[感想・考察]第42話 Re:ゼロから始める異世界生活[ネタバレあり]

[感想・考察]第42話 Re:ゼロから始める異世界生活[ネタバレあり]

タイトル

記憶の旅路

アバン

エミリアの過去

氷の中のエミリアを助け出した精霊。

彼はエミリアを1人にし、長く見つけられなかったことを泣いて謝罪します。

彼の名前は…

Aパート

フォルトナ母様

その出来事が起こる過去の光景。

エミリアは同伴するエキドナとともに夢の世界を歩きます。

この光景は試練の対象者の記憶を再現し、そこに意識だけを移した別世界です。

前回試練を受けた際、エミリアは無様な悪戦苦闘を晒してしまいました。

それは「その光景を見たくないと記憶に蓋をした」から。

とはいえ、今もまだエミリアの準備も完了はしていません。

そのため今からその準備をしに行くというわけ。

やってきたのは、森の中にある大樹の中に作られた「お姫様部屋」

幼少期のエミリアが遊ばされていた場所なのです。

中にいたのは幼少期のエミリア、そして彼女が母と慕う「フォルトナ」

彼女はエミリアの父の妹。

本当の両親は忙しいため、エミリアは彼女に預けられているというわけ。

「忙しいから」とフォルトナに置いていかれ、不満を漏らすエミリア。

そんなときに現れたのは小さな妖精でした。

ジュース

妖精のおかげで外に行く出口を見つけ、外の世界にエミリアは駆け出します。

村の様子を伺いに行くと、そこには生活用品を持ってきた一団が来ていました。

その中でフォルトナと話しているのは、使徒「ジュース・ロマネコンティ」

彼は定期的な確認として「封印」についてを尋ねます。

それの「守り人」がフォルトナの責任であり、やり切る決心を持っています。

一方、それはジュースにとっては執着や未練に繋がっているのです。

この森は精霊のおかげで、季節の変化がありません。

フォルトナに続き、次期守り人として活動しているのが「アーチ」という男性。

フォルトナだけでなく、アーチにもジュースは気を掛けているのでした。

ジュースが帰っていく際、エミリアのことにも気を掛けます。

フォルトナはジュースにはエミリアに会わせることは出来ません。

…が、ジュースもそれは承知済み。

なぜなら「罪人たる身には過ぎた願い」だから。

最後にフォルトナは感謝を告げ、思いを受け取ったジュースは言うのでした。

「そのお言葉だけで100年の苦悶の時に身を捧げられるでしょう。」

物陰に潜んでいたエミリアでしたが、フォルトナが戻ってくることを知ります。

エミリアは急いで部屋へと帰り、偽装工作もなんとか成功。

そんな彼女を抱きしめてフォルトナは言うのでした。

「ねえエミリア、愛しているわ。」

過去の光景により、エミリアは「母親・知人・妖精」について思い出しました。

しかし、過去に望むためにはまだ不足している思い出が存在しています。

それは「封印」について。

Bパート

封印

心配性のアーチの目を盗み、今日もエミリアは部屋を抜け出します。

村で繰り広げられていたのは、フォルトナとジュースのイチャイチャ。

そしてジュースは「森の外の情勢がきな臭いことになっている」と伝えます。

「よろしくお願いします。エミリア様や、あのお二人のためにも。」

エミリアとエキドナは森の中にぽつんと置かれる扉のもとにやってきます。

それこそ「封印」の正体なのです。

そして封印について明らかにしてくれる存在「エミリア」がやってきます。

一方、スバルはガーフにラブレターを見られて頭を抱えていました。

そんな彼とともに話をするためにやってきたのは「リューズ・シーマ」

「聖域を解放する上で避けては通れない話をする」ために。

救い

エミリアは封印の扉を開こうとしますが、びくともしませんでした。

その場を後にしようとしますが、その途中にジュースに見つかってしまいます。

彼はエミリアを見るやいなや、突然動揺して涙を流し始めます。

「私はこれ以上ないほどに救われたのだから…」

この事実は少し前のエミリアには受け止めることは出来ませんでした。

今は前のようには蹲らず、開き直ることは止めたのです。

「スバルが書いてくれた、たくさんの言葉を嘘にしたくないから。」

スバルが信じてくれる自分を恥ずかしくない自分でいるために。

封印の過去も終わり、準備は完了します。

これからは以前のエミリアが挫けた試練が始まるのです。

約束

その後。

エミリアはジュースやフォルトナから逃げ回っていました。

フォルトナは外へ出たことを咎めます。

そもそも、封印へ行ってはいけないと約束していたのです。

「約束は信じる気持ちの現われで、それを破ることは気持ちを裏切ること。」

エミリアは反省し、「今度からちゃんと約束は守る」と約束するのでした。

話は一段落し、エミリアはいつも一緒に遊んでいる妖精を紹介します。

実はその正体は「微精霊」

ジュースは「エミリアには精霊術師になる天稟がある」と進言します。

精霊術師は「微精霊と心を通わせ、契約を結んで力借りる」もの。

それを聞いたエミリアは精霊術師になると宣言しますが、フォルトナは反対。

うっかり漏らした言葉でジュースはフォルトナに責められるのでした。

フォルトナとジュースは長い付き合いです。

「エミリアの父と母が健在の頃から。」

ジュースは失言しますが、エミリアには全てを理解できませんでした。

そんな彼女にフォルトナは諭します。

「いい子にしていたら話もするし、ジュースにも会わせてあげる。」

約束よ。母様とエミリアとの、すごーく大事なお約束。」

エミリアの機嫌も治って一件落着。

そこに1人の男性がやってきたのです。

それは魔女教大罪司教強欲担当「レグルス・コルニアス」だったのでした。

Advertisement

さいご

エミリアの過去

氷結の絆で見たところですね?

エミリアとパックの関係はとてもいい…


フォルトナ母様

エミリアとエキドナの組み合わせ大好きです。

立ち直る前はエキドナにめちゃくちゃ攻められていたんだろうなって。

エミリアに言い負かされるエキドナかわいい。

ぷにぷにほっぺのエミリア…

まずエミリアが隔離されていた理由は気になるところですね?

ただ封印へ行かないようにするためだけには重すぎる施策のような…

エミリアの親族が見られるのってとてもいいですよね。

話し言葉はフォルトナから受け継がれているようですし。

エミリアと似通った人が出てくるだけでも嬉しいねんな。


ジュース

これはペテルギウスだな?

当時の彼は普通の人間だったわけですよね。

この彼がどうしてあそこまで狂人となってしまったんでしょうか…

彼がエミリアも殺していたと思うと…つらい。

狂わなくとも彼には使命があったみたいですが。

2つが重なったからこそあそこまで狂ってしまったのか。


封印

エミリアの「きゃあ」とか「ささっ」好き。

「森の外の情勢」云々は大罪司教の出現によるものかな?

当時からいろいろ大変だったんだなって。

シーマがビルマの肩を借りていたのには理由があるんでしょうか。

どこかで負傷したなんて描写はなかったかと思いますが…


救い

ここはジュースが何を見て反応したかですよね。

エミリアの姿になにかあったってことなのかな?

反応的にはペテルギウスを彷彿とさせるものでしたが…

封印を触ったことでエミリアに何らかの変化が現れたんでしょうかね。

それとも、久々に会ったエミリアの姿に異変があったのか…

そもそも、ジュースがここにいた理由は約束があったからですよね。

やはりフォルトナとの密会だったのかもしれない…


約束

エミリアにとって、約束は重いものだと実感させられました。

約束を破ったスバルを強く咎めた理由がよくわかりましたね。

約束が破られる未来があると知って見るのがつらいなって…

ジュースは失言が多すぎるな?

間の抜けているところはいつまで経っても変わらなかったんやなって。

そして最後に登場したのは久々のレグルスさん。

彼のせいでジュースが狂うきっかけにもなるんでしょうか…

暴れまわることはほぼ確実でしょう。

次回も内容のぎっしり詰まった展開となりそうです。

楽しみであり、つらい展開も覚悟しておこう…


http://re-zero-anime.jp/tv/

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

『Re:ゼロから始める異世界生活』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週水曜日 23:00〜 最新話地上波先行配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

Re:ゼロから始める異世界生活 第四章 聖域と強欲の魔女 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
花鶏 ハルノ(著), 相川 有(その他), 長月 達平(その他), 大塚 真一郎(その他)
5つ星のうち4.7
¥594

Re:ゼロから始める異世界生活カテゴリの最新記事