[感想・考察]第46話 Re:ゼロから始める異世界生活[ネタバレあり]

[感想・考察]第46話 Re:ゼロから始める異世界生活[ネタバレあり]

タイトル

咆哮の再会

アバン

屋敷へ

ロズワールへの説得では屋敷への襲撃が止められませんでした。

そのため、スバルたちが屋敷へ行く必要があります。

…が、オットーと2人では全くの戦力不足。

そんなとき、ガーフィールが同行することを名乗り出ます。

実は彼も亜人の血が薄いため、結界には引っかからないのです。

ガーフィールの装備も用意して準備万端。

最後にスバルはラムに輝石を渡し、屋敷へと出発するのでした。

Aパート

ラムの願い

スバルが屋敷へ行ったことについてラムはエミリアに事情説明。

エミリアは残り2つの試練を受けるため、墓所に入らなくてはなりません。

そんな彼女の強くなった姿に目を見張り、頭を下げるラム。

彼女はエミリアが立ち上がるとは信じてはいなかったのです。

とはいえ、ラムはエミリアを助けるためにスバルに協力したのではありません。

「願い事をするのには自分から誠意を示さないとダメだから。」

ラムが願い事をするのはスバルではなく、エミリアの方です。

「どうか、妄執に取り憑かれているロズワール様をお救いください。」

そのためにエミリアがすべきなのはルグニカの王座に付くこと。

彼が思う道を外れてでも、望みが結実することを教えなくてはならないのです。

そんなラムの初めてのお願いをエミリアは受け取るのでした。

エミリアとラムのもとにやってきたのはロズワールでした。

彼はエミリアに対して同情をします。

それは「スバルに理想を押し付けられていること」について。

そう感じるのは、彼もまた恋しい人に理想を押し付けているからです。

ですが、エミリアは彼とスバルが同じだとは思いません。

スバルは弱気になったエミリアを叱り、そばで見守っていてくれるから。

エミリアはそんな彼が信じてくれる思いに応えようとしているのです。

エミリアへの説得を失敗し、この世界での望みの結実を放棄するロズワール。

しかし、未だエミリアはそれを諦めさせません。

それを証明するために、エミリアは再び墓所へと入っていきます。

「始めたのは私と先生だ。それだけは間違っていますよ、エミリア様。」

ロズワールはラムにエミリアの帰りを待たせ、この場を去っていくのでした。

望みを叶える好機

ラムが賭けに乗ったのは「唯一自分の望みを叶える好機」だからでした。

彼女がオットーに協力を持ちかけられた際、条件を3つ提示しました。

1つ目はガーフィールの鼻っ柱をへし折った後のことを任せてほしいこと。

2つ目はエミリアのことはスバルに何とかさせること。

3つ目はラムが賭けに乗ろうと思った意味をスバルに黙っておくこと。

自分の望みを叶えるべく、ラムがやってきたのは魔水晶のもと。

そこには既にロズワールの姿がありました。

「魔女の妄執より、あなたを奪いに参りました。」

ラムはこの機会に彼が「叡智の書」を持って動くことを知っていたのです。

両者の間には「たった一つの誓約」がありました。

「鬼に願うものは鬼に、拠り所にしたそれに滅ばされる。」

望みをなくしたロズワールがラムの物になるという誓約の履行です。

つまり生かすも殺すもラム次第ということ。

実はロズワールはラムの故郷を滅ぼした一員でした。

角をなくし、肉体を維持出来なかったラムは彼に服従せざるを得ませんでした。

ロズワールがラムの襲撃を「時期尚早だ」と話します。

それは今から彼が魔水晶を触媒に聖域に雪を降らせる大魔法を行使するから。

そのスキを狙えば、確実にロズワールを討つことができていたのです。

…が、ラムはロズワールのことを真っ向からねじ伏せようとしています。

彼女の目的は「彼の望みを叶えさせない」ことだから。

とはいえ、平時のロズワール相手ではラムの力では倒すことは出来ません。

そこに「スバルの賭けに乗った最大の理由」がありました。

ラムがスバルから受け取った輝石を取り出すと、中から出てきたのはパック。

ラムはパックとの2対1でロズワールに相対するのでした。

救世主

屋敷の中を逃げるペトラ。

しかしレムを助けようと戻ってしまったせいでエルザに見つかってしまいます。

フレデリカに庇われて再び逃げるも、この危機を乗り切ることは出来ません。

「スバル、助けてよ…」

そんな彼女の前に現れたのはスバルでした。

一方、苦戦するフレデリカのもとに現れたのはガーフィール。

彼は攻防一体の装備を身に着け、エルザの前に立ちはだかります。

フレデリカにはレムのことを任せます。

そしてスバルはベアトリスを連れ出すために禁書庫を訪れたのでした。

Advertisement

さいご

屋敷へ

ガーフが聖域を出られたとは予想外でした…

親とのアレもありますし、ビルマもいますし、出る気もなかったんでしょうね。


ラムの願い

どれを拾い損ねても、望む場所への到達は難しそうですね…

そういう意味ではスバルイズムが全員に浸透しつつあるのかも。

この山を越えてもスバルの苦労は絶えないんやろうなって。


エミリア自身が言うのなら一番説得力があるな?

彼のその言葉のおかげで再び立ち上がれたわけですしね。


望みを叶える好機

ラムがここまで行動的になるとは思いませんでした。

それほどまでのチャンスというわけなんでしょう。

とはいえ、ロズワールを殺したいわけではないみたいですね?

更生させ、別の形で彼の思いの成就を果たしてあげたいのでしょう。

でも、そこには既に恨みとかはないんですかね?


救世主

こういうところがスバルが主人公であることを実感させられてしまいます。

…が、違う世界線ならペトラの思いも叶うことなく死んでるんだろうなって…

そういう場面が見えていないからこそ、平静で見ていられるのかもしれない。

フレデリカとガーフの再会もめちゃくちゃ熱いですね。

2期最序盤から望んでいたシーンだったのでめちゃくちゃ嬉しい…

離れていた分、存分に仲良くしているところを見たいです。

ガーフのあの籠手は何かあったみたいですね?

2人の幼少期のエピソードとか、描写されるでしょうかね。

そしてついに次回はベティの説得に入るわけですか。

なんだかラスボスと相対する気分です。


http://re-zero-anime.jp/tv/

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

『Re:ゼロから始める異世界生活』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週水曜日 23:00〜 最新話地上波先行配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補 -Switch
スパイク・チュンソフト
5つ星のうち4.3
¥6,130 (中古品)

Re:ゼロから始める異世界生活カテゴリの最新記事