[本編まとめ]第13話 ワンダーエッグ・プライオリティ[感想・考察]

[本編まとめ]第13話 ワンダーエッグ・プライオリティ[感想・考察]

タイトル

私のプライオリティ

家出

ある日、アイにねいるから1つのお願い事を託される。

内容は「ネズミの『アダム』を預かって欲しい」ということ。

アイはそれを快諾した。

しかし以降、ねいるとの連絡がつかなくなってしまったのだった。

小糸ちゃん

アイは沢木先生から小糸の自殺の真実を告げられた。

実は小糸には虚言癖があり、前の学校でも男性教師との間に問題を起こしていた。

転校してきた小糸がターゲットに定めたのは沢木先生だった。

しかし彼が思い通りにならないと知るやいなや、屋上から飛び降りようと興味を惹こうとした。

そのときに足を滑らせてしまい、彼女は転落死してしまったのだった。

ついに小糸を生き返らせたアイ。

しかし小糸はアイを知らない様子で、決して受け入れようとはしなかった。

それだけでなく、小糸と撮影した写真さえもなくなってしまっていたのだった。

ノイズ

どれだけ経ってもねいるとの連絡が取れなかった。

痺れを切らしたアイはねいるに会うために会社に乗り込んだ。

しかしねいるはアイを知らない様子で、門前払いしてしまうのだった。

暗い気持ちを吹き飛ばすため、アイはリカと桃恵と遊びに飛び出す。

2人もまた救い出したちえみとハルカとは以前の関係には戻ってはいなかった。

いなくなった人が戻ることによって、ノイズが入って日常が変わった可能性があるのだ。

殺されたワンダーアニマルの敵討ちに執心しているリカ。

一方リカはエッグの問題からは必死に逃げようとしているのだった。

ねいるの真実

3人で遊んだ帰り道、アイのもとに田辺からの連絡が来る。

「先日アイが会ったねいるは妹のあいるで、本当のねいるは現在行方不明だ」と。

ねいるは既にミッションをクリアしており、あいるを救い出していたのだ。

それだけでなく、ねいるの正体は「寿があいるに似せて作ったAI」

その事実に喜んだフリルはねいるを誘った。

「私と友達になれば『人間』になれるよ。」

全てを知ったアイはねいるから掛かってきた電話にも出ることは出来なかった。

絶望の末に

ねいるの真実を知って心が折れてしまったアイ。

気分を入れ替えるために学校を転校し、リカや桃恵とも会うことがなくなっていた。

そんなときにふらりと立ち寄ったのは最後にねいると会った場所。

沸々と楽しかった思い出が蘇ってアイは復活。

「もう一度ねいると会うためには何度だって挑戦する。」

再びアイはエッグを割り始めるのだった。

Advertisement

さいご

家出

こんないつも通りのやり取りを交わしたところが最後になってしまうなんて…

とはいえねいるも平静でいたわけではないんでしょうね。

顔には出ていないだけで、内心はとてもつらい気持ちを持っていたのかもしれない。


小糸ちゃん

なんというか…これは知りたくなかった事実でしたね。

結局は沢木先生は全然悪くなくて、メンヘラ小糸ちゃんの暴走が起こした悲劇だったと。

ここまで最重要なファクターだった小糸ちゃんも一転、これからは不必要な存在に早変わり。

突き放されて悲しそうにしているアイを見るのがとてもつらかったです…


ノイズ

これはどのぐらいの影響範囲になるんでしょうね。

確かにこれがなければ、自殺した人が生き返っているのに周囲は普通ではいられないでしょう。

アイの小糸ちゃんと撮った写真が消えたのもこれが理由なのでしょう。

仲が良かったという事実が消え、それで及んでいた事実が消えるのでしょう。

こうなると分かっていれば生き返らそうとする子も減ってしまいそう。

事実、リカはちえみに受け入れられないことを酷く傷ついていますしね。

というか、他のアイドルに感けるちえみに嫉妬してるリカがかわいい。


ねいるの真実

衝撃の事実が多すぎやしませんか…?

これはさすがに簡単に受け入れられるわけがないでしょう。

いくら仲の良い友だちでも、実は人間じゃなくてロボットだと言われれば…

今回はアイは酷い目に遭ってばかりだな?

ねいるは作られたAIということは、本当はあいるに姉はいなかったんですかね?

それとも、姉が亡くなって悲しむあいるに寿がねいるを作ってあげたのか。

…まあ寿のことなので、自分本位でねいるを作っただけのように感じますが。

ねいるも生まれてからずっとロクな目に遭っていない…

ねいるはAIですが、夢を見ることは出来るんですよね?

そうでなければエッグを割ることも出来ないでしょうし…


絶望の末に

どん底に突き落とされはしましたが、最後にはアイらしい姿が見えました。

笑顔のダブルピースが見られたのはとても嬉しい…

今のアイがあるのはねいるのおかげでもありますもんね。

なんとか以前のように仲の良い友だち同士に戻って欲しいものです。

そして30分程度じゃ物語が締まることもありませんでした…

フリルはそんなにヤワなラスボスだとは思っていませんでしたよ。

続きはどうなるか分かりませんが…とりあえずアイに平穏な日々が訪れるのを願っています。


https://wonder-egg-priority.com/

©WEP PROJECT

『ワンダーエッグ・プライオリティ』見るなら『dアニメストア』

最新話絶賛配信中!

(毎週火曜日 24:00〜 最新話地上波先行配信開始)

初めて登録する人なら初回31日間無料!

月額440円で現在放送中の話題作から過去の名作まで楽しめます!

登録はココから。


Advertisement

ワンダーエッグ・プライオリティ 3(完全生産限定版) [Blu-ray]
相川奏多(出演), 楠木ともり(出演), 斉藤朱夏(出演), 矢野妃菜喜(出演), 若林信(監督)

¥11,011

ワンダーエッグ・プライオリティカテゴリの最新記事