないとは思いましたが、まさか魔女だとは思いませんでした。

カーミラはゆるふわ系でかわいい。

あそこでキスされてたらどうなっていたかは…恐ろしい。

中途半端に出てきてしまったから、またレムが恋しくなってしまいました…


契約

エキドナは最初から優しくて頼りになるから怖いんですよね。

魔女ってのはある程度恐ろしいものだと思っていましたから。

そして今回その一面が見えてきました。

スバルが望む最善の道ってのはどこなんでしょう?

エミリアが世界の全員に受け入れられることなんでしょうか。

そう考えると、どういった方法でそれを叶えられるのか怖さしかありません…

喜んで立ち上がるエキドナさんにビックリしたのは自分だけじゃないはず。


魔女の茶会

ついに魔女が全員出てきたわけですね。

それぞれがどういう企みを孕んでいるのかは定かではないですが…

現時点でミネルヴァは一番いい子っぽいですよね、憤怒ってのは怖いですが。

でもそう思っていると裏切られるのはわかっているんです。

一人ひとりのエピソードもいつか見てみたいです。

どういうキャラなのか把握したいですしね。

愛の誓いを語るエキドナが怖くなっていく演出はゾッとしました。

めちゃくちゃに狂気を感じましたし。

今回でエキドナを味方のようには思えなくなってしまったんやなって…


エキドナの真意

ベアトリスがこれを知ったら正気を保てなさそうですね…

ここはスバルに一肌脱いでもらいたいところ。

これからはエキドナを頼らずに行くんですかね?

それがベアトリスに補ってもらえればいいんですが。

いまだ解決の道が全く見えず、まだまだ前途多難が続きそうな予感です…

私のレムはいつ目覚めますか??

そしてついに現れたステラさん。

彼女とエミリアの関係も見えてくるでしょうか。

やってきた目的も気になりますね。


というわけで、また次回。


http://re-zero-anime.jp/tv/

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

『Re:ゼロから始める異世界生活』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週水曜日 23:00〜 最新話地上波先行同時配信開始)

初めてなら初回31日間無料!

月額400円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

とんでもスキルで異世界放浪メシ 1 (ガルドコミックス)
赤岸K(著), 江口連(著), 雅(著)
オーバーラップ (2017-12-25T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.7
¥634

Re:ゼロから始める異世界生活カテゴリの最新記事