[本編まとめ]第11話 ワンダーエッグ・プライオリティ[感想・考察]

[本編まとめ]第11話 ワンダーエッグ・プライオリティ[感想・考察]

タイトル

おとなのこども

ドット

ちえみを助け出すことに成功したリカ。

しかし桃恵と同様、「ドット」と名乗る者にワンダーエッグのマンネンを殺されてしまう。

エッグを作ったワケ

アイは裏アカから過去の話を聞かされることになった。

アカと裏アカが人間だった頃、ある研究施設で働いていた。

…が、厳重な監視が付けられていたことを不満に感じていたのだ。

そこで2人はストレス発散にAIの少女を作り出した。

彼女は名前を「フリル」と名乗った。

そんな彼女とともに2人は家族のように幸せに暮らしていた。

ある日、2人は「保科あずさ」という女性と出会った。

2人は彼女に惹かれ、結局はアカがあずさと結婚することになった。

フリルはあずさへの嫉妬から、ハイフンやドットといった友達を作り始めた。

…が、アカや裏アカは彼女の行動を理解しようとはしなかった。

あずさが妊娠した頃、1つの事件が起きてしまった。

フリルがあずさを殺してしまったのだ。

アカは激昂し、フリルを真っ暗な地下へと閉じ込めてしまった。

あずさを亡くした悲しみに暮れる2人を救ったのは、彼女の残した娘「ひまり」だった。

…が、彼女もまた死んでしまった。

彼女の死に方は自殺のように見えたが、遺書などは残されていなかった。

ひまりの死を不審に思った裏アカはフリルを閉じ込めた地下へと向かった。

そこではフリルが何らかの仕掛けを講じていたのだった。

裏アカは憎しみに任せてフリルを焼いて処分してしまう。

その後、アカと裏アカは「自殺する少女の後押しとなった死の誘惑」についてを調査し始めた。

「死ななくていい少女が死ぬことになってしまうから。」

そしてワンダーエッグを作って、少女たちの心に介入できるようにしたのだった。

裏アカはこの話をアイにだけしようと決めた。

なぜなら、「アカや裏アカのように」フリルに取り込まれてしまうから。

Advertisement

さいご

ドット

とりあえずちえみも助けられましたね。

…とはいえ、裏アカの話からして生き返るようには思えませんけどね。

ワンダーエッグはどういう仕組みになっているんでしょう。

7話のリカ回で情が湧いていただけに、マンネンの死はめちゃくちゃつらかったです…

リカはそれ以上につらい思いをしているんだろうな…

これがまた死の誘惑となって襲いかかってくる、フリルさんまじえぐいやり方。


エッグを作ったワケ

監視下にあるストレスで少女AIを作り始めるアカと裏アカもなかなかですね?

デザイン選びのときはさぞかし楽しかったんだろうな…

今回はフリルを優秀に作ってしまったからこそ噴出した問題ですよね。

ただのかわいい年相応な少女なだけでよかったのに…

フリルは自分やハイフンたちのデータをネットワーク上に流しているのかな?

それで少女たちに死の誘惑をしているんでしょうか。

方法についてはやはり夢に作用している感じなんでしょうかね?

そんな強敵にアイは勝つことが出来るんでしょうか?

レオンくんが殺されるところなんか見たくないんですが…

ねいるとの共闘もとても楽しみですが、はたして。


https://wonder-egg-priority.com/

©WEP PROJECT

『ワンダーエッグ・プライオリティ』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週火曜日 24:00〜 最新話地上波先行配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

ワンダーエッグ・プライオリティ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
相川奏多(出演), 楠木ともり(出演), 斉藤朱夏(出演), 矢野妃菜喜(出演), 若林信(監督)
5つ星のうち4.5
¥11,011

ワンダーエッグ・プライオリティカテゴリの最新記事