[本編まとめ]第2話 ワンダーエッグ・プライオリティ[感想・考察]

[本編まとめ]第2話 ワンダーエッグ・プライオリティ[感想・考察]

タイトル

友達の条件

青沼ねいる

ガチャを終え、口数の少ない「青沼ねいる」に話しかけるアイ。

そんな彼女にねいるは質問した。

「誰のために戦っているの?」

小糸ちゃんだと答えるアイに対し、ねいるは尋ねるのだった。

「今の自分が嫌いだからで、それを変えたいのでは」と。

そしてねいるは戦う経緯を明かす。

「妹を死なせた」と。

彼女は2度とアイに会わなくて済むよう、連絡先を交換するのだった。

鈴原南

アイは異世界へと突入し、再びエッグを割ることに。

現れたのは「鈴原南」という新体操部に所属していた少女。

彼女は顧問教師からパワハラを受けていた。

しかし南は教師に頭が上がらず、従順に振る舞ってしまうのだった。

アイはペンで攻撃をするが、教師に効き目はない。

一方、顧問教師から体罰を受け続ける南。

「自分が悪いんだ」と、自責し続ける南にアイは力強く諌める。

「それは誰かに愛してほしいのであり、放っておけない」と。

アイは南の握っていた「リボン」を手に戦い始める。

視界を奪われるが、南のサポートを得て顧問教師を撃退。

2人は仲良くなり、南は消えていくのだった。

友達

アイは怪我を負ったものの、それ以上にねいるは重傷を負って病院に運ばれた。

「ねいるは本当は死にたいのでは?だから恐怖を感じないのでは?」

アカと裏アカの言葉を聞き、小糸の自殺についてを思い出す。

そして、アイはねいるに接触して約束を持ちかける。

「次、戻ったら友達になろう。」

「たまにはいいかもね。」

ねいるはアイの申し出を受け入れるのだった。

ワンダーキラー

囚われの乙女を救うには、「ワンダーキラー」を倒さねばならない。

ワンダーキラーはエッグが持つトラウマの形を模している。

イジメの始まり

担任の「沢木修一郎」に贔屓されたせいか、小糸はイジメられ始めていた。

小糸はアイに現場の撮影を頼んだが、アイは仲間外れを怖れて出来なかった。

Advertisement

さいご

青沼ねいる

今回も質の高いものを見せてもらって嬉しさしかない…

キャラの動きがかわいすぎませんか?

この映像はずっと見ていたいという思いにさせてくれるものですよね。

ねいるは見た目も性格も尖った女の子でした。

副社長さんだからガチャ課金もいっぱい出来たわけですね。

どういう経緯で妹を死なせることになったんでしょう。

故意ではなく、事故でそうなってしまったんですよね。

そうでなければ、必死に生き返らせようとはしないはずですが…

やはり、会社のことが関係しているんでしょうか。


鈴原南

南ちゃんは最後には殻を破ることが出来てよかったですね…

それよりもアイがとても強くなっていたのには驚きです。

それほどまでに小糸ちゃんを助けるという固い決意を持ったのでしょう。

めちゃくちゃ頼もしく感じましたよね。

しかも、ムーブが完全に友達を作り慣れている雰囲気を放っている。

今回もかわいかったですし、彼女の成長も見られて言うことなしです。

前回に続き、今回も新しい武器ゲット。

こうやって毎回新しい戦い方を得ることになっていくのかな?

これも成長を重ねていくことの現れなのかもしれませんね。


友達

ねいるはICUに入るぐらいだから相当の重傷ですよね。

ということは、ワンダーキラーとの戦いは惨敗に終わったのでしょうか?

それとも、身体を引きずってまで全てのキラーを倒してきたのかな?

とにかく妹を助けたいという強い思いがあることはよくわかりました。

2人は友達になり、これから2人で戦う展開もあるんでしょうか。

ねいるの戦い方も見てみたいので、今後に期待です。


ワンダーキラー

南のトラウマが顧問教師だったから、今回はそれだったわけですね。

前回の場合、あれはどういう立ち位置だったんでしょう。

なんというか、快楽で人を傷付けているようにしか思えませんでした…


イジメの始まり

教師による贔屓がイジメの発端だったんでしょうか。

それとも、イジメの標的だったアイと仲良くし始めたからなのか。

イジメの内容もなかなかに生々しい感じですよね。

特に2つ目のやつは…完全に脱がされているやつじゃないですか。

小糸ちゃんの話は明らかになっていくんでしょうが、知るのが怖いのもある…


https://wonder-egg-priority.com/

©WEP PROJECT

『ワンダーエッグ・プライオリティ』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週火曜日 24:00〜 最新話地上波先行配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

ワンダーエッグ・プライオリティカテゴリの最新記事