2021年春アニメ

タイトル説明
Vivy -Fluorite Eye’s Song-人間とAIの間に起きる悲劇を回避するため、2人のAIが歴史の転換点の修正に奔走するオリジナル作品。
SFの世界で繰り広げられるこの作品のテーマは「歌」で、展開に沿った様々な歌が展開を引き立たせています。
脚本がリゼロの長月先生なのである程度予感されるでしょうが、主人公たちは波乱万丈の大波に飲み込まれていくわけです。
そんな歴史修正の100年間を多くの方に是非見届けてほしいものです。
86 -エイティシックス-戦争の道具として扱われる下級国民たちと、その実情をよく思わない軍所属上級国民の少女が織り成す戦争モノ。
とにかく作画や背景、ストーリー等あらゆる描写が丁寧で、簡単に世界観に没入することができます。
率直な戦闘シーンは特別多くないのですが、色んな意味で様々なものと戦う展開が多くあります。
そのせいで常に緊迫感にドキドキし、焦燥感に駆られるような感覚に陥るでしょう。
そして銀髪キャラは至高だと再認識させるはずです…。
幼なじみが絶対に負けないラブコメ1人の少年を競って様々な少女たちが争うハーレム系ラノベ作品。
10年代のハーレムアニメのノリや雰囲気が色濃く表現されており、少し懐かしい気分でも楽しむことが出来るでしょう。
「幼なじみ=負けヒロイン」という風潮を覆してくれる確証がある、幼なじみキャラが大好きな人には垂涎の作品ですね!
究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったらリアルを追求しすぎてクソゲー扱いされているゲームをサポートキャラの女性とともに攻略していくラノベ作品。
展開自体はシビアな物が多いですが、それをギャグとして調理されることが多く感じました。
とにかく主人公には厳しい展開が待っているので、打ちひしがれる姿に快感を覚えられたら存分に楽しめるでしょう。
蜘蛛ですが、なにか?転生した世界で蜘蛛になった少女が力を磨きながら生き永らえていくラノベ作品。
最初は弱いところから始まり、危機を乗り越えながら少しずつ強くなっていくという点が非常に興味を惹かれました。
1度苦汁を嘗めさせられた相手に雪辱を果たす展開はまさに爽快。
蜘蛛パートと並行して他の転生者たちの周りで繰り広げられる物語が見られるのも面白いですね。
さよなら私のクラマー中学時代に不完全燃焼で終わったサッカー少女が、高校で新たな仲間とともに栄光を目指すスポーツモノ。
「四月は君の嘘」の新川先生の新作で、原作で描かれるキャラがアニメでも同じように動いてくれています。
試合での戦術や展開は事細かく表現されているため、サッカーが好きな人にも満足出来るはずです。
前日談として劇場版でも放映されているので、気になる方はぜひ。
すばらしきこのせかい記憶喪失の少年が生き返るために「死神ゲーム」に挑むゲーム原作の作品。
最初は自分本位であるものの、仲間たちと出会うことでいろんな感情を手に入れていくわけです。
ゲームストーリーなだけあって物語の中に上手く戦闘を取り込んでおり、謎を解いていく楽しさを味わうことが出来ます。
全体的にスタイリッシュでカッコよく、特にBGMは指折りの素晴らしさを堪能できるでしょう。
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってましたスライムを倒し続けて無双の力を手に入れた魔女の少女が、様々な女の子とともにスローライフを楽しむ転生モノ。
女の子と女の子が戯れる光景が好きな人にはぶっ刺さる作品です。
次々に新しい女の子が現れては手篭めにしていく…とても素晴らしいのではないでしょうか??
もちろんただ戯れるだけではなくハートウォーミングなやり取りも多く見られるので、きっとつらい日常で傷ついた心を癒やしてくれるはずです。